閉じる


<<最初から読む

2 / 4ページ

公開形式

電子書籍として見たときに一番気になるところ。
  • 作品単位でPDF、ePub形式への変換が可能。自動で表紙とか付く。
  • 非公開設定してるページは、PDF化したときに含まれない。
  • 作品ごとに「更新」ボタンを押したタイミングで、PDF・ePubが生成しなおされる。
    • 過去に生成した判のPDFを取っておくことも可能。何判までかは不明。判は手動で削除可能。全部を削除することはできない。
  • iPhone/iPad/Androidなどへの変換は、現在未対応。

有料頒布

電子書籍として気になるところ。やはり印税生活というのは憧れますし。
無料公開に関してはほぼブログ準拠なので、ここでは有料公開について。
  • 作品単位で料金設定が可能。現在は、100~3000円の範囲内。
  • 印税は70%がユーザー、残りがブクログ。(一般的な同人ショップと同じ比率)
  • 印税の振り込みタイミングは月ごと。印税が1000円を越えたら振り込まれる。
  • 振り込み、引き落としには銀行口座を登録する仕組み。クレカはなさそう。
  • おさいぽ( http://osaipo.jp/ )も使用可能。こっちでクレカ使えますね。
  • 料金の変更は、いつでも可能。無料から有料の相互変更もボタンひとつ。
    • iPhoneアプリは一度無料にすると有料に戻せないとかあるので。
  • 有料作品には「立ち読み」ページの設定が可能。1ページ目だけは無料で読めますとかできる。範囲は自由に設定可能。
  • 有料配布作品のPDFには特にアクセスロックなどかかってないので、P2Pで流れたらアウト。
    • ここはどうにか対応してもらうように要望はしてみた。でもどういう手段があるか……というと難しいところ。PDFには元からロック機能が付いてはいるけれど。
    • iPhone/iPadアプリにする場合、AppleストアからDLしたアプリとしてしかインストールできないという制約があるので、この点は回避される。
    • iPhone/iPadはiOS4.0で、PDFをそのままiBooksへ管理出来るようになるという機能が追加される。この本棚からコピペしてメール添付とか出来てしまうと、また問題かも。

閲覧関連

  • ログインせずとも閲覧は可能。
  • 作品に対してお気に入り設定が可能。お気に入り作品を蒐集できる。
    • ただしログイン必須。
  • しおりを挟まれた回数、お気に入りされた回数、購入された回数が見れる。
    • 誰がしおり、お気に入り、コメントしたかも見れる。
  • 新着作品、新着ページはトップに載る。
  • ランキングもある。本ごと、ページごとにあり。
  • 作品ごと、ページごとにコメント投稿可能。コメント禁止設定もできる。
  • iPhone/iPadでの閲覧について
    • iPod touch(OS4.0)
      • 試してみたところ、PDFはSafariまたはiBooksで読める。
      • ただし、激烈に文字が小さいので現実的ではない。
      • フォントサイズはちょっと考えた方がよさげ。参考までに、上のはフォント12pxらしい。(他HTMLからコピペして作成した文章)
      • 最適な大きさは、もうちょっと研究したい。

この本の内容は以上です。


読者登録

大臣さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について