閉じる


<<最初から読む

16 / 32ページ

15 初代 朱雀

「なにっ、これっ」
 自分が倒れてるのはわかる。
 意識だけがはっきりしている。
 まるで幽体離脱したように・・・
 倒れている自分を見下ろしているような感じ・・・・

 全員がその場に倒れている。
「どうしたんだ」
「わからないよ」
 口々に仲間たちの声。

「フフ・・・精神性のガスを充満させてもらったの」
 倒れているわたしたちの間をゆっくりと女は歩き回る。
「わたしはこういったの大丈夫なんだけどね。フフ」
 時々、ヒールで仲間たちの身体を踏みつける。

 すごい性格してるよ。
 むかつくけど、何もできない。

「さあ、ひとりひとりとどめをさしてあげるね。
 ゆっくりとね・・・・」

 女は短剣を出す。
 たぶん、ひとおもいにはやらないはず。
 あいつ、どうみてもSだもん。

 真奈美さんを踏みつけて・・・
 そこにしゃがみこむ。
「ふぅん、そうなんだ。
 だから、カメレオンはやられたんだね」
 女の指が真奈美さんの身体を突き抜ける。
「どうしようかなぁ・・・・
 まあ、いろいろ試してみるよ。
 ゆっくりとね。
 毒ガスが効くってことは、
 弱点がないわけじゃないよね・・・」
 
 どうすればいいの???

 何か・・・・・

 そうだ・・・・

 トール・・・
 あの不思議な子なら・・・・

 どうやって????

 光の玉を出すように精神を集中・・・・

 でたっ・・・・

 でもビー球くらい・・・・
 やっぱ精神が弱ってるんだ。

 あきらめたらダメ。

 わたしは黄色い玉だけに集中する。

 だんだん大きくなる玉。

 でも

 ゴルフボールくらい・・・・

『魔神・・・トールを・・・解放する・・・』
 これで精一杯。

『だめだよ。力が足りないよ・・・』
 わたしの頭の中に声が響く。

『なんとか、がんばってよ』
『そういわれても・・・・』
 困ったような声。
『なんか、前に出てきたときえらそうなこと言ってたジャン』
『でも、美月の力が足りないだけだよ。
 ちゃんと召還してくれたら秒殺してやるよっ!』
 逆切れする魔神。
 だから、子供って嫌いなんだよ。
 希美にしても、トールにしても・・・・

「何、ごちゃごちゃいってるの?」
 やばい、感づかれた。
 目を閉じて死んだふりをする・・・・
 これって、熊の時じゃなかったっけ・・・・
 自分に突っ込んでみたりする・・・・

「ふうん、この黄色い玉は何かなっ」
 わたしの手を踏みつける。
 痛いよ・・・・・
「なんかしようとしてたんでしょ?
 わかったわ。
 そんなに死にたいんなら、
 おまえから始末してやるよ!」

 ナイフを振り上げる女。

 だめっ、
 やられるっ。

 でも、そのナイフは届かない。
 いきなり女は吹っ飛ぶ。

「待たせたね」
 見上げると、わたしの傍に沙耶香さんが立っているのがわかった・・・。


16 回想

 駅前の雑踏。
 
 安っぽい電子ピアノを前にわたしは歌う。
 彼と過ごした日々・・・・
 心のどこか一部が剥ぎ取られたような別れ・・・・
 空っぽになった心・・・・
 それを自分の歌にのせる。
 
