目次
私はひきこもりであるというアイデンティティー
ひきこもり生活をさらに快適に
ひきこもりはひとつの個性、生活スタイル
世の中に"自立"している人間なんていない~障害者自立支援法
自分は甘えているのではないかという強迫観念
お金を稼ぐという能力
日本の将来~現在すでに国の体(てい)をなしていない
政治力、権力、マスコミ、発信力、そして「民意」を「操作」すると言われる電通という会社
あえて言いたい、小出氏に対する「人気」について
自分の歳
家族
「治りたいを手放す」~あるラジオ番組への投稿より
短気は損気か?
日本というシステムの再構築~官公庁、国の中枢部などのNPO法人化、未来を見据えて
私はもちろん、大橋巨泉氏や山口瞳氏と同じく非武装中立論者です
私たちが求めているもの
自然であるということ
私が今までに観た「男はつらいよ」の最高傑作「第32作口笛を吹く寅次郎」
匿名の言論は無視しよう!
パーソナリティー障害~おもに私の幼稚さについて
二・二六事件(1936年2月26日~)
資本主義は終わった!!~内橋克人、ラトゥーシュなどに学ぶ
伝統・文化というもの、そして革命
私は愛されている~おとなになるということ
初恋
再度、竹下景子さんをマドンナ役に迎えての「男はつらいよ 知床慕情」
ひきこもりこそがサバイバル~情報を遮断することの重要性
徒労
哲学的結論
ヒヨコちゃんこと峰由樹さんの魅力(文化放送「くにまるジャパン」月曜日など)
ラジオの思い出
人の役割
格好をつけるのはやめよう~思想的流行
仏壇買わなきゃ
懲りないメディア・評論家ー「鳩山イラン事件」に思う、真の国益とは何か
資本主義の結末、それは富の偏在だったー地球は有限であることを知るという哲学
今世紀は水をめぐって戦争が起きる?
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

25 / 38ページ

試し読みできます

初恋

私はまだ高校生だった。同じ高校の別のクラスのさゆりちゃんという名前も容姿も実に可愛らしい女の子に恋をしていた。そして、彼女と私はなぜか偶然にも同じ町内に住んでいた。ある夕方家の近くではじめてのデートをした。別に何でもないプラトニックなデートだ。なぜか私はひとりで彼女を待ちながらも、安い双眼鏡で好きな星を眺めるのに夢中で、ちょうどそこへ彼女が来たので、私は得意げに彼女に星の解説をした。もちろん彼女だって興味深そうに相槌を打ってくれた。そのうちそれにも飽きたので彼女が自分の家に案内してくれた。そして両親に私を紹介してくれる。そしてなぜか私はすぐに帰るのだが、ところで、と私は彼女の苗字を知らなかったので彼女の父親に尋ねるのだが、見たこともない難しい漢字で私はその字がどうしても読めない。

そこで私はうなされるように夢から目覚めた。

やれやれ。また大昔の夢か。

実際には私も彼女も(たぶん)互いに好きだったのだが、奥手の私は女の子とどうやって付き合えばいいのか見当もつかなかったし、彼女の方も積極的には迫ってくるような子ではなかった。要するに私たちはまともに言葉も交わしたこともなく高校時代を終え、それぞれ別の大学に進んだ。それだけのことだ。あえて言うとすれば、私と同じクラスに居た女生徒と同じクラブに居たさゆりちゃんは、あるとき私たちのクラスの化学の居残り実験授業の机に座って私たちの実験を黙って見ていたのと、3年生の文化祭の夕方のフォークダンスの時間に、私は男友達とぶらぶら歩いていたのだが、さゆりちゃんたちがなぜか私たちの後ろを付いてきて、私が振り向くと彼女は恥ずかしそうにしていた。

それでも私は彼女を誘えなかった。今にして思うと我ながら実に不思議な行動だった。

要するにコンプレックスの塊だった私の青春時代はそんな風に過ぎて行った。

 

だいぶ前に、同窓会の名簿で私は彼女が結婚したらしいことを知った。

実家には一度も訪ねて行ったことがないが、高校時代当時に一度だけ匿名で年賀状を出したことがあった。

そんな淡い恋らしきものだった。

 

 

 


試し読みできます

再度、竹下景子さんをマドンナ役に迎えての「男はつらいよ 知床慕情」

まだamazonで半額セールだったので、先日につづいて「男はつらいよ」のDVDを買って鑑賞した。再度、竹下景子さんをマドンナ役に、さらに美保純さん、三船敏郎さんなどの豪華キャストの第38作(1987年夏公開)「知床慕情」である。正直、舞台が知床というところがベタな感は否めなかったが、あいかわらず竹下景子さんは可愛らしく、また今回は先日の32作と比べると彼女のショートヘアスタイルが新鮮な美しさに映る。私は確かに竹下さんが好きだが、特別にファンというほどでもない。そしてこういう言い方はご本人にも女性一般にも失礼だが、逆に言えばこの頃の彼女がいかにチャーミングな女性だったかがこの作を観てもわかる。さらに美保純さんの若さも目立つ。個人的には自分としては、たとえば今の20代の女性は皆同じように見えてあまり魅力を感じないが、それだけこの作品の演出などの良さが際立つと言うべきかもしれない。もちろん、たとえば竹下さんや美保さんが特に個性的な魅力をもった俳優であったのでもあろうと思う。三船敏郎さんに関しては私などが述べるべきことはないだろう。文句の付けようもない。全体として、くどいようだが舞台が知床という点を除けば、男はつらいよの中でもかなりの傑作だと思った。


試し読みできます

ひきこもりこそがサバイバル~情報を遮断することの重要性

2011年の東日本大震災をきっかけに私は思い知った。情報を集めることは馬鹿馬鹿しい。あらゆる情報を遮断することこそ。そしてひきこもることこそがサバイバルだと。私たちはあらゆる情報に翻弄され続けている。ある人は右へ行けと言い、またある人は左へ行けと言い、そして別の人は真中に止まれと言う。私はいかなる情報も信用しない。疑って、情報を遮断しひきこもることこそがサバイバルである。それでもあなたはテレビを見るか?それでもあなたは新聞を読むか?それでもあなたはインターネットにへばりつき続けるか?私は、自分のアイデンティティーをひきこもりであることに徹することにした。ある意味では別に好きでひきこもっているわけではないが、精神病と生まれつきの虚弱体質で、心身ともにほぼ常に疲労困憊状態であることが主な理由である。しかし最大の理由はあらゆる情報が信用できず、情報を集めれば集めるほど、考えれば考えるほど私たちは混乱し、翻弄されるということである。もちろん病気は治療はしているが、いまさら治るとは思っていないし、第1級の障害者手帳を持ち、申し訳ないが障害基礎年金も受給している。これはもうアイデンティティーと言うべき私という人間の姿である。そして、飽きっぽくて怒りっぽいというか短気であるという性分も大切にする。 これはパーソナリティー障害という病気である。もっともこれもまたすぐ飽きるかな?


試し読みできます

徒労

すべてが徒労。生きて在ること自体が徒労。


試し読みできます

哲学的結論

明らかなことは私たちは思考の外に出る必要があるということだ。 問題は私たちにはその勇気がないということなのだ。



読者登録

篠田 将巳 (shinodamasami)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について