閉じる


<<最初から読む

13 / 13ページ

12

12
 収録は3回目でOKになる。
 胡桃も気をとりなおして、NGなし。
 歌の収録もあんまり問題なく終わる。
 今日は白い背景の中でやったんだけど、
 あとは合成で背景とかつけてくれるらしい。
 どんなのになるかすごい楽しみ。

「おつかれさん」
 美那子さんがわたしの肩をポンって叩く。
「お疲れ様です」
 満面の笑顔で返す。

「ねぇ、沙耶香っ。この子わたしのユニットにくれない?」
 美那子さんがわたしの肩に手をまわす。
「だめだよっ。わたしの妹なんだから」
 愛莉さんがすかさずわたしの手をひっぱる。

 先輩たちがじゃれている中にいるわたし。
 なんかくすぐったい感じ。

「じゃあ胡桃をもらうよっ」
 沙耶香さんが胡桃の後ろに行く。
「あっ、それだめっ」
 美那子さんが胡桃を取り戻す。
 落ち込んでた胡桃に笑顔が戻る。
「胡桃はわたしの妹なんだから」
「じゃあ駄目ジャン。4人になっちゃうし」
「リーダーの権限でユニット4人づつにしようかなぁ」

 その時、美那子さんの携帯が鳴る。
「あ・・・はい・・・」
 
 携帯をたたむと険しい顔になる美那子さん・・・

「出動だよ。麻薬の売人がビルに立てこもってる。胡桃っ、美月いくよっ」
「はいっ」
 胡桃と声がそろう。
 顔をみあわせてニコッって笑う。

 美那子さんについて車に走る。
「ぐずぐずするんじゃないよ」
「はいっ」
 動く車の中で着替えるわたしたち。
 胡桃はグローブをつける。
 わたしはロッドを持つ。
「敵は3人。全部魔獣使い。一人づつ相手するよっ。倒したら他の子のフォロー。カメラ回ってないから秒殺でいいよ」
 作戦は単純。
 ドアが開いて、わたしたちは外に飛び出す。

 美那子さんに続いて走る。
 目の前のドアに美那子さんの出す光弾があたる。
 爆発音と閃光。
 その音に気がついた男たちがドアから飛び出てくる。
 3人・・・・
 よぉし、やるぞぉ
 わたしと胡桃は身構える。
 わたしたちのLOVE☆WITCHESははじまったばかりだった・・・

 TO BE CONTINUE 第1話「魔女狩り」
 


この本の内容は以上です。


読者登録

pyon48さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について