 周りを取り囲む人の輪・・・
 だんだん密になっていく。
 隣でギターを片手に歌っていた2人組。
 それも手を止めてわたしの歌に聞き入る。

 いつの間にか常連のファンもできていた。
 
 でも、デビューとかそういうことを考えてってわけじゃない・・・

 ただ、何かしなくてはやりきれないだけ・・・

 
 最後の曲が終わって、
 ピアノを片付け始める・・・・

 アンコールの声・・・・

 でも、わたしはそれには答えない・・・
 いつでも、そうだった・・・
 だから、いつの間にか人の輪はほどけていく・・・・

 今日は一人のサングラスをかけた女性が残る。

 わたしに近づいてくる。

 只者ではないオーラを放っている女性・・・
 わたしは片付けを止めて顔を上げる。
 微笑む女性。

「ねぇ、すごい歌うまいね」
 わたしに話しかける。
「ありがとうございます」
 無愛想に答える。
 別に聞かせるために歌ってるんじゃない。
「でも、悲しい歌だね」
 わたしは彼女を見る。
 微笑む女性。
「そんなふうにしてても彼は喜ばないと思うよ。
 いつか帰ってくるよ。
 きっと・・・・」
 わたしの心の叫びを聞かれたように、
 彼女は話し出す。
「うるせえな」
 わたしは、彼女にそう答えるしかできなかった。

「もしよかったらここにおいでよ。
 同じような子、いっぱいいるから・・・」
 すべてを見透かしたような微笑で彼女は名刺をわたす。

 そこには

 LOVE☆WITCHES 

  リーダー 神代 卑弥香

 と書いてあった。

 わたしは、ピアノを片付けながら、

 彼女の後ろ姿を見送った。

:::::::::::::::::::::::

「朱雀さん・・・」
 わたしを取り囲むレディスたち。
 どいつもこいつも派手なメイク。
「なんだい」
 わたしは、その中心にいる女の前に立つ。
 わたしたちの溜まり場になっているクラブ。
 古く気だるいロックが流れている。

「みんなで相談したんだけど・・・」
 ざわざわと周りの子たち・・・・
「だから?」
「もう、朱雀さんにはついていけないってことになって・・・」
 わたしをじっと見る。
「そうなんだ・・・・」
「やる気ないみたいだし・・・
 そろそろ引退してもらおうかって思って・・・・」
 その女は身構える。
 最近、グループに入ってきて幅を利かせてる子だ。
 その後ろにフォースを使える子が2、3人いる。
「・・・・・」
 沈黙するわたし・・・・・
 見回すと、みんな目を反らす。
 そう、ここはわたしの居場所じゃなかった・・・・
 ただ、あいつのためにここを守ってただけ・・・・
 
 東都内でもお嬢様学校として知られる女子高に通うわたし。

 ばれないように仮面までかぶって、
 ここでの自分を作るわたし・・・・

 それと駅前で歌うわたし・・・

 3つの顔を使い分けていた。

 もう、疲れたよ・・・・
 彼を待つことに・・・・
 わたしは下を見る。

「みんながわたしの方がリーダーにふさわしいって・・・」
 勝ち誇ったように言う子・・・・
「そう・・・・・」
 わたしは、ほっとしたように呟く。
「もし、なんだったらきちんと決闘してでもいいんだけど・・・」
 わたしが、言い返さないのいいことに調子に乗る。
 この程度の力の子に、こんな舐めた口を聞かれるなんて・・・
 以前のわたしなら、容赦しなかった。

「だったら、いいよ・・・」
 わたしは、彼女に背中を向ける。
 そして、ドアに向かって歩き出す。
 仮面をとって後ろに放り投げる・・・
 そしてドアから出て行く・・・
 一度も振り返ることはなしに・・・・


17 対決

「あなたは?」
 落ち着いて沙耶香さんに向き直る女の人.

「沙耶香・・・・」

「わたしは・・・・」
 女が口を開きかける。

「知ってるわ」
 沙耶香さんは女と向き合う。
 落ち着いている沙耶香さん・・・・

 だめっ・・・
 この人、時間を稼ごうとしているの・・・
 毒ガスにやられちゃうよ・・・・
 でも、身体が動かない・・・・

「へぇ・・・わたしも有名なんだね」
 一歩も引かない女。

「いいえ、わたしが知ってるのは、過去のあなた」
「そう、もしかして末端組織にでもいたの?」
「わからないかなぁ」
 壁際を歩く沙耶香さん。
 ふいにその場にしゃがみこむ。
 石動の倒れているあたり・・・・

