閉じる


<<最初から読む

27 / 32ページ

26 芭蕉扇

「なかなかいい目してるわね・・・」
 女が少し微笑んでわたしを見る。

 わたしは無言で構える。

 わたしがロッドを振ると、
 その軌跡に7つの玉が浮かび上がる。

「わたしは羅刹女・・・・
 あなたは?」

「海崎美月!」
 はき捨てるように言う。

「そう・・・・
 そう言う目を見ると潰したくなるの。
 すぐに変わるわ・・・・
 助けを請う、哀れな目にね・・・」

 ぞっとするような微笑・・・・
 獲物をもてあそぶ猫のような・・・・

 とりあえず、レインボーシュート・・・

 7つの玉を羅刹女に向けて放つ!


 羅刹女は扇をこっちに向けて・・・

 扇ぐ・・・・


 すごい風がわたしと光弾を襲う・・・

 台風・・・・

 もっとすごい・・・

 わたしが浮き上がるくらい・・・

 1回軽くあおいだだけなのに、、、、

 壁に叩きつけられる・・・・

 光の玉たちも一緒に・・・・

「無駄だよ。
 わたしの宝具にそんなの効かないよ」
 
 やばいっ。
 そういえば、研修所で習ったけど、
 世界には108の宝具って言われる武器があると言われていて・・・
 そのひとつが愛莉さんの持ってる「魔王の槌」・・・・
 そして・・・
 その宝具は誰にでも扱えるものではなくて、
 持ち主を選ぶらしい・・・・

 こいつ・・・・
 その一つの使い手なの?

「レインボーイリュージョン!」
 わたしは気を取り直して、再び必殺技を出す。
 そう、これしかないんだ・・・
 わたしの周りを回り始める光弾・・・

「無意味っ!」
 扇を一扇ぎする羅刹女・・・
 わたしの光弾は壁に叩きつけられる・・・・

 絶望的・・・・
 まるで歯が立たない・・・

 じゃあ、トールは?
 わたしは黄色い玉に意識を集中する・・・・

「僕じゃないよ。
 上を見て・・・・」

 心の中に木霊する声・・・・

 わたしは上を見上げる・・・・

 そこには緑の玉が浮かんでいる・・・
 さっきより大きくなって・・・・

「トールの他に何かあるの?」

「試してみて・・・・」

「どうやるの???」

「風神シルフィードを解放するんだ・・」

「やってみる」

 わたしは緑の玉に意識を集中する。
 トールを解放したときみたいに・・・・

「風神、シルフィードを解放する!」

 心の中で言う。
 届いて・・・
 風神さんへ・・・
 そういう思いで・・・・・

 上を見ると緑の玉がはじける・・・・
 少年の形になる・・・

「やあ・・」
 少年はその場に浮いたまま、わたしに微笑みかける。
 わたしも彼を見上げて微笑んだ・・・・


27 風神シルフィード

 緑の服の少年・・・・
 わたしより少し年下・・・
 中学生くらいの子・・・
 まるで、映画で見たピーターパンのような・・・
 空にさかさまに浮かんでわたしの顔を覗き込む。

「風神シルフィード???」

「うん、シルフでいいよ」
 あどけない微笑みを浮かべる。
 あんま・・・・強そうじゃ・・・ない・・・
 でも、トールもそうだし・・・・
 たぶん、すごい力を持ってるんだ・・・

「なに?そいつ」
 羅刹女がシルフに気づく。

「あっ、俺・・・シルフだよ」
 羅刹女のまわりを飛び回る・・・・
 まるで、風のような動き・・・・
 くるくるとまわりながら飛ぶ・・・

 羅刹女はいらいらしたように
 芭蕉扇で扇ぐ・・・
 シルフの飛び方・・・・
 まるで、からかわれてるように思っちゃうよ・・・
 絶対逆効果っ・・・・

 シルフは全然そんなこと考えてない・・・
 風に乗り、さっきより舞いかたが激しくなる・・・・

「おっもしれえ・・・ハハハハ・・・」
 わたしたちはもう壁に張り付いていることしかできない・・・・
 その壁さえしなるような風圧なのに・・・・

「ねぇ・・・もっと扇いでよ・・・」
 羅刹女の近くに行くとあおるようなことを言う・・・
 ばかっ・・・これ以上やられたら・・・
 わたしたちがふっとばされちゃうよ・・・・

