目次
私はひきこもりであるというアイデンティティー
ひきこもり生活をさらに快適に
ひきこもりはひとつの個性、生活スタイル
世の中に"自立"している人間なんていない~障害者自立支援法
自分は甘えているのではないかという強迫観念
お金を稼ぐという能力
日本の将来~現在すでに国の体(てい)をなしていない
政治力、権力、マスコミ、発信力、そして「民意」を「操作」すると言われる電通という会社
あえて言いたい、小出氏に対する「人気」について
自分の歳
家族
「治りたいを手放す」~あるラジオ番組への投稿より
短気は損気か?
日本というシステムの再構築~官公庁、国の中枢部などのNPO法人化、未来を見据えて
私はもちろん、大橋巨泉氏や山口瞳氏と同じく非武装中立論者です
私たちが求めているもの
自然であるということ
私が今までに観た「男はつらいよ」の最高傑作「第32作口笛を吹く寅次郎」
匿名の言論は無視しよう!
パーソナリティー障害~おもに私の幼稚さについて
二・二六事件(1936年2月26日~)
資本主義は終わった!!~内橋克人、ラトゥーシュなどに学ぶ
伝統・文化というもの、そして革命
私は愛されている~おとなになるということ
初恋
再度、竹下景子さんをマドンナ役に迎えての「男はつらいよ 知床慕情」
ひきこもりこそがサバイバル~情報を遮断することの重要性
徒労
哲学的結論
ヒヨコちゃんこと峰由樹さんの魅力(文化放送「くにまるジャパン」月曜日など)
ラジオの思い出
人の役割
格好をつけるのはやめよう~思想的流行
仏壇買わなきゃ
懲りないメディア・評論家ー「鳩山イラン事件」に思う、真の国益とは何か
資本主義の結末、それは富の偏在だったー地球は有限であることを知るという哲学
今世紀は水をめぐって戦争が起きる?
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

29 / 38ページ

試し読みできます

哲学的結論

明らかなことは私たちは思考の外に出る必要があるということだ。 問題は私たちにはその勇気がないということなのだ。


試し読みできます

ヒヨコちゃんこと峰由樹さんの魅力(文化放送「くにまるジャパン」月曜日など)

ヒヨコちゃんこと峰由樹さんの個性的なしゃべりが魅力的だ。
私が知る限りでは、文化放送「くにまるジャパン」月曜日11時頃などで活躍中だ。
http://www.joqr.co.jp/index.php
ヒヨコちゃんというニックネームの通り、ある意味とても大人とは思えないような個性的なしゃべりが可愛らしくて良い。
私は個人的には、以前までは「こんな声の人がプロなのか?」という思いもあったが、
ずっと彼女のしゃべりを聴いているうちに、人間個性というものが大事なんだなあと、
当り前のことを思い知らされる。
確かに好き嫌いはあるだろう。
しかしどんな世界でも、その人の個性、つまり"らしさ"がその人の魅力なのであり、
それが受けるかどうかはまた別の問題で、
結局のところ魅力的な人の魅力が多くの人のこころを捉えるのである。
参考
http://ameblo.jp/yuki-mine0623/


試し読みできます

ラジオの思い出

私は大昔からラジオが好きだ。中学生になるかならないかの頃に、はじめて父が私にトランジスタラジオを買ってくれた。たしかnationalの、今にして思えばやけに重いポータブルラジオだった。いろいろな番組を聴いていたが、何と言っても永六輔氏の「土曜ワイド」が印象に残っている。今も同じ番組が続いている。tbsラジオで、当時は確か相手役の女性アナウンサーが遠藤泰子さんで、いわゆる「外回り」が、今はもうほとんど引退気味の若かりし頃の久米宏氏だった。子供だった私は現在のjr王子駅前に久米宏氏の中継ラジオカーが来た放送を見学に行った覚えがある。久米さんを見た私はやけに背の高い人だなあと思った。確かその頃は平野レミさんというやけに声の大きい女性とコンビを組んでお笑い放送をやっていたと思う。そして記憶をたどると、一時期永六輔さんが降板して久米さんがスタジオのメインパーソナリティーを務めていた時期もあった。 その後私は、青春時代の多くをfm放送を多く聴いていた時期もあり、また中年期になってからamを聴きだして、いつの間にかまた永六輔の「土曜ワイド」をやっているのを知ったが、しばらく聴いていて、何だかあの番組は、昔からの永氏の芸能界の「お友達ごっこ」を放送しているように聞こえてきて、そのうちにめったに聴かなくなったのであるが、あの番組は今や「the ラジオ」と言われるようになっているようだ。 私は今は、平日は主に文化放送を聴くようになったが、たまに思い出したように「永六輔の土曜ワイド」を聴いたりしている。そして土曜日の13時からは同じtbsラジオの「久米宏のラジオなんですけど」も聴いたりするのである。


試し読みできます

人の役割

父が救急搬送で入院してから早や3日になる。父の病状自体は低血糖だっただけなので心配ないのだが、家では母と私と妹とそれぞれが何というか踏ん張っている空気がよく分る。普段は父に悪態ばかりを突いている私も、父の役割って結構大きいのだなあと再認識させられる。父は78歳でとっくに無職だし、昔の人間だから家事をやるわけでもなく、まあただ存在するだけで、私などは正直「邪魔だなあ」とも思っていたくらいなのだが、人というのは存在するというだけで意味があるものなのだ。


試し読みできます

格好をつけるのはやめよう~思想的流行

何々はもう古いとかそういう思想は考え方は時代錯誤だとか、今は何々の時代だとか、要するに学問的流行を追いかけているバカが多い。古いも新しいもない。人はいつの時代も、そしていくつになっても、生きそして死ぬ、それだけのことだ。格好をつけるのはやめよう。誰もがただの人だ。



読者登録

篠田 将巳 (shinodamasami)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について