閉じる


<<最初から読む

21 / 32ページ

20 胡桃VS鉄の爪

 別の方で、胡桃が闘っている。

 相手も相当の拳法使い・・・・
 それに手になんか鉄の爪みたいな武器をつけている。
 高速の拳の応酬。
 まるで、カンフー映画のようなアクロバットな動きだ。

 胡桃の腕には、いつの間にか
 鉄の爪痕がついている。
 そういえば脚にも、
 着衣が破れたところもある。

 でも、男の方も余裕という感じじゃない。

「なかなかやるな」
 男は少し間合いをとって鉄の爪を舐める。
 胡桃の血が少しついた爪。
「しかし・・・・
 若いな」
 男が急に前に出る。
 いきなり爪で攻撃する。

 簡単によける胡桃。
 そんな攻撃効くわけないじゃん。
 でも、そこから伸びる爪・・・・
 なんとか腕でガードする胡桃。
 爪は、胡桃の腕を貫く・・・・

「きったねえな」
 胡桃が歯を食いしばる。
 その胡桃に男の蹴りが炸裂する。
 そして振り上げた脚を胡桃の前かがみになった背中に落とす。

 その場に崩れる胡桃。
 
 達人同士の戦い。
 ほんのちょっとしたことが勝敗を分ける。

「正直すぎるんだよ。
 相手が悪かったな」
 その場で伸びている胡桃。

 わたしは助けに入るために光の玉を呼び出す。

 でも、そんな隙は与えない。

 男は倒れた胡桃に蹴りを入れる。
 強力な蹴りに宙に浮き上がる胡桃。

「これで終わりだ」
 男は鉄の爪の手で胡桃を突き刺そうとする。

「胡桃っ、だめぇぇぇ・・・・・」
 光の玉を男に向かって放とうとする。
 でも、間に合わないよ・・・・

「秘技、死んだふりっ、解除っ」
 そのとたん胡桃の眼が開き身体をひねる。
「ライトニングラッシュ!」
 爪を避けて懐に飛び込む。
 そのまま無数の青い拳を男に叩き込む。
 男の動きが静止する。
 宙に足が浮いたまま打たれ続ける。
 だんだんボロボロになっていく男。
「ライトニングフィニッシュ!」
 胡桃が大きく振りかぶったパンチを男に叩き込む。
 男は吹っ飛んでビルの壁にめり込むくらいにぶつかった。


21 悪魔の鉄槌

 金槌を振り回す愛利さん・・・・
 西洋鎧の武者がそれを受け止める・・・・・
 この前みた戦いと同じ・・・・
 でも、鎧武者にこの前みたいな余裕はない。
 愛利さんの息も切れない。
 やっぱ、リミッター解除した愛利さんってすごいかも。

「魔王の鉄槌レベル5!」
 振り回せば振り回すほど進化する武器。
 鎧武者は防戦一方。
 でも、剣技は本物だ。
 大きな身体に重そうな鎧なのに、
 愛利さんの動きについていってる。

「魔王の鉄槌レベル6!まだまだ進化するよっ」
 鎧武者は押され始める。
 でも、マントの男は笑ったまま・・・・
 白い歯を見せている。

 大きな鉄槌を軽々と振り回す。
 さっきより段々大きくなっていくのに、
 軽くなっていくの?
 スピードが加速していく。

 床に落ちるたびに穴が開く。
 このビル大丈夫なの?
 そう思うほど、地響きがしてビルが揺れる。

 もう鉄槌の先は残像しか追いかけられないほどのスピード・・・
 でも、鎧武者は押されながらもそれを弾き返す。

 もう、普通の戦いではない。
 まるっきり神の戦いって言った方がいいかもしれない。
 わたしの目ではその動きはとらえられない。

「なかなかやるねっ」
 愛莉さんが言う。
 なぜか微笑みさえ浮かんでいる。
 好敵手に会えたのが嬉しいように・・・・

 マントの男の方も白い歯を見せる。
 こっちも同様だ。

「魔王の鉄槌レベル7!」
 まだまだ進化する槌。
「いいのかい?」

 えっ???
 今の????