「吹き飛ばしてやる!」
 怒り心頭の羅刹女・・・・
 大きく扇で扇ごうとする・・・

 やばいよっ・・・・

 その正面にシルフが舞い降りる・・・・
 
「ねぇ・・・風はね・・・友達だよっ・・・」
 シルフは両手を開いて重ねる・・・

「吹き飛べぇぇ!!!!」
 羅刹女はかすれるくらいの声で叫ぶ・・・・
 大きく芭蕉扇を振る・・・

 でも、風は来ない・・・
 シルフの手のひらに吸い込まれるみたいに消えていく・・・

「ばかなっ。
 これは宝具だよ・・・・」
 何度も何度も扇ぐ羅刹女・・・
 でも、結果は同じ・・・・

「風は操るものじゃないよ。」
 シルフは羅刹女に手のひらをかざす・・・

「じゃあ、そろそろ返すねっ・・・」
 シルフの手のひらから、風が吹き出す・・・・
 それも、集中的に羅刹女を狙って・・・・

「きゃぁぁぁ」
 羅刹女の悲鳴・・・
 一瞬で壁まで吹き飛ばされて激突する・・・・

「それじゃあ、風使いになんてなれないね」
 シルフは笑って、また空に舞い上がった・・・・


28 仁王剣 ジン 

「風もやんだみたいだし、こっちもはじめるか?」
 大和が大きい男の前に立つ。
 両手の拳をコツンとぶつけて戦いの構えを取る。

 頭に巻いたターバン・・・・
 筋肉というよりブヨブヨっぽい体・・・・
 下半身だけ白い武闘着をはいている・・・
 そしてとがった先が上を向いた靴・・・
 子供の頃読んだアラビアの物語のランプの精ってこんな感じかも・・・・

 対峙するとあの大和が子供みたいに思える・・・・
 この前、一緒に並んであるいたら見上げるくらいだったのに・・・・

 両手の曲がった刀を構える・・・・

 でも、こういう大きいのって、案外動きは鈍い・・・・
 大和もすごい強いし大丈夫だよっ・・・
 自分に言い聞かせる・・・

「わたしはジン・・・・
 白虎と同盟を結んだことによりおまえらを排除する」
 抑揚のない声で大男は言う・・・

「ああ、俺は大和・・・
 しかし・・・・
 排除されるわけにはいかねえな」
 いきなり大和が飛び出す・・・
 ばかっ、相手の技もわかんないのに・・・・

 すごいラッシュ・・・・
 大和の手が何本にも見える・・・・

 でも、それを全部両手の刀で受け止められる・・・・
 その動きも速い・・・・
 だれっ、大男は鈍いって決め付けたの?

 達人同士の戦いとなる・・・・
 大和もジンの攻撃をうまくよけている・・・・

 でも、刀対拳・・・・
 だんだん大和が押されている感じがする・・・・

「なかなかやるじゃねえか」
 よけるのに必死って感じ。
 さっきは美那子さんでも歯が立たなかった相手を、簡単に倒したのに・・・
 もしかして、レベル高すぎなの?
 
「きりがない。
 逃げまわるだけじゃあな」
 ジンが笑う。
 でも汗まみれで、息が切れてるじゃん。
 やっぱ、この体型ってスタミナがない。
 大和はそこをついてたんだ。
「そろそろ、楽にしてあげましょうか?」
 こいつ、勝負に出るの。
 やっちゃえぇ・・大和・・・・
 もう、完全応援団ののりのわたし・・・・

「仁王剣!阿云!」
 えっ・・・
 いきなりジンが2つに分かれる・・・・
 一つの身体から上半身が2つに分かれる・・・・
 大和を左右から挟むように・・・・
 そして、左右から同時に大和に剣を振り下ろす・・・・
 大和は腕で防御する・・・・
 両腕が青く光る・・・・
 でも、ジンの力が上・・・・
 大和は後ろに吹っ飛ばされる・・・・