 仮面をとって自分の顔に当てる・・・
「どう?これで・・・」

「朱雀・・・・・」
 初めて驚いた表情になる。

「そう・・・初代朱雀だよ・・・」
 沙耶香さんは微笑む。

「そういえば・・・
 私との対決を避けて、尻尾を巻いて逃げ出した先輩がいたわね」
 意地悪く笑う女。

「わたしの居場所じゃないってわかったんだ。
 ある人に会ってから・・・
 だから、あなたに譲ったの」
「なんとでも言えるよね。
 負け犬の遠吠えってやつかな」
「試してみる?
 わたし、すごく怒ってるんだけど・・・
 こんな感情はあなたたちと一緒にいた頃はなかったんだけど」
「そろそろ効いてくるはず・・・」
「何が?」

「沙耶香さんっ。
 そいつ、毒ガスをつかうよっ」
 やっと声が出る。
 どうして・・・・
 そういえば、身体もなんとか動かせるようになっている。

 他のみんなも次々と立ち上がる。

 沙耶香さんの足元に小さなブラックホールがあるのに気がつく。

「ガスを吸い込むくらいなら、この程度で十分だよね」
 沙耶香さんはみんなを見て笑う。

「さぁて、ゆっくりと始末してくれるんだったっけ?」
 愛莉さんが金槌を肩に担ぐ。
 
 希美が大剣を構える。
 美那子さんのバスケット光弾。
 麻衣さんも木刀を構える。

「ひっ・・・」
 逃げようとする女。
 もう、さっきみたいな余裕じゃない。

 でも、その逃げ道を胡桃とわたしが塞ぐ。

「粉砕だねっ♪」
 愛莉さんが金槌を振りかぶる。

 愛莉さんの反対側に逃げる朱雀という女。

 そこには胡桃が回り込む・・・・
 ボディに強烈な一発を入れる。
 朱雀は崩れるようにその場にうずくまった。


18 20階

 カメラマンの百合さんも助け出して、
 全員で20階に向かう。

 これで、睦美さんを除く全員。

 もう、負ける気はしない。

 20階のドアを開けると広い空間・・・・
 この階は多目的ホールになってたみたいだ。

「まってたぜ」
 大きなスキンヘッドの男。
 ボロいコートを纏った小柄な男・・・・
 鉄の爪をつけた痩せすぎのスキンヘッド、
 それと、白衣の男の横に大きな魔獣。
 栞に聞いたトラとライオンの顔。
 それに加えてワニの顔もついている。
 あと・・・・
 黒いマントの男。
 沙耶香さんと愛利さんを倒したあの男だ。
 こんなときにまでわたしたちの邪魔をするなんて・・・

「睦美を返してくれる?」
 美那子さんが言う。
 有無を言わさない迫力。
 後ろではわたしたちが身構える。

「萬屋、返してやれ!」
 コートの薄汚い男が、睦美先輩と栞たちのマネージャーを離す。
「おれっちは、約束は守るからよ」
 満足そうに笑う。
 
 睦美さんとマネージャーは夢遊病者のようにこちらに歩いてくる。

「さてと・・・」
 男は腕を回す。
 なんかすごい筋肉だ。
 
 白衣の男がいきなり魔獣をけしかける。
 それに反応する希美と栞。
 二人で顔を見合わせて頷く。
 やっぱこの子たちも睦美さんを取り戻すためにがんばってるんだって思う。

 鉄の爪の男の前に胡桃が行く。
 ボクシングのフットワークみたいに
 飛び跳ねながら構える。

 萬屋という薄汚れたコートの男の前に
 沙耶香さんが行く・・・・

 マントの男の前には愛莉さん。
「この前みたいにはいかないよっ」
 金槌を構える。
 マントの男が白い歯を見せる。

 リーダーらしき大男の前に美那子さん・・・・
 オレンジ色の光弾で軽くドリブルを始める。

 わたしと麻衣さん、真奈美さんで睦美さんを受け取る。
 わたしは栞たちのマネージャーに声をかける。
 でも、魂が抜けたようになっている。
 睦美さんも同じ。
 とりあえず、
 頬を叩いたり・・・
 いろいろ試してみるけど、
 元には戻らない。

