閉じる


【質問】学習者用デジタル教科書は、子どもが持ち帰るようなものにすべきか。また、充電はどこで行うべきか。

第20回アンケート議論ウォール

ウォール投稿数:20件
(投稿された書き込みについては、同一人物等の連続投稿などを読みやすくしています。そのため、投稿に振られた番号と投稿数が一致しないことがありますことをご了承下さい。)

アンケート回答延べ数:37人(複数回答)

サマリー制作:池田順一、薄墨桜
  (議論開始  2011.10.1 19:40)

【質問】
学習者用デジタル教科書は、子どもが持ち帰るようなものにすべきか。また、充電はどこで行うべきか。

【回答数】

【投稿】

001 この問いは、自分で作って自分で迷っています。家で充電してくるなら、充電設備の問題は解消されますよね。でも、デバイスを小学生が持ち歩くのも安全面で心配もあります。家庭学習にも、このデバイスで行うのならば、当然、持ち帰れなければなりませんね。でも、家庭学習は、家のPCでできるように、コンテンツをクラウドに置いてとする方法もあります。韓国はこの方向ともきいています。今の(*1)CM-1のようなものだと、ちょっと持ち運ぶには重そうですね。持ち帰るなら、タブレット端末になるでしょうか。

002 >001 難しい所ですね。

003 難しいんですよ。でも、ここのところの議論は大切なところですね。

004 近未来的ですが、希望的観測で選択肢を作ってみました。(充電技術の発達によりどこでもすぐにできる)

005 家でもアップデイトできるといいですね。そして個別にカスタマイズ。

006 >004さん 確かに充電時間の問題もありますね。急速充電できるかや、一度の充電でどれくらいもつかとか。例えば、iPadが登場したときは、電池のもちに驚いたものです。電子ペーパーならさらにもちますしね。

007 > 太陽電池、いいですね。技術が進めば、それもあながち夢ではないのでしょうか。

008 これから10年後にどのような社会状況なのか想像ができませんが、現在では家庭での生活状況に格差があり、今TVで放映されている大家族のような生活もあるわけです。学校のHPもみることができない家庭もあり、本当に情報格差は広がっているような気がします。だからデジタル教科書が導入されるときにはiPadも一緒に個人に配布にならなければいけないと思っています。充電も学校でできるような設備は当然必要だと思います。

009 画期的な電池が出てきそうな気もします。電池のブレークスルーが起こると思うのですが。10年前の電池なら今のiPad並のデバイスでもそんなに長時間は持たなかったでしょう。ほとんど充電する必要がないような…。そうなれば学校での充電も今までよりは負担が軽くなりそう。

010 家庭学習を考えると、学校、家庭の両方に必要。場合によっては塾でも使えなければいけないかも。。とすると、機種依存しないコンテンツをクラウドに置くという方向に進む必要があると思います。当然、充電は置いてある場所で行う。

011 今の学校設備を考えると、充電できるだけの容量がないように思います。ネットワーク回線の太さの工事も考えると、耐震工事もまだの学校がある中、難しいかな・・・。

012 アダプタを差し込むのではなく、(*2)クレードル方式で空き時間に継ぎ足し充電が気軽に出来る環境。もしくは(*3)Qi技術がもっと発展するといいですね。

013 今、家庭にコンセントがないうちは、ほとんどないように思います。であれば、家庭での充電でよいように思います。学校で1000台近い端末を充電する設備を用意するには巨額の工事資金が必要に思われます。あるいは、何人かの方がおっしゃっているように、イノベーションを待つかです。

014 アウトローな考え方ですが、家に帰ったら外で遊んでほしい!

015 >013さん 電源に関するイノベーションを待っては、計画が立たないかも・・・。
今の学校の電源設備では難しいでしょうね・・・。

016 >014 同感です(^^)

017 私もクレードル式がいいですね。それも、ランドセルに内蔵されていて、ランドセルのカバーには、高効率の超薄型ソーラーパネルがついている。20分程度の太陽光や教室程度の室内光で発電、蓄電すれば、学校の行き帰り、教室、家庭でも十分は発電充電が可能になるでしょうね。これだと、学校内での電気設備を大きく改修することもないですね。この程度の発電機能を実現化できないような技術では、全児童生徒へのデジタル教科書なんてまだまだ先の話になりそうな気がしますが・・・結構私の妄想もありますが(^^;) (*4)

018 持ち運びができるものにという考えの方が多いようですね。充電は家庭、あるいは、どちらでもできるようにというのが多いようですね。

019 学校での充電は、学校に備え付けられた太陽電池から行えたらいいですよね。最近、個人用の太陽充電式の充電池が売られていますが、ほしい…

2011.10.4 9:43 終了 

【参考ウェブページ searched by デジ教研facebookグループサポートチーム】

*1 CM1

*2 クレードル方式

*3 Qi(チー)
ケーブルをつながなくても充電できるワイヤレス給電技術の標準規格

*4(参考資料)有機薄膜太陽電池:光を通す、軽い、薄い、曲げられる、そして安価(開発段階)
[PDFファイル]JR東日本のPDFファイルにリンクしています。

※この議論に意見・提案・追加などがありましたら、冒頭のリンク先のfacebookのグループに入り、ご参加ください。なお、継続議論分がこのドキュメントに反映するかは未定です。

奥付



デジ教研アンケート議論ウォール 20


http://p.booklog.jp/book/44551


著者 : digikyoken(「みんなのデジタル教科書教育研究会」facebookグループ)
著者プロフィール:http://p.booklog.jp/users/digikyoken/profile


クリエイティブ・コモンズ 表示 - 非営利 - 改変禁止 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。
http://creativecommons.org/licenses/by-nc-nd/2.1/jp/

感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/44551

ブクログのパブー本棚へ入れる
http://booklog.jp/puboo/book/44551



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.



2
最終更新日 : 2012-02-13 21:45:57

この本の内容は以上です。


読者登録

digikyokenさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について