 大きくなった槌の頭の部分に顔がある。
 それがしゃべっている。

「このまま俺の力を解放し続けたら、
 封印が解けちゃうぜ・・・」

 封印???

「いいよ。
 その前にちゃんと仕事をしなよ。
 あんなやつも倒せないの?」

「了解。
 もし封印が解けたら、真っ先にお前を殺してやるぜ。
 ここまで、人遣いの荒いのは初めてだからな」

 なんなの?
 この武器?

「いっけぇぇぇ」
 愛莉さんが叫ぶ。
 鉄槌の柄がしなるほどに振り回す。
 
 マントの男は逃げない。
 そのまま黒騎士の後ろにいる。

 キィィィン・・・・

 金属がぶつかり合う音・・・・

 愛莉さんの鉄槌が黒騎士の剣に止められてる。

「私の負けだ・・・」
 マントの男が呟く・・・
 黒騎士の剣が砕ける・・・・

「まだ、決着はついていないよ」
 愛莉さんは微笑む。

「いや、もういい・・・
 お前らがいれば大丈夫だ」

「どういうこと?」
 愛莉さんが不思議そうに彼を見る。

「美月をたのむ・・・」
 男の口からそう言う言葉が出る・・・・

 えっ???
 どういうこと???
 こんなやつ知らないし・・・

「ああ・・・ちゃんと鍛えてやるよ。
 わたしの妹だからねっ」
 愛莉さんが鉄槌を肩に担ぐ。

 男は白い歯を見せて、愛莉さんに背中を向ける・・・・
 そのまま階段の方へ歩いていく・・・・

 なんにもわからない。
 なんなの?
 あいつ・・・
 説明してよ?

 でも、男は振り向かずにドアの向こうに消えた。

22 死神と魔女

 コートの男の前に沙耶香さんが立つ。

 鞭も構えず・・・・
 ブラックホールも出さない・・・・

「ふっ、よくお分かりですね。
 武器を出しても仕方ないってね。
 そうですよ・・・・
 その前にあなたの魂を吸い取りますからね」

「やってみなよ!」
 沙耶香さんは言う。
 でも、唇の端は笑っている。

 睦美さんをこんなにした敵・・・・
 どう対応すればいいの?

「いいでしょう。
 ゆっくりと魂を抜いてさしあげましょう」
 男は甲高い声で笑う。
 その男の後ろに黒いマントを羽織った骸骨。
 手に大きな鎌を持っている。

「できるんならねっ」
 沙耶香さんの落ち着いた声。

「死神の恐怖に震えるがいい!」
 いつのまにか沙耶香さんの後ろに立っている死神。
 その骨の手が沙耶香さんの額に伸びる。
「ソウル・イーター」
 沙耶香さんの額から黒い糸・・・・・
 それを死神は指に巻き取り始める・・・・

 沙耶香さんと対峙している男。
 その男の顔が驚愕に満たされる。

「なぜ・・・
 やめろっ・・・・
 死神っ」

 でも死神はその糸を巻き取り続ける・・・・

 沙耶香さんは魔女の微笑みを浮かべる。

 死神の動きがおかしくなる・・・・
 苦しむように自分の喉をかきむしる・・・・
 死神が大きな口をあける・・・・
 その中から白い玉が宙に吐き出される・・・・
 それのひとつがゆらゆらと飛んで睦美さんの中に溶け込むように消える。

「どうして・・・・
 黒い糸なんだ・・・・」
 男は沙耶香さんに詰め寄る。

「フフ・・・わたしは魔女だよっ」
 男は沙耶香さんに背を向け逃げようとする。

 その背後に睦美さんがいる。
 男に向かってニコリと微笑む。
 ゆっくりと、
 腕のリミッター・・
 ピンクゴールドのブレスレットを外す・・・・

「本当に面白い技だったね。
 でも・・・・
 わたしも魔女だよっ。
 もっと面白い技、見せてあげる
 イン・ザ・ホラーハウスっ」
 幼い声が部屋に木霊する。
 
 睦美さんの能力・・・
 イン・ザ・ワンダーランドは見たことがある・・・
 睦美さんが支配する別の世界を作り出すことができる能力・・・
 その中では睦美さんが、思ったとおりのことが起こる・・・
 本当に不思議な世界だ・・・
 でも、ホラーハウスって???

