目次
私はひきこもりであるというアイデンティティー
ひきこもり生活をさらに快適に
ひきこもりはひとつの個性、生活スタイル
世の中に"自立"している人間なんていない~障害者自立支援法
自分は甘えているのではないかという強迫観念
お金を稼ぐという能力
日本の将来~現在すでに国の体(てい)をなしていない
政治力、権力、マスコミ、発信力、そして「民意」を「操作」すると言われる電通という会社
あえて言いたい、小出氏に対する「人気」について
自分の歳
家族
「治りたいを手放す」~あるラジオ番組への投稿より
短気は損気か?
日本というシステムの再構築~官公庁、国の中枢部などのNPO法人化、未来を見据えて
私はもちろん、大橋巨泉氏や山口瞳氏と同じく非武装中立論者です
私たちが求めているもの
自然であるということ
私が今までに観た「男はつらいよ」の最高傑作「第32作口笛を吹く寅次郎」
匿名の言論は無視しよう!
パーソナリティー障害~おもに私の幼稚さについて
二・二六事件(1936年2月26日~)
資本主義は終わった!!~内橋克人、ラトゥーシュなどに学ぶ
伝統・文化というもの、そして革命
私は愛されている~おとなになるということ
初恋
再度、竹下景子さんをマドンナ役に迎えての「男はつらいよ 知床慕情」
ひきこもりこそがサバイバル~情報を遮断することの重要性
徒労
哲学的結論
ヒヨコちゃんこと峰由樹さんの魅力(文化放送「くにまるジャパン」月曜日など)
ラジオの思い出
人の役割
格好をつけるのはやめよう~思想的流行
仏壇買わなきゃ
懲りないメディア・評論家ー「鳩山イラン事件」に思う、真の国益とは何か
資本主義の結末、それは富の偏在だったー地球は有限であることを知るという哲学
今世紀は水をめぐって戦争が起きる?
奥付
奥付

閉じる


試し読みできます

私はひきこもりであるというアイデンティティー

私は、

 

自分のアイデンティティーをひきこもりであることに徹することにした。

 

別に好きでひきこもっているわけではないが、

 

精神病と生まれつきの虚弱体質で、

 

心身ともにほぼ常に疲労困憊状態であることが主な理由である。

 

もちろん治療はしているが、

 

いまさら治るとは思っていないし、

 

第1級の障害者手帳を持ち、

 

申し訳ないが障害基礎年金も受給している。

 

これはもうアイデンティティーと言うべき私という人間の姿である。

 

そして、飽きっぽくて怒りっぽいというか短気であるという性分も大切にする。

 

もっともこれもまたすぐ飽きるかな?

 

今日からまたパジャマ生活復活。

 

まあ言いたい奴は放っておくが、

 

なぜ世間の人の多くがひきこもりが悪いことのように言うのだろう?

 

ひきこもり差別反対!

 

障害者差別反対!

 

 


試し読みできます

ひきこもり生活をさらに快適に

もうとっくにこのようなことを言っている人はいるかもしれないが、 私はよく知らないので、 ひきこもり生活をさらに快適にできるように世に訴えたいことをいくつかあげてみたい。 たとえば、 民間の行っているサービスは今やほとんどがひきこもり生活者でも可能なものが多い。 それでもたとえばほとんどのことはパソコンがあってインターネットの環境がないと不可能である。 これらの費用を何とか公費でもって戴けると非常に助かる。 それと役所関係の手続きはいまだに窓口まで出向くか郵便ポストまで行けないと不可能なものがある。 非常に象徴的なのが選挙の投票である。
それに障害者のための公的サービスは確かにあるのだが、
それを受けるための手続きが非常に大変でしかも期限があったりする。
これらは公的機関は明らかに遅れている。
意外な盲点は医療である。
精神科医で往診してくださるお医者さんは皆無にひとしい。
これらをぜひとも在宅のまま出来るようにして頂きたいと思う。 まあその方向にはあると思うが。。。。 ぜひともこれらをお願いしたいものである。 もちろんどうしても通信販売だけでは足りない買い物なや銀行関係の用事なども、 在宅で可能なようになってほしいと思うところである。

