目次
はじめに
こんにちは。夫太加寅です!
手法の公開
装具なしでの歩行安定事例など
デイケアのお客様でこういう人がおられます!
さきほど説明の比較した人ですけど、、、
片麻痺のお客様ではないんですけど、、、
パーキンソンのお客様ですけど、、、
たかが車椅子、されど車椅子、、、
歩行の調整で肩の痛みが緩和する?
麻痺上肢そのものの回復 直近の事例
猫が顔を洗うような腕の状態が劇的に改善!
片麻痺に関する固定観念を検証する!
片麻痺の回復は教科書を信じていいのか?
片麻痺の回復段階の説明の前に、、、こういうことがありますけど
回復段階1という状態を考える!
回復段階2を考える! その1
回復段階2を考える! その2
回復段階2を考える! その3
回復段階2と3の間には、説明できていない溝がある!
回復段階3を検証してみます! その1
回復段階3について検証します! その2
回復段階3における共同運動の矛盾を説明します! その3
回復段階3の嘘を暴く! その4
人間の身体には、決まった動きとしての説明が成立する!
平均台での人の反応ということを考えます!
回復段階3 なぜマンウエルニッケ姿勢になるのか?
筋短縮と筋緊張の比較 このことで従来解釈が崩壊する!
ブルンストロームステージの決定的間違い!
回復段階3では随意性は認めるとすべき!
回復段階1から3までは筋力と同じ感覚で判断してしまう!
分離運動というものは本当に実態があるのか?
回復段階4とは、どういう状態か?
分離運動ができても、まるで使えない手足がある!
筋緊張の亢進がとにかく邪魔ものである!
あらためて共同運動の本質を理解してください!
相反抑制という概念がありますけど!
分離運動を筋力から考える!
回復段階5はわかりやすいんです!  でも良くならない理由がある!
回復段階5以上の落とし穴! それもまた筋力にある!
教科書の回復過程の説明にあてはまらないお客様がある!
茶碗を持てたりこぼしたり、、、という事例!
脚と腕、回復段階がまるで違う状態って要注意!
回復段階というのは、体幹に大きな問題がなければ、、、
奥付
奥付

閉じる


試し読みできます

こんにちは。夫太加寅です!

こんにちは。

管理者の夫太加寅です。

今回、訳もありますけど

このブクログのために特別に書き下ろししますけど。

片麻痺に関する独自手法を公開することにしました。

 

もちろん、他のブログや電子書籍にも似たようなことを

いろいろと書き続けていますけど

さらに、コンパクトに、また

この電子書籍については、購入もしやすということのメリットを活かし

あえて、ここでしか読めない内容において

簡潔に書き進めることとします。

ですから、1ページのボリュームなども抑えながら書いていきますので

そのあたり、ご理解をいただきたいと思っております。

 

で、皆さんには、片麻痺のリハビリのことを

今でも過信している人が多いと思いますので

まず、治療的な考え方の前に

何が間違っているのか!

ということを、事例を交えながら紹介してみたいと思います。

 

なぜならば、皆さんが、従来の片麻痺の対応を

いまだに信じてしまっているのであれば

管理者の意見を眉唾にしか思っていただけないからであり

それでは、皆さんが実証してくれる可能性が低くなりますので

できるだけ固定観念を振り払ってほしいわけです。

 

では、そんなことで、片麻痺のリハビリが

どうして、結果が出ないのか、そして、結果を残せる方法を

きちんと書いていきたいと思います。

 

管理者  夫太加寅  敬白


1
最終更新日 : 2012-03-09 06:35:47

試し読みできます

手法の公開

信じる信じないは別にしまして

管理者の手法を先に公開しておきます。

 

中心的な対応法はリラクゼーションとしていつも説明しておりますが

管理者のお客様の筋肉に対するリラクゼーションは

実は、対応する筋肉を、なるべく緩めるようにしてからの

対応になるわけです。

つまり、筋肉というのは、伸び縮みできるようになっていますので

脱力している状態において

もっとも、緩んでいる状態ができているようにすれば

その弾力には、かなりの緩んだ状態ができます。

 

ですから、そうやって、多少でも柔らかい筋肉をほぐすように

しているんですね。はっきり申し上げますけど

管理者がほぐすというその方法で対応すると

筋肉には、なんとなく微炭酸がはじけるような

ピリッとした感じが、自覚できるわけです。

やってみれば、誰にでもできますけど

同じところを強く揉むようなことは、痛み、熱をもたせますので

お気をつけくださいませ!

 

で、大抵の場合には、お客様の両側の下肢について

入念に対応しております。

特に重点を置いている部分は

大腿四頭筋、そして下腿三頭筋

もう少し説明しますと、アキレス腱、足首への対応を

最終的には、かなり時間をかけて対応しています。

 

で、主には、それだけで15分くらいかかってしまいますけど

あとは、背中とか腰とか首とか

できるだけ、お客様の背中側からの対応を意識しているんですね。

 

もちろん、上肢への対応も同じような考えで行いますけど

 

基本的に、管理者は、リラクゼーション、つまりは

マッサージに見える対応ですけどね

そのことによって

対応時間は終了します。と言いますか、それ以上の時間がかかります。

したがって、関節可動域練習とか筋トレとか動作練習は

通常は行いません。

ま、立位や歩行、移乗動作などは、多少のチェックをしますけど。

 

で、その結果を事例として紹介しておきますけどね。

最近のお客様の状況を中心で説明しましょうね。


2
最終更新日 : 2012-03-09 06:35:47

試し読みできます

デイケアのお客様でこういう人がおられます!