 いきなり、大きな紙が現れる・・・
 何か絵がかいてある・・・
 それが自然に折りたたまれていく・・・・
 人が一人入るような家の形に・・・・
 窓・・・煙突・・・屋根・・・・
 まるでお菓子の家のようなメルヘンチックな家だ・・・
 それが最後に男を包み込む・・・・

 しばらくして・・・・
 その中から男の悲鳴・・・・
「やめろ!やめてくれ!」
 その声はだんだんすすり泣きに変わる・・・・
 そして、声がしなくなる・・・

 睦美さんが合図をすると、
 家はまた宙に浮き折りたたまれる・・・
 
 後に残ったのは膝をついた男。
「やめ・・・やめてくれっ・・・」
 無茶苦茶に腕を振り回す。
 ガタガタと震える男。
 だんだん、黒い髪は白くなっていく。
 そして、顔に皺が増えて一気に老人になっていく。
 その姿で失神する男。

「あら、よっぽど怖いものを見たみたいね。
 何を見せたの?」
「秘密っ」
 沙耶香さんの言葉に睦美さんはいつものように微笑んだ。

23 ダイヤモンドボディ

「あとはあんただけねっ」
 玄武という大男を美那子さんが指差す。

「たよりにならねえな」
 大男は美那子さんを睨む。

「よく闘ったほうだよ。
 私たちを相手にしてさ」
 美那子さんがバスケット光弾をドリブルする。

 でも、この男、どんな技を使うの?
 いままでの奴のリーダーなんだから、
 たぶんすごい技があるはず・・・
 
 美那子さんが走り出す。
 トリッキーな動き・・・

 男はそれを目で追う・・・・
 
 美那子さんはパスを出すように光弾をぶつける。
 ゴムがついているかのようにボールは美那子さんの胸元に戻る。

 普通ならこれを喰らっただけで終わりだ。

 でも、玄武は微動だにしない。

 もしかして・・・・
 こいつの武器ってタフなだけとか・・・・

「ふぅん、やっぱ効かないか・・・」
 美那子さんはそういうと精一杯ジャンプする。
 必殺技だ。

「アルティメット・ダンク!」
 上からバスケット光弾を大男に向けて叩きつける。
 
 たぶんこれで終わり。

 玄武はまばゆいオレンジの光に包まれる。
 
 わたしたちは爆風を避けるために下を向く。
 
 ・・・・・・

 顔を上げる・・・・

 美那子さんも大男を振り返る・・・・

 まさか・・・・

 そこには、無傷の男が立っている。

 そして、美那子さんの方へ走ってくる。

 信じられないという顔の美那子さん・・・・
 
 その肩を両手で掴む・・・・
 
 軽く美那子さんを持ち上げる。

「どんな攻撃もきかねえよ・・・
 俺のダイヤモンドボディにはな」

 これがこいつの能力なの・・・
 どんな攻撃も効かないっていうのが・・・

「さあ、どこからへし折ってやろうか?」
「やめろよっ!」
 美那子さんは足をばたばたさせるだけ・・・・
 美那子さんのバスケット光弾は、わたしのように念だけで操れない。

 やばいっ。

 わたしは前に出ようとする。

 それより先に麻衣さんと真奈美さんが前に出る。
 そして、2人ともダッシュで近づいて玄武に攻撃する。

 美那子さんはフォースを纏った木刀・・・・
 真奈美さんは首に短刀を突き立てる・・・・

 でも、大男は微動だにしない。

「効かねえよ。
 俺の身体にはな!」
 美那子さんの肩を持つ手に力を入れる。
「ぐぅぅぅ・・・・」
 美那子さんのうめき声・・・・

 そういえば、わたしの黒い玉なら・・・・

 わたしはロッドを振る・・・・

 7色の玉と黒い玉・・・・
 
「レインボーイリュージョン!」

 一気に大男に向けて叩き込む。
 もちろん、美那子さんを避けて・・・・

 でもすべて弾き返される・・・・
 黒い玉も玄武の身体に傷ひとつつけられない・・・・

 麻衣さんと真奈美さんは何度も攻撃する・・・・
 でもすべて無駄っ。
 
 美那子さんが引きちぎられちゃうよ・・・・
 わたしも、また光弾を当ててみる・・・・
 顔中心に、目を貫いたらとか考えて・・・・
 でも、男にはわたしの攻撃は通じない・・・・


24 大和と青龍

 いきなりわたしの肩を掴む大きな手・・・・

 だれっ???