 すぐに立ち上がる大和・・・
「ふぅん、卑怯な技じゃねえか。
 2度と通用しないがな」

「何をっ!」
 ジンは大和に飛び掛る・・・
 大和は微笑む・・・
 たぶん、見切ったんだ・・・
 さっきと同じで2つに分かれるジン・・・
 渾身の力で振り下ろされる刀・・・
 さっきと同じように大和はガードする・・・
 また、吹っ飛ばされる・・・
 全然・・・通用してるじゃん・・・

「全然きかねぇよ。バーカ」
 ふらついた足で立ち上がる大和。
 どう見ても効いてるジャン。
 口先だけなの?

「これで終わりだ!」
 また同じ技・・・・
 上半身が2つに分かれる・・・
 そして左右から・・・
 ガードの姿勢をとる大和に・・・

 キィィン・・・

 さっきと違う音・・・

「だから、きかねぇよ。」
 そう、さっきの音は・・・・
 ジンの曲刀が砕ける音・・・・
 両方の刀の先が折れてブーメランのように飛ぶ・・・
 一方は沙耶香さんの方に・・・
 一方は青龍さんのところに・・・
 ふたりともそれを簡単に避ける・・・

「ばかなっ」
 信じられないという顔のジン・・・

「技にくらべて刀が脆すぎだよ・・・」
 大和が白い歯を見せる。
 身体の前で両拳をコツンとぶつける。
「じゃあ、今度はこっちの番だぜっ!」

 高速のラッシュが始まる・・・
 頭、胸、腹・・・・
 青い光の残像が無数の直線を描く・・・・

「フィニィッシュ!」
 大和は大げさに拳を振りかぶって、ジンの身体に叩きつけた。


29 Gの幽霊

「さて、あとはアンタだけね」
 沙耶香さんが空中に浮遊するマントを睨む。 
 そのフードから2つの鈍い光・・・
 まるで、幽霊ってこんな動きかも・・・
 ゆらゆらと左右に揺れるだけ・・・
 
「人間じゃないわね」
 沙耶香さんは鞭を構える。
 
 それに呼応するように、
 空飛ぶマントも両手に針のように細い刃を構える・・・
 その刃も取っ手の部分はマントの中に隠れ・・・
 あたかも、それが身体と一体のものみたい・・・
 
 沙耶香さんが鞭を振る・・・
 マントめがけて・・・
 ふわりと避けるマント・・・・
 そのまま、沙耶香さんの傍に飛んでくる・・・
 刃が光る・・・
 そのまま離れる2人・・・・

 沙耶香さんは微笑む・・・
 でもその頬に一筋の赤い線・・・
 そこから血がにじむ・・・・
 ぎりぎり避けただけみたい・・・・
 でも、一回避けられたってことは、見切ったってこと・・・
 さすが沙耶香さんだ・・・
 沙耶香さんの微笑みはそう言う意味・・・・

 何度も攻撃を受けるけど、
 簡単に避ける・・・
 大丈夫・・・
 あとはブラックホールで・・・・

 まあ、さっきの2人がやばすぎだったから、
 次もって思ってたけど・・・・
 空を飛ぶだけの能力みたい・・・・

「・・・2G・・・」
 金属的な低い声・・・
 何・・・もしかして・・・
 この空飛ぶマントの声?

 なんか身体が重くなる・・・
 なんで???

「フフ・・・ファントムの能力は重力を操ること。
 さっきの2人の技はオードブルにすぎません
 今、ここの重力は2倍になっています」
 白虎が解説する。

 あっ、ってことは
 私たちの動きが遅くなって・・・
 んと・・・・
 さっきまでぎりぎりでかわしてたけど・・・
 もう、無理ってこと・・・

 ファントムの動きは相変わらず・・・
 沙耶香さんは鞭を重そうに振る・・・

 それってやばいじゃん・・・

 ファントムが沙耶香さんに襲いかかる・・・
 さっきみたいな余裕じゃない・・・
 転がってよける沙耶香さん・・ 

「・・・・3G・・・・」
 ギーギーと金属的な声・・・・

 また、身体が重くなる・・・・
 立ってるのがやっと・・・
 その私の手を誰かが引く・・・
 大和だ・・・・
 すぐ後ろに青龍さんもいる。

「こっちに来い・・・
 青龍の能力は、自分の半径2メートルでは、
 フォースの効力がなくなることだ。
 だから、ここは安全だ。
 いくら重力が強くなろうとな」
 大和に引き寄せられると、
 急に身体が軽くなる・・・

