目次
私はひきこもりであるというアイデンティティー
ひきこもり生活をさらに快適に
ひきこもりはひとつの個性、生活スタイル
世の中に"自立"している人間なんていない~障害者自立支援法
自分は甘えているのではないかという強迫観念
お金を稼ぐという能力
日本の将来~現在すでに国の体(てい)をなしていない
政治力、権力、マスコミ、発信力、そして「民意」を「操作」すると言われる電通という会社
あえて言いたい、小出氏に対する「人気」について
自分の歳
家族
「治りたいを手放す」~あるラジオ番組への投稿より
短気は損気か?
日本というシステムの再構築~官公庁、国の中枢部などのNPO法人化、未来を見据えて
私はもちろん、大橋巨泉氏や山口瞳氏と同じく非武装中立論者です
私たちが求めているもの
自然であるということ
私が今までに観た「男はつらいよ」の最高傑作「第32作口笛を吹く寅次郎」
匿名の言論は無視しよう!
パーソナリティー障害~おもに私の幼稚さについて
二・二六事件(1936年2月26日~)
資本主義は終わった!!~内橋克人、ラトゥーシュなどに学ぶ
伝統・文化というもの、そして革命
私は愛されている~おとなになるということ
初恋
再度、竹下景子さんをマドンナ役に迎えての「男はつらいよ 知床慕情」
ひきこもりこそがサバイバル~情報を遮断することの重要性
徒労
哲学的結論
ヒヨコちゃんこと峰由樹さんの魅力(文化放送「くにまるジャパン」月曜日など)
ラジオの思い出
人の役割
格好をつけるのはやめよう~思想的流行
仏壇買わなきゃ
懲りないメディア・評論家ー「鳩山イラン事件」に思う、真の国益とは何か
資本主義の結末、それは富の偏在だったー地球は有限であることを知るという哲学
今世紀は水をめぐって戦争が起きる?
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

14 / 38ページ

試し読みできます

日本というシステムの再構築~官公庁、国の中枢部などのNPO法人化、未来を見据えて

私はユーロとEUの破綻とその影響もあっての中国経済バブルの破裂の可能性が高いと前々から思っていたしそう発言してきた。このままのシステムでは、中期的には日本は事実上消滅する国だと個人的には思っている。仮にユーロが破綻しなくても、中国経済の「バブル」が破裂しなくてもだ。一番の理由は出生率の低さと農業などの「自滅」だろう。どれも説明不要のことだろう。それと大きいのは、とっくに多くの方が指摘しているように、要するに良くも悪くも事実上日本という国を動かしてきた官僚機構の崩壊はもうすでに起こっているからであるし、それを政治家でカバーすることはほぼ不可能だと思うからだ。もちろんその背景には官僚や政治家に対する国民の不信感があり、それらは自民党政権時代にすでに始まり起こっていたことであろうと思う。自然災害などはある意味仕方が無い側面も大きいが、戦後続いてきた長期自民党政権も崩壊して再起不能でもあるし、もちろん民主党政権は事実上すでに終わっている。民主党政権や自民党などはもちろん、いわゆる新党などにももう私たちはだまされない。どんなヒーローあるいはヒロインが現れても以上のような事を回避するのは不可能だと思う。今のままの仕組みでは遅くとも10年以内に事実上の無政府状態になるだろうと思う。悲観的に過ぎると言う方も多いかもしれないが私はそのように思う。国家公務員、地方公務員の給与と人件費の違いとか何とか・・・。国会議員の数や歳費をどうするこうするとか?その削減をするとか出来ないとか。そんなことより私は、現在のすべての公務員(特別公務員含む)のNPO職員化を提案したい。つまり、中央官庁や地方の役所など, ひいては国会や裁判所などもすべてNPO法人化しようという提案です。その方がよほどお金がかからないのではないだろうか?というお馬鹿な提案です。そもそもなぜこんなことを言うかと言えば、世界経済の破綻が予想もされるし、何よりそれもあって、そして東日本大震災そして原発事故など、そしてそもそもの政治不信と官僚機構の崩壊があると思うからです。そして少子高齢化問題など。つまりは日本というシステムの崩壊というか機能不全である。もちろんNPO法の改正あるいは新NPO法の制定が必要だろう。