 わたしは振り向く・・・・

「どきなっ。
 これは俺たちの問題だ!」

 振り返ると・・・
 大和ともう一人の男が立っている。

 金髪のリーゼントに濃いサングラス・・・
 黒の革ジャン・・・・
 昔の不良の格好・・・・

「そうだろう?
 玄武よ」
 リーゼントの男が玄武に対峙する。

「青龍。
 じゃまをしにきたのか?」
 玄武は美那子さんを放り投げる。

「いや、総長が帰ってきた。
 それを伝えにな。
 これで闘う理由がなくなっただろう」
 
「総長だと・・・・
 もしかして、
 その後ろの奴か?」
 玄武が吼える。

「そうだ」
 青龍という男の口数は少ない。
 でも、わたしたちが動けなくなるような迫力がある。
 
「じゃあ、そいつを倒せば俺が総長と言うわけだな」
 血走った目で笑う。

「その前に俺が倒せるのか?」
 青龍という男が玄武の手前に立つ。
 大きな人、玄武も大きいけど頭ひとつ抜けている。
 でも、身体は玄武と違ってスリムだけど・・・・

「怖くねえよ。
 視力を失った負け犬なんかな。
 知ってるぜ。
 北から来たやつに秒殺されたってな。
 いきがるんじゃねえよ」
「試してみるか」
 一触即発の状況。
 もう私たちは見ているだけ・・・・・

「青龍・・・
 いいよ・・・」
 大和が後ろから声をかける。

「久しぶりに見せてやるよ。
 この雑魚に格の違いってやつをね」
 ポケットに手をつっこんだまま。
 余裕の表情の大和。

 こいつわかってんの?
 美那子さんと麻衣さんでもかなわなかったんだよ。

「さあ、やろうか」
 ポケットから手をだして構える。
 ボクシングのポーズ。
「玄武、知らねえぞ」
 青龍は玄武にそう言って道を譲る。

「どっからでもこい!」
 挑発するように両手をだらりと下げる玄武。
 ガードしなくても効かないって自信。

 大和がゆっくりと前に出る。

 そのまま、パンチを2、3発繰り出す。
 胡桃と違って重そうなパンチ。
 玄武の顔、胸、ボディにヒットする。

「効かねえって言ってんだろ!」
 ニタリと微笑む玄武。

「いいのかよ。
 そんなに受けて・・・」
 あきれたように周りを回りながらゆっくりとパンチを当てていく大和。

「だから、どんな攻撃も???」
 なぜかよろける玄武・・・・
 どうしたの?

「硬いのは、表面だけだろ?
 やばいぜ。
 このまま衝撃を受け続けたら・・・」
 哀れむような目で玄武を見る。

「中身はグチャグチャにシェイクされちゃうぜ」
 大和の目に狂気が浮かぶ。
 そして、玄武の目に怯え・・・・

「じゃあ、一気にいくぜっ♪」
 大和がラッシュをかける。
 無数のパンチを繰り出す。

「や、やめてくれ・・・
 悪かった・・・・
 負けを認める!」

 でも、大和はパンチを止めない・・・
 何度も何度もパンチを繰り出す。
 
 玄武が血を吐く・・・
 それでもやめない・・・・
 
 もう、やめて・・・・
 勝負ついてるよ・・・・
 こんなの大和らしくないよ・・・

「やめてっ」
 わたしは大和の後ろから抱きつく・・・・
 振り返る大和・・・・
 前にあったときの目に戻っている・・・・

「美月・・・・」
 わたしの名前を呼ぶ。

「うん、もういいよね?」
 わたしは潤んだ目で大和を見つめる。

「ああ・・・・」
 大和はうなづいて優しい目でわたしを見下ろした。
 



読者登録

pyon48さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について