閉じる


<<最初から読む

33 / 39ページ

「明日への愛」  天地真理さん

 

一音一音を尊ぶような真理さんの歌唱から、

歌うことへの真摯な姿勢が、自然に伝わってくるナンバー。

  

愛する人の内側に灯る、命の炎への信頼。 祈り。

主人公の清く澄んだまなざしを 連想させる表現力が、

ご自身のファルセットを 虹色に輝かせています。

すべてを抱きとめ、育み続ける、豊かな母性の音色・・

透き通るような想いの世界に、心うたれるひと時です。

 

 

その歌声に接するたび、

心が温もり、素直な 前向きな気持ちが蘇ってくる。

自由自在に イメージ展開できるやわらかさがある。

 

包容力とは、作品の透明度の高さに比例するのでしょうか。

透明度の高い歌の発信とは、

こだわり、という個人の色を印象付けないということ。

懐かしさと開放感、他のあらゆる個性と

創造的に解け合っていく 大きさを持つこと。

 

音楽が自然に、相手の最も純粋な世界の扉を目覚めさせてゆく

静かに眠っていた資質が、照らされてゆく

 

真理さんの歌は、

透き通った世界が自分のなかにあることを教えてくれます。

「明日への愛」は9枚目のアルバム収録曲ですが、

ファーストアルバムの段階で、すでに桁違いに成熟した

自然体の包容力を発揮されていたこと、

それこそが、多くの歌手と一線を画す才能であり、

長く閉ざされていた心さえ、瞬時に溶かす力を秘めている

愛に満ちた世界だということに気づきます。

 

いのちの糧と呼べる、本質的なものが求められる時代だからこそ

天地真理さんの歌に、 人は尊い光を見出すのかも知れません。

 

 
 
 

歌声に癒されて

 

 

天地真理さんのアルバムにおいて、

その内容の完成度が、同時代に評価される機会は少なかったといえますが、

今の時代は、幸せの定義が大きく変わり、人と歌との関係も再認識される中で

肩のこらない優しさ、ピュアな懐かしさを 感じさせる歌が、

癒しのエッセンスとして高く支持されるように。

 

人々の心に、ぬくもりという贈り物を届けてくれる 真理さんの歌。

その尊さをあらためて実感する日々です。 

 

時のトンネルを越えて、おだやかに輝く 歌の光。

真理さんは、何を発信されたのでしょうか、

そして、今 何が生まれているのでしょう ・・

 

想像の旅が 続きそうですー

 

 


開花のとき

人と人が出会って、生まれる夢
その瞬間の熱意   想像力  創作の歓び
 
時の花壇に蒔いた、芸術の種が
すべてを超えて
しなやかに花を咲かせる日・・

その日は、誰にも予想できないけれど

そこに内包された夢が、人々の意識と最も深く呼応する時代に、
芸術は最大の真価を発揮することを観じます。


約束の日は
また新たな、人と人とのつながりによって訪れることを、
愛する喜び、その清らかな青春の息吹に満ちた
天地真理さんの歌に学びながら、
このアルバムをまとめました。

 

心に潤いを授け、希望の光をそっと灯すような、天地真理さんの歌。
そのぬくもりが そよ風のように、

この時代を温かく包む日が今だと感じています。

 
末永く、心の友として
本書を皆さまに眺めていただけたら、幸せです・:*:・゚
 


読者登録

7777aiaiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について