もちろん問題点も多くある。たとえばNPOなどというものは信用できるのか?もちろんそのあたりはきちんと担保されなければならないだろう。しかしそれ以上に現在の国会議員や内閣(政府)などは国民から信用されていないのも確かだ。

突飛で奇異な提案であることは分っているつもりだが、それくらい思い切って一から国づくりをするつもりでの改革が必要だと思う。もちろんこんな提案が多くの方の賛同を得られるとは思わないので、この「NPO化案」のどこをどう直せばいいかなど多くの方々の建設的な批判・提案を期待したい。

現在の公務員と私の言うNPO法人化の根本的な違いは後者は「民間」だということだ。かと言って、いわゆる競争原理が働くとは必ずしも思わないし、またその方がいいとも思わない。私はいわゆる市場原理主義者のつもりはない。しかし現在のお役所と民間とでは職員の意識がまるで違うのではないかと思う。たとえば職員の給与などには税金はまったく使わないという前提だ。自分たちで「稼ぎ出す」のである。ぜいひとも公務員という概念を根本的に変えてしまえないか?という提案だ。
 未来の国づくりを見据えての国民的な建設的な議論を喚起したい。


試し読みできます

私はもちろん、大橋巨泉氏や山口瞳氏と同じく非武装中立論者です

私はもちろん、大橋巨泉氏や山口瞳氏と同じく非武装中立論者です。両氏も言うように、他国が日本に攻めてくることはまずないと思うが、万が一の時には占領されることはもちろん、殺されることももちろん覚悟の上である。 聖書だったか何だか忘れたが「殺すより殺されろ」である。 私は戦争の原因は恐怖心だと思っている。フリージャーナリストの上杉隆氏もまったく同じことを述べていたので、さすがだなあと思った。 たとえばウサマビンラディン氏が首謀者とされていた9.11テロなども彼が米国に対し恐怖を抱いていたからであり、それに反撃した一連の米国による戦争も米国がさらなるテロを恐れていたからだろう。 歴史をよく、そして公平かつ冷静に振り返れば、あらゆる戦争の原因は恐怖という自我の作用であろうと思う。 ゆえに、原始的なことを言えば「私はあなたにとって怖いことはしない」ということを示せば、相手もこちらを攻撃することはまずない。 それは確かにまれにはありうるが、要はこちらが中立で丸腰ならば我が国は安全なのであり、そのまれなことは覚悟はしておくというのが、大橋巨泉氏や山口瞳氏がいっていることなのだろうと思う。 要するに、日本国憲法はそのような精神に基づいて出来たものである。 読んだことのない方はぜひ、日本国憲法前文を素直に読んでみて戴きたいと思う。 【参考】    日本国憲法前文 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。


試し読みできます

私たちが求めているもの

私たちはいったい何を求めているのだろうか?ある人は国家の安全だと言い、ある人はもっとささやかな幸福であると言い、たとえばあるときにはあるいはある人は政治について学び考え主張する。たとえばある人は異性との結婚を夢見て実際にささやかながらも家庭を持ったり。またある人は何かしらの仕事に生きがいを見いだす。しかしそれらの意味するものあるいはところ、それはいったい何だろう。私たちは「要するに」何を求めて生きるのか?時に人はそういった根源的な問いに襲われる。私の心を、つまり思考を観察してみよう。私は明らかに恐怖というものを求めて動いている。一見それは幸福を追求しながら動いているように見えるが、実際には常に恐怖を求めて動いているのだ。それを人は国の安全を、個人の安心を、そして家庭の安寧に向かっているように見えるが、要するに私は恐怖に向かって動いている。恐怖を体験するために政治を語ったり、異性と恋愛をしたりセックスをしたり、好きな映画を観たりして「幸福とは何か?」を考えているが、実際には恐怖を体験するために様々な努力をしている。

