twitterアカウントでログイン

カテゴリー 小説・ノンフィクション SF 作者 junpnozaki
価格 無料
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

ePub

MOBI

78 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 1ページ (Web閲覧)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
 二X七四年、論争しあえる友人など一人もいない世界で、私のこのマシーンだけが、私と論争、いや、口ゲンカしてくれる。全ての人間は、ものを考えることさえ億劫がっている。いや、ものを考えることが罪なのだ。
 それには、深いわけがある。

この本は無料です

この本を開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

1971年から1990年までの20年間にテレビ放映された日本の特撮ヒーロー番組に登場する「悪の組織」...

この本を開く

熟年夫婦の危機が巷では深刻に……彼らも例外ではありません以前書いたものを落語仕立てにしてみましたお心...

この本を開く

日々の中で、人はさまざまな想いをいたします。しかし、想いは想いでそのままにしておけば、初冬の風に吹か...

この本を開く

tovo が発行するポストカードサイズの小さなフリーペーパーです。311以降の青森県に住むごくごく普...

もっとみる