 でも・・・・
 沙耶香さんが・・・・

 そう沙耶香さんも立ってるのが精一杯・・・・
 だって、重力が3倍って、
 わたしで言えば120kgくらいってこと・・・
 って計算しないの!!
 沙耶香さんは背があるから、もっとかもしれないし・・・

「ハハハ・・・
 お前らもそこから動けない。
 朱雀がやられるのをじっくり見物してな」
 白虎は高笑いする。

「沙耶香さん!」
 わたしは声をかけるだけしかできない。
 光の玉もここでは出ないみたい。
「大和っ!何とかしてよ」
 大和の胸を叩く。
「まあ、見てろよ」
 大きな手がわたしの肩を抱く。

 沙耶香さんを見ると這いつくっばってるけど、
 目元に微笑みを浮かべている。

 また、ファントムが襲いかかる。
 
 その瞬間・・・・

「ブラックホール!」
 
 沙耶香さんがファントムに向かって小さなブラックホールを出す。

 えっ????

 ?????

 何が起こったの????

 目の前からファントムは消えてる。

 沙耶香さんは立ち上がる。
 それも簡単に・・・・

 わたしも沙耶香さんに近寄ろうとする・・・
 青龍さんの近くを離れて・・・・
 さっきみたいな重力は受けない・・・・

「わたしの技を知らないの?
 ブラックホールは重力の塊・・・
 それを3倍にしたらどんなことが起きるかわかんないの?」
 
 そうなんだ・・・・
 目にも見えないくらい一瞬でファントムはブラックホールに吸い込まれたんだ。
 沙耶香さんの前の床に大きな穴が開いている・・・
 さっきまでそんなのなかったのに・・・

「まあ、わたしも力の調節にてこずったけどさ。」
 クスッって笑う沙耶香さん・・・・
 やっぱすごすぎ。
 わたしたちは怒りに震える白虎に向き合った。


30 青龍と白虎

「じゃあ、つぎは俺だな。」
 青龍が前に出る。
 革ジャンを脱いで、Tシャツ1枚になる。
 すごい筋肉。
 特に肩のあたり・・・・
 こんなところに筋肉ってつくのってくらいに・・・
「おまえの兄貴との約束だ。
 お前を見てやれってな」
 
「何を・・・・
 あなたなんかにわたしは諭されませんよ。
 北の悪魔ごときに両目を奪われたあなたになんかね」
 スーツを脱ぎ捨て・・・
 ネクタイをはずす・・・・
 眼鏡を下におく・・・
 気障なしぐさだ・・・

「俺は口下手でな。
 この拳で教えてやる。
 お前の兄貴に頼まれたことをな」
 青龍は拳を突き出す。
 Tシャツが張り裂けそうになるくらい筋肉が盛り上がる。

「あなたの拳なんてあたりませんよ。
 白虎兄弟の名前の由来・・・
 ご存知ですよね。
 このわたしに由来するってことを!」
 いきなり間合いを詰める白虎。

 青龍は、ゆっくりとそれに反応する。
 目で追いかけるように回り込んだ白虎の方を向く。

 えっ、この人・・・
 目が見えないのに。

 白虎の手が白い光に包まれる・・・・
 まるでそれが虎のような形になる・・・
「知ってますよね。
 わたしがこの街の空手チャンピオンであること・・・
 あなたのような喧嘩拳法で太刀打ちできる相手ではありませんよ。
 それにその目・・・・
 クスッ・・・・
 わたしに教えるだって???
 笑わせないで下さい・・・」
 