つまり真理は恐怖を通して体験できるからではないだろうか?愛は恐怖の中にこそあるのではないだろうか?それを私はなぜか知っている。そして日々何をしているにせよ、結局のところ私は、恐怖を体験し、真理を、愛を見るために生きているように思う。


試し読みできます

自然であるということ

自然であることは非常に難しい。たとえば私たちはこの世に生まれて来たいから生まれたのではないと思う。私たちの人生の最初の最初はきわめて自然なことだったはずだ。つまりこの世に生まれてきたことはきわめて自然なことだった。しかし成長するにつれ私たちは自我というものを獲得し、自分の意思というものを持つようになる。そもそもの始めはそこだろうと思う。これがしたい、あれはしたくない。などなど。大人になっても私たちは自分の意思で生きているようなつもりになっている場合が多い。つまり「自分はこれをするために生きたいから生きているのだ」とか、あるいは「生きづらい。死にたいから死ぬのだ」などの繰り返しでまるで自然ではない。私の心臓は動きたいから動いているわけではない。なぜか不思議なことに自然に動いているのだ。にもかかわらず私は言い続ける。「次はこれをやりたい。」「この学校に入学したい」「こういう仕事がしたい」「この人と結婚したい」。。。。。私たちは自分の意思でしたい物事を決定しそしてそれが出来るかどうかはさまざまだが、時には「運が悪かった」などと嘆いたりあるいはその反対だったり。。

 そもそも人には「すべきこと」などあるのだろうか?私はないと思う。「やりたいこと」「やりたくないこと」はあるだろうが、「すべきこと」「すべきでないこと」などないと思う。つまり、「やりたいこと」「やりたくないこと」が即ち煩悩というものではないだろうか?もし仮に「やりたいこと」「やりたくないこと」がまったくなく、自然に生きることが出来たらどんなに幸福であろうか。あらゆる物事やひとなどに好き嫌いなどもまったくなく何に対しても文句なく自然に生きられたら、それこそが真の自由ではないかと思う。


試し読みできます

私が今までに観た「男はつらいよ」の最高傑作「第32作口笛を吹く寅次郎」

ご存じ「男はつらいよ」シリーズ第32作『口笛を吹く寅次郎』をDVDを買ってはじめて観た。DVDの説明書きによると1983年末の公開作品らしいが、キャストが非常に私好みで大満足。注目のマドンナが失礼な言い方だが、若き日のそれは可憐な絶頂期の竹下景子さんであり、もうひとりこれもまた実に可愛らしい頃の杉田かおるさんも華を添えている。ストーリー展開も見事で、さまざまな解釈があるだろうが、私が観た限りでは寅さんは竹下景子さん演ずる、寅さんが暫し滞在した岡山の寺の娘である朋子さんに例によって一目ぼれ。無理もない。私自身も含めてその頃の竹下景子さんと言えば我々の世代の男性にとっては誰もが惚れこんでしまうほどの絶大なる人気だった。映画の内容に関係なく彼女演ずる朋子さんは見どころであろうと思う。その彼女が東京まで来ての帰りの駅での寅さんとの別れ際のシーンで見せた態度(特に彼女が男の服の袖口をさりげなくつまんで相手を見つめて甘えるような仕草などは「男殺し」の典型であろう)から察しても最後まで相思相愛だったが、結局寅さんがみずから身を引くという実に寅さんらしい見事な展開となっている。 まだ一度しか観ていないのとほかの方の解釈や感想を読んでいないので、あるいは誤解かもしれず、一応の感想としておきたいが、私自身としては今までに観た「男はつらいよ」シリーズの中でも最高傑作だと思った。



読者登録

篠田 将巳 (shinodamasami)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について