デイケアのお客様に、こんな方がおられます。

病院のリハビリでは、装具を付けるように言われながら

ご本人様の強固な意思によって

結局、装具を処方されることなく退院された方です。

、、、、

で、病院では、装具が無理であっても

足関節を固定するということで

アンクルライトというサポーターのような

品物を紹介され、しばらくはそれをつけてデイケアに通われましたけど

、、、、

で、今は、何もつけないで

一本杖で、一度に300メートル以上歩行練習をされている方がおられます。

、、、、

 

あまり詳しくは説明しませんけど

この方は、麻痺そのものは、かなりの重度です。

ま、ブルンストロームのステージ

つまり、麻痺の回復段階ですけど

6段階で説明されて、6段階というのが、最も良い状態ですけどね。

それでいえば、まだ3段階にならない状態なんですね。

 

ですけど、同じようにお客様を比較してはいけませんけど

その歩行速度や耐久性において

すでに6段階として、5から6にある人もおられますけど

若干、歩行全体のスピードに劣るくらいであり

非常に安定して歩けているんですね。

 

で、この方の状況として

退院時には、やはり、歩行そのものでは、せいぜい数十メートルも

歩ければという状態であり

足のつま先が、一歩づつなんですけどね

床に引っかかってしまうような歩き方であったわけです。

しかし、今では、先ほど示したように

非常に安定して歩けるようになっております。

 

病院のリハビリが正しかったのか?

それとも、管理者の進め方が正しかったのか?

もはや、示すまでもありませんけどね。

 

こういう違いが、実際にリハビリの方法論には

いくらでもあるということなんです。

 

で、次には違う方について紹介します。


3
最終更新日 : 2012-03-09 06:35:47

試し読みできます

さきほど説明の比較した人ですけど、、、

先ほどの説明の中で比較したお客様がおられますけど

実は、そのお客様

つまりは、麻痺の回復は非常に良い状態になっておられる人です。

で、麻痺した上肢もしっかり使えるんですね。

????

ですから、麻痺の回復段階でいえば

6段階では、ほとんど6に近い状態で説明出来る人なんですね。

、、、、

で、そのお客様も

退院してデイケアを利用されたんですけど

その際の、麻痺の上肢の段階といえば

4段階にいかなかったんですね。

でも、めきめきと上肢は回復しております。

ちょっと見ると、どちらが麻痺しているのか?

わからないくらいです。

 

ただ、下肢の状態がものすごいことになっているんですね。

で、先ほどのページで説明したお客様と比べても

それほど歩く速さとか耐久性とかに

あまり差異がみられないということを引き合いに出したんです。

しかし

このお客様についても

デイケアでの紆余曲折がありまして、今に至っているんですけど

最近は、さらに歩き方に変化が見られるわけです。

、、、、

 

よろしいでしょうか?

リハビリの対応方法いかんで、お客様には

目覚しい麻痺の回復もあれば

また、要するに一進一退ということも簡単にみられるんですね。

????

つまり、片麻痺そのものには

時間経過で麻痺そのものが良くなるということは

通常考えられますけど

麻痺が時間経過において悪くなるということは

ありえないんですね。

しかし、それが、日々変化しているということを

実際にみてとれる方がおられるということなんです。

????

つまり、片麻痺は病気の症状でとらえるのではなく

いかに対応する環境によって、変化していくのかということを

最初に仮説として申し上げたいわけですね。

 

いずれにしても

2名のお客様には、デイケアにこられ

管理者が対応してから、劇的な変化が生じたということだけ

皆さんにはまず、認識していただきたいわけです。

 

で、もう少し、事例を重ねて紹介しておきます。


4
最終更新日 : 2012-03-09 06:35:47

試し読みできます

片麻痺のお客様ではないんですけど、、、

みなさんにはこういうことをお尋ねしたいんですね。

ここで紹介するお客様は

片麻痺ではありませんけど

腰の腰椎レベルでのすべり症のような症状があります。

要するに、何か動作のたびに

腰がぎくっと衝撃が走るんですね。

そのために、あまり活動性があがらず

さらに、調整も非常に困難であったという人がおられます。

、、、、

、、、、

 

で、このお客様が、もちろん、日頃から腰のベルトなどはしていますけど

ここおそらく1年半くらい、実は顕著な症状が出ないでも

済むようになっているんですね。

 

で、特に管理者にしてみれば変わったことはしなかったんですけど

こういう結果になったというのには

対応の方法論を試行錯誤しながら調整してみたということがあるんです。

????

この方においては

ベッドで横になってもらうということ

そもそも、仰向けになれない人であったんですけど

それでもベッドに横になる、横向きになって対応していた時には

一向に、腰の症状が悪化さえしても

良くなるということはありませんでした。

 

皆さんに考えてほしいのは、こういうときに

いったい、どういう姿勢で対応してみるのが良いのか?

ということなんですね。

 

ま、ここでは、答えは書きませんけど

ある対応から、このお客様の症状は非常に改善され

さらに、姿勢を変えて今、調整していますけど

非常に快調に過ごされております。

 

で、こういうことは、病気の症状がどうのこうの言うのではなく

明らかに、治療側の意図することによって

調整が可能であるということを

皆さんにはさらに意識していただきたいわけです。

 

では、違うお客様のことを書きましょうね。


5
最終更新日 : 2012-03-09 06:35:47


読者登録

寅加太夫 さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について