目次
私はひきこもりであるというアイデンティティー
ひきこもり生活をさらに快適に
ひきこもりはひとつの個性、生活スタイル
世の中に"自立"している人間なんていない~障害者自立支援法
自分は甘えているのではないかという強迫観念
お金を稼ぐという能力
日本の将来~現在すでに国の体(てい)をなしていない
政治力、権力、マスコミ、発信力、そして「民意」を「操作」すると言われる電通という会社
あえて言いたい、小出氏に対する「人気」について
自分の歳
家族
「治りたいを手放す」~あるラジオ番組への投稿より
短気は損気か?
日本というシステムの再構築~官公庁、国の中枢部などのNPO法人化、未来を見据えて
私はもちろん、大橋巨泉氏や山口瞳氏と同じく非武装中立論者です
私たちが求めているもの
自然であるということ
私が今までに観た「男はつらいよ」の最高傑作「第32作口笛を吹く寅次郎」
匿名の言論は無視しよう!
パーソナリティー障害~おもに私の幼稚さについて
二・二六事件(1936年2月26日~)
資本主義は終わった!!~内橋克人、ラトゥーシュなどに学ぶ
伝統・文化というもの、そして革命
私は愛されている~おとなになるということ
初恋
再度、竹下景子さんをマドンナ役に迎えての「男はつらいよ 知床慕情」
ひきこもりこそがサバイバル~情報を遮断することの重要性
徒労
哲学的結論
ヒヨコちゃんこと峰由樹さんの魅力(文化放送「くにまるジャパン」月曜日など)
ラジオの思い出
人の役割
格好をつけるのはやめよう~思想的流行
仏壇買わなきゃ
懲りないメディア・評論家ー「鳩山イラン事件」に思う、真の国益とは何か
資本主義の結末、それは富の偏在だったー地球は有限であることを知るという哲学
今世紀は水をめぐって戦争が起きる?
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

10 / 38ページ

試し読みできます

自分の歳

自分の年齢なんてどうでもいいことと思うが、私は時々、いやしょっちゅう自分の歳が分らなくなる。大体において肉体年齢は非常に老化していて不自由だ。異常にというか常に疲労困憊でほとんどまったく歩けもしないし、歯もボロボロだし眼の悪さもひどいし、内臓は循環器系が特に、いつ発作が起きて死んでもおかしくない。しかし特にまだ健在でいてくれる両親の前においては精神年齢はまるで反抗期の少年のようである。経済的に自立できていないのは障害があるのを差し引くにしても、非常に幼稚である。おおむね威張り散らして両親を困らせている。まるで歳とともに逆行していくようにすら感じる。

何十年前の大昔の思春期、あるいは青年時代の夢でうなされることがよくある。大抵は学校の勉強や試験が出来なくて苦しんでいる夢や、好きだった女の子の夢である。

いずれにしてもそれらのすべてを含めてが私の病気であり障害であるし、私という人間であるような気がする。


試し読みできます

家族

私は妹を腹黒い奴だと思っている。そして妹は私を腹黒い奴だと思っている。私たちはそういう兄妹である。私たちはそのように不幸だった。そして不孝だった。今のところ健在である年老いた両親も同じようなものだった。要するに私たち家族は誰も愛というものを知らなかったのである。


試し読みできます

「治りたいを手放す」~あるラジオ番組への投稿より

皆様こんにちは。ご苦労様です。


ところでtwitterで偶然出会った素晴らしい言葉。
ここんとこ ずうっと びょうき 。 「なおらなきゃ」 を てばなそう 。」


自分もずっと病気なので、どうしても「なおらなきゃ」というか、
「少しでも楽になりたい」と思い詰めていた時でしたので、
何だか泣けてきました。
自分の場合は40年近く精神障害で、何度も入院したことありますし、
親不孝ばかりしています。
いまさら治るとは思っておりませんが、少しでも楽になりたいと、
お恥ずかしいですが正直、年老いた両親に当たったりすることがいまだにあります。
「楽になりたいと思っちゃあだめだ」とは言わないまでも、楽になりたいという気持ちを「てばな」すって、
そう簡単に出来ることではないと思います。
twitterで、こんな「言葉との出会い」もあるんですねえ。


ではまた。


ラジオネーム 暇人


試し読みできます

短気は損気か?