以上は決してわがままを言っているつもりはない。 頭を下げてのお願いである。            


試し読みできます

ひきこもりはひとつの個性、生活スタイル

私は高齢の「完全ひきこもり」生活者である。まあ私の場合はそもそもの原因は、生来の虚弱体質と精神病であるが、いずれにしても薬を飲むなどして治療しているにもかかわらず治らないということは、もはやひきこもりはひとつの個性であり、ひとつの生活スタイルであるということを、ぜひとも強調したいと思う。したがってそれは他人がいいとか悪いとか言って矯正してやろうなどという類の問題ではない。たとえば背の高いという個性、たとえば眼が大きいという個性などを矯正してやろうという人は多くはないと思う。それと同じようなものである。もちろんそのこととたとえば障害者サポートとは別の問題であろうと思う。たとえば私は精神病なので医者にかかっているが外出できないのでやっと見つけた往診にに来て戴いているが、さらに困るのが薬である。近所の処方箋薬局まで家人に行ってきてもらう。同様に、最低限の銀行関係の用事も同様だ。どうしても通信販売で足りない生鮮食料品などの買い物はやはり近所のスーパーマーケットが宅配してくれるので何とかなっている。くどいようだがその他は一切外出できない。夕食は毎日日替わりの配色弁当を利用している。働いていないので収入は障害基礎年金のみである。

ぜひとも世間一般の方々に、私のような「ひきこもり」のサポートをお願いしたいと思う次第だ。


試し読みできます

世の中に"自立"している人間なんていない~障害者自立支援法

お断りするが私は屁理屈を言うのが特技である。

 

まあ病人の戯言と受け取って戴いても一向に構わないが、

 

そもそも世の中に"自立"している人間なんて存在しないというのが私の持論である。

 

ぜひとも想像力を働かせて戴きたいと思う。

 

人は必ず誰かの力を借りて、つまり助け合いながら生きているものである。

 

コメ一粒食べるにしたって、どれだけの人から助けて戴いているか。

 

水一杯飲むのだって何人の人の助けで飲んでいるか。

 

それが生きるということだ。

 

当り前のことだと私は思う。

 

そして障害者自立支援法という法律がある。

 

自民党政権時代に出来た法律である。

 

これはひとことで言うと「自立する気のない障害者は助けてやらないぞ」という法律である。

 

何というか、いわゆる上から目線というやつで欠陥法であると悪名が高い。

 

「分った。あんたらの言いたいことは分ったよ。いつものことだろ」

 

百歩譲って「私は一人の障害者として自立できるよう努力します」と言っておこう。

 

それにしても、なのである。

 

たとえば精神障害者の場合、一般的に障害者手帳の有効期限は2年間しかない。

 

そして自立支援法による医療費の補助などを受けるためには毎年毎年

 

煩雑な手続きをしなければならない。

 

この大変さを分って戴けるであろうか?

 

断わっておくが、威張るつもりなどさらさらない。

 

しかし例によって日本の官僚および政治家が作ったこのシステムはいったい何なのか?

 

はっきり言わせて戴ければ「支援」どころか「いじめ」である。

 

 

 

このような馬鹿馬鹿しいことをいい加減やめて戴きたいと切に思う。

 

 

 

 

 

 


試し読みできます

自分は甘えているのではないかという強迫観念

少し専門用語とは違うかもしれないが、

 

私には「自分は甘えているのではないか?」という脅迫観念が常にある。

 

いつもそう思いながら疑いながら生きていると言っても過言ではない。

 

たとえば親に、たとえば世間に、たとえば主治医になどなど。

 

そしていつも思い当たる結論は

 

「誰だって何かに誰かに甘えているではないか」という自己正当化である。

 

「甘え」と言って言いすぎなら「依存」だ。

 

 

生きるということは相互依存である。

 

社会というものは相互に依存しあうことによって成り立ち、

 

そして動いているものだ。

 

私が今まで生きてきて思うことは、

 

至る結論はいつもそこだ。

 

もちろん言い方によっては「生には結論などない」と言うことができるが、

 

それはまた別の問題であろうと思う。

 

 

 

 



読者登録

篠田 将巳 (shinodamasami)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について