「御託はいいから、
 サッサとはじめようぜ」
 白虎の挑発を軽くかわす。
 
「ええ、じゃあ行かせてもらいます。
 そうですね。
 たしかフォースは意味がないんでしたね。」
 白虎の両拳の光が消える・・・
「でも、秒殺は同じですがねっ」
 すごいスピードで白虎が飛び出す。

 青龍の懐に飛び込む・・・
 重そうなパンチを繰り出す・・・・
 それをガードした腕で受け止める・・・
 でもそのガードを払うように・・・
 下からのパンチ・・・
 ガードがあがったとこで、まっすぐなパンチが青龍さんの顔を貫く・・・・
「ぐ・・・・」
「見えないんですね。
 わたしのパンチが」
 冷酷そうな目が光る・・・
 左右からのパンチ・・・
 足の脛をローキック・・・・
 されるがままの青龍さん・・・

 でも、一歩も後退しない・・・・
 気迫で耐え続ける・・・

 もしかして・・・
 ここで・・・・
 あのセリフかも・・・
「今日はこのへんでゆるしといたるわ」
 とか・・・

 そんなギャグも入り込めないくらいの緊迫。
 青龍さんは受ける一方。
 サンドバック状態・・・
 でも、倒れない。
 白虎は一方的に殴ったり蹴ったり・・・
 そのパンチや蹴りに威力があるのは見てるだけでわかる。
 そんな素人っぽいものじゃない。

「いいかげんに倒れろよ!」
 殴りながら、白虎が言う。
 いままで、言葉なんてなかったのに、
 たぶん苛立ってるんだ・・・・

「そんなもんか?」
 青龍さんの低い声。
「なんだと!」
 白虎の怒声。

「だから、これで全力かって聞いてるんだ!」
 青龍さんの言葉に白虎さんがひるむのがわかる。
 大きなパンチを浴びせようとする。
 
 そのパンチを青龍さんが掴む。
 えっ?見えないんじゃあ。
 
 右を捕まれたまま左でパンチ・・・・
 それを簡単によける青龍さん・・・・

「おまえの兄貴のパンチはこんなものじゃなかった・・・」
 白虎さんを突き飛ばす。

「兄貴のことは言うな!」
 無茶苦茶に殴りかかる白虎。
 でも、そのパンチはすべて宙を切る。
 逆にボディにカウンターが決まる。
 身体をくの字に折ってうずくまる白虎。

「何も変わってねえよ。
 昔から・・・」
「なんだと!」
「おまえの兄は拳で語れる男だったがな」
 青龍さんの見えない目から涙がこぼれる。

「今こそ、お前の兄との約束を果たす時」
「約束だと!」
「そう、組を率いるお前を助けること」
「じゃあ、なんで、こんな」
「しかし、もし組を率いる器ではないときは、お前を止めることだ」
「何を勝手なことを!」
 怒り心頭のパンチ。
 でもすべてガードされる。
 反対に青龍さんのパンチや蹴りはガードの上からでも白虎を吹っ飛ばす。

「おまえもわかっているんだろ。
 なぜ、お前の兄が組を率いるようになったか。
 それは・・・・
 お前が始めたからだ」
 白虎の襟を片手でつかんで、身体ごと持ち上げる。
「そして・・・俺たちと対立した・・・
 そのお前を守るために立ち上がったんだ。
 どうみてもお前に分はなかった・・・・
 恐怖だけで支配する狂犬・・・・
 仲間も俺たちに擦り寄った・・・
 しかし・・・・
 お前の兄貴がすべてを変えたんだ・・・
 お前は変ってねえよ。
 なにひとつな・・・」
「兄貴と比べるな!
 子供の時からずっと兄のことばかり・・・」
 白虎の声が涙ぐむ。
「甘ったれるな!」
 青龍さんの重いパンチが飛ぶ。
 吊られたままの白虎は防ぐことができない。
 そのまま宙を飛んで転げる。

 もう立てずに大の字に寝ている白虎。

「何度でも叩きなおしてやるぜ。
 あいつとの約束だからな」
 青龍さんの言葉。

 白虎は何も言わない。
 でも、ボーッと宙を見る瞳は憑き物が落ちたような感じ・・・
 そして、その頬を一筋の涙が伝った。



読者登録

pyon48さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について