自分が「短気は損気」の口だから少し検索してみた。自分としては、自分が損をするのはどうでもいいが他人に迷惑ばかりかけてはなあ?と思っていたからだ。そしてあくまでも「大抵」はだが、頭の回転がいい人って大体において気が短いなあと、人を観察していて思っていた。いやそれは言いすぎか?ではこれはどうだ。「早口の有名人って大抵頭の回転がはやいよなあ。」これはあっているだろう。まあいずれにしても、出てくる「答え」はと言えば、ほぼというか私が見た限りでは完全に全部が、短気は悪いという当たり前の前提に立ったものばかり。だってこっちは、短気だから悩んでいるのである。それを頭っからというかすべての人から否定されたって、治らないものは治らないのである。なぜならって、私は短気な性分なのだから。もしその逆に「暢気は損気」ということわざが仮にあったら?と同じことである。短気だろうが暢気だろうがその中間だろうが、性分などというものはその人それぞれの個性なのだから、そんなものに良い悪いはないのだ。せいぜい私は得意の例のセリフを言うしかない。物事は良くも悪くもない。ただそこにあるだけだ、とね。


試し読みできます

日本というシステムの再構築~官公庁、国の中枢部などのNPO法人化、未来を見据えて

私はユーロとEUの破綻とその影響もあっての中国経済バブルの破裂の可能性が高いと前々から思っていたしそう発言してきた。このままのシステムでは、中期的には日本は事実上消滅する国だと個人的には思っている。仮にユーロが破綻しなくても、中国経済の「バブル」が破裂しなくてもだ。一番の理由は出生率の低さと農業などの「自滅」だろう。どれも説明不要のことだろう。それと大きいのは、とっくに多くの方が指摘しているように、要するに良くも悪くも事実上日本という国を動かしてきた官僚機構の崩壊はもうすでに起こっているからであるし、それを政治家でカバーすることはほぼ不可能だと思うからだ。もちろんその背景には官僚や政治家に対する国民の不信感があり、それらは自民党政権時代にすでに始まり起こっていたことであろうと思う。自然災害などはある意味仕方が無い側面も大きいが、戦後続いてきた長期自民党政権も崩壊して再起不能でもあるし、もちろん民主党政権は事実上すでに終わっている。民主党政権や自民党などはもちろん、いわゆる新党などにももう私たちはだまされない。どんなヒーローあるいはヒロインが現れても以上のような事を回避するのは不可能だと思う。今のままの仕組みでは遅くとも10年以内に事実上の無政府状態になるだろうと思う。悲観的に過ぎると言う方も多いかもしれないが私はそのように思う。国家公務員、地方公務員の給与と人件費の違いとか何とか・・・。国会議員の数や歳費をどうするこうするとか?その削減をするとか出来ないとか。そんなことより私は、現在のすべての公務員(特別公務員含む)のNPO職員化を提案したい。つまり、中央官庁や地方の役所など, ひいては国会や裁判所などもすべてNPO法人化しようという提案です。その方がよほどお金がかからないのではないだろうか?というお馬鹿な提案です。そもそもなぜこんなことを言うかと言えば、世界経済の破綻が予想もされるし、何よりそれもあって、そして東日本大震災そして原発事故など、そしてそもそもの政治不信と官僚機構の崩壊があると思うからです。そして少子高齢化問題など。つまりは日本というシステムの崩壊というか機能不全である。もちろんNPO法の改正あるいは新NPO法の制定が必要だろう。

もちろん問題点も多くある。たとえばNPOなどというものは信用できるのか?もちろんそのあたりはきちんと担保されなければならないだろう。しかしそれ以上に現在の国会議員や内閣(政府)などは国民から信用されていないのも確かだ。

突飛で奇異な提案であることは分っているつもりだが、それくらい思い切って一から国づくりをするつもりでの改革が必要だと思う。もちろんこんな提案が多くの方の賛同を得られるとは思わないので、この「NPO化案」のどこをどう直せばいいかなど多くの方々の建設的な批判・提案を期待したい。

現在の公務員と私の言うNPO法人化の根本的な違いは後者は「民間」だということだ。かと言って、いわゆる競争原理が働くとは必ずしも思わないし、またその方がいいとも思わない。私はいわゆる市場原理主義者のつもりはない。しかし現在のお役所と民間とでは職員の意識がまるで違うのではないかと思う。たとえば職員の給与などには税金はまったく使わないという前提だ。自分たちで「稼ぎ出す」のである。ぜいひとも公務員という概念を根本的に変えてしまえないか?という提案だ。
 未来の国づくりを見据えての国民的な建設的な議論を喚起したい。



読者登録

篠田 将巳 (shinodamasami)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について