目次
自分探し
いつもの角を曲がれば
残った物は
猫に鈴をつける方法
クリスマスプレゼント
奪命
ラベル
君の好きなもの
気になる展開
耳かき
近づく手
仕事と私
俺の部屋
執着
ショウガツ
電車で彼と
猫の気持ち
猫の気持ち、その後
双子
オセロゲーム
夢の中で
ウサギと亀
星と花火
君の微笑み
アンパン
冷蔵庫の中には
運命の人
ボタン
赤頭巾
隣の席
時を早送りして
Thank you
一番星、みつけた
父の退職
シミュレーション
どっち?
誰のための
貴方の話
ため息
妖精の羽
湖の女神
電話
味覚
愛を感じるとき
実を結ぶには
告白
私の…
そこにあるのに見えないもの
どんな夢
生き方
大きな手
あやつりの
おすそ分け
女らしさ、男らしさ、人間らしさ
煮干し
匂いを辿って
強く
窓際の彼
彼と本屋で待ち合わせ
いってらっしゃい
角度
強くなるために
優しい貴方
仕切り
本当に頑張ったのは
約束
母子
秘伝のスープ
続きは明日
様々な経験
父の想い
春の目覚め
理由
どこに行きたい?
生まれ変わる前には
小さな世界
双子だもの
どんな人なら
まだ。ずっと。
笑顔の先には
同じことを同じように
ハイタッチ
幸せな人生
笑顔で
節電
いつでも。いつか。
不思議なカメラ
不思議なカメラ 2
何も言えずに
雨宿り
身にまとうもの
人の心は
エイプリルフール
四月一日
間違い電話
花びらと君
桜の木
季節によって
タイムポスト 1
タイムポスト 2
気付いてくれる?
選挙?
伝えにくい言葉
成長すると
秘密の…
彼の。私の。
君が望んだ嘘
まるで…
彼女
もっとたくさん
幸せと不幸
消えていく…
どっちが
手放したくなくて
願いを三つ
契約
笑って
夜中の散歩
笑い声
介護ロボット
暗闇の中
落し物
私の家
君の手料理
私の好きな世界
全部いっしょに
恋文
家宝
リセット
バイバイ
バスター
意味
喫煙所
この場所で
我が家のルール

閉じる


<<最初から読む

31 / 140ページ

赤頭巾

未来未来、赤い頭巾を被った女の子が、森の中の祖母の家に入っていきました。
様子を見ていた猟師は
「可哀相だが、増えすぎた人間よりも絶滅寸前の狼が大切だ。 狼にも赤い頭巾の子以外は狙わないようによく言い聞かせないと。ばあさんなんか喰ってお腹を壊したらどうするんだ」
と呟いた。

隣の席

彼が私の隣に座った。
わ。動悸で心臓が壊れそう。息も上手くできない。
どうしよう。スーハー深呼吸なんかしてたら変な奴だと思われるかも。
手まで震えてきた。もうだめ。席を変わろう。
彼をそっと眺めていられる後ろの席。
その時彼が言った。
「教科書見せて」
私、死んじゃうかも。

時を早送りして

全てを拒絶したくて。
抱えた膝に顔を擦り付けて、目を堅く閉じ耳を塞いた。
体の真ん中で渦巻く感情が冷たく固まり、どんどん重くなる。
吐き出せれば楽になるのに、どうしたらそうできるのかわからない。
このまま時を早送りできたらいいのに。
砂塵になった私を風が吹き飛ばすまで。

Thank you

隣の席に座った彼が教科書を見せて欲しいと言ってきた。
私は頷くのがやっと。
この3年間ずっと遠くから見ていた。
今までで一番近い距離が今日の教科書見開 き分。
話をすることもなかったけど大好きだった。
彼が私の教科書に書き込んだ Thank you の文字。
ずっと忘れない。

一番星、みつけた

どんどん暗くなる道をぷらぷら歩く。
「一番星見つけた」 「二番星見つけた」
二人で歩くから怖くないよね。
三、四と数えていって、もうどれを数えたのか数えてないのかわからないくらいたくさんの星が姿を現した頃に家に着く。
また明日ねって、もう顔も覚えてない友達に手を振る。

読者登録

雪月さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について