「行くよっ!」
 美那子さんが叫ぶ。
 それを合図にわたしたちの決戦は始まった。


19 希美と栞

 魔獣が栞と希美に向かって吼える。
 空気をつんざくような声・・・・・
 
 でも、まだ2人は何か言い合っている。
 もしかして、作戦でも立ててるの?
 そんな場合じゃないのに・・・・
 
 魔獣が突っ込む・・・・

 でも2人は簡単にかわす。
 そのまま、なんか口論している。
 まさか、またケンカとか・・・・
 
 トラの爪が希美を捕らえようとする。
 でも、大剣でそれを防ぎ、弾き飛ばす。

 今度は栞に・・・・
 でも、栞はその爪の上にヒラリと飛び乗る。

 そのまま、希美にそっぽを向く。
 共同戦線は失敗みたい。

 なんかこの子たちの戦いってイライラする。

「スチールレイン!」
 栞が叫ぶ。

 上から無数の金属の洗面器が落ちてくる。
 もしかして新技。
 でも、どうみてもテレビのコントで落ちてくるアレだ。
 音はすごいけど、あんまり痛くないみたいな・・・・
 やっぱ、この子の技ってよくわからない。

 魔獣に当たるけど全然ダメージを受けない。
 それどころか、希美にまで当たる。
 自分も当たってるよ。
 それも、モロに頭に・・・・・

 希美は希美で、洗面器をはねのけながら・・・
 魔獣に突進・・・・
 大剣で足を払おうとする。
 でも魔獣は爪でそれをはらう。
 希美に隙を見せない。

「ハハハ、もうその攻撃は効かないぜ」
 白衣の男は笑う。
「合成魔獣は進化するんだよ。
 おまえの攻撃なんて見切ってるよ!」
 
 でも、希美はやめない・・・・
 何度でも同じ攻撃をする。

「ドッペルゲンガー」
 栞のあの技だ・・・・
 でも、魔獣の前に現れたのは小さなゼリー状の物体。
 どうして?

「この魔獣はね。
 もともとはそんな物体なんだよ。
 しかし、いろいろな魔獣を喰らって大きく強くなるんだ」
 白衣の男がちゃんと解説をしてくれる。
 なるほどって感じだ。
 これでは栞の唯一の必殺技も通じない。

 希美は魔獣の足に狙いを絞っている。
 助走を多くしたり・・・・
 何度も回転したりして工夫はしている。
 でも、魔獣の攻撃の隙をつけない。
 
「ドッペルゲンガー!」
 また、同じ技・・・・
 それは効かないって・・・・
 絶対、二人とも思考回路が子供のまま・・・・
 っていうか子供だし・・・・

 でも、今度はゼリー状の物体は現れない。
 栞の指の先には、
 もうひとりの希美・・・・
 希美の分身を作ったんだ・・・・

 本物の希美の横に行って・・・
 二人とも走り出す・・・・
 一人は右・・・・
 一人は左・・・・
 
 4つ足の魔獣は左右同時に防げない。
 もし両方の前足を上げたとしても、
 後ろ足が無防備になる。

 片方の希美だけを防ぐしかない・・・・
 
 右の希美は弾かれるが、
 左の希美はそのまま魔獣の足を切裂く・・・・

 右前足を折る魔獣・・・・
 大きな唸りを上げる。

 また戻ってきて左右からの攻撃・・・・
 今度はどちらも防げない・・・・
 後ろ足も折る魔獣・・・・

 その低くなった魔獣に容赦なく攻撃を仕掛ける・・・・

「あぁ・・・・
 まさか・・・
 そんな・・・」
 白衣の男は呻くしかない。

 その背後に栞が近寄る。

「スチールレインっ」
 空を指差す。
 男は上を見る・・・・

 さっきと違って、
 一つだけだが、巨大な金ダライ・・・・
 男の顔が恐怖にゆがむ・・・・
 そして、男の脳天をタライが直撃して・・・
 大きな音を立てた。


読者登録

pyon48さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について