目次
私はひきこもりであるというアイデンティティー
ひきこもり生活をさらに快適に
ひきこもりはひとつの個性、生活スタイル
世の中に"自立"している人間なんていない~障害者自立支援法
自分は甘えているのではないかという強迫観念
お金を稼ぐという能力
日本の将来~現在すでに国の体(てい)をなしていない
政治力、権力、マスコミ、発信力、そして「民意」を「操作」すると言われる電通という会社
あえて言いたい、小出氏に対する「人気」について
自分の歳
家族
「治りたいを手放す」~あるラジオ番組への投稿より
短気は損気か?
日本というシステムの再構築~官公庁、国の中枢部などのNPO法人化、未来を見据えて
私はもちろん、大橋巨泉氏や山口瞳氏と同じく非武装中立論者です
私たちが求めているもの
自然であるということ
私が今までに観た「男はつらいよ」の最高傑作「第32作口笛を吹く寅次郎」
匿名の言論は無視しよう!
パーソナリティー障害~おもに私の幼稚さについて
二・二六事件(1936年2月26日~)
資本主義は終わった!!~内橋克人、ラトゥーシュなどに学ぶ
伝統・文化というもの、そして革命
私は愛されている~おとなになるということ
初恋
再度、竹下景子さんをマドンナ役に迎えての「男はつらいよ 知床慕情」
ひきこもりこそがサバイバル~情報を遮断することの重要性
徒労
哲学的結論
ヒヨコちゃんこと峰由樹さんの魅力(文化放送「くにまるジャパン」月曜日など)
ラジオの思い出
人の役割
格好をつけるのはやめよう~思想的流行
仏壇買わなきゃ
懲りないメディア・評論家ー「鳩山イラン事件」に思う、真の国益とは何か
資本主義の結末、それは富の偏在だったー地球は有限であることを知るという哲学
今世紀は水をめぐって戦争が起きる?
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

8 / 38ページ

試し読みできます

政治力、権力、マスコミ、発信力、そして「民意」を「操作」すると言われる電通という会社

発信力とは宣伝力であるが、人はなぜ発信力すなわち宣伝力を持ちたがるかと言えば、それは政治力を持ちたいから、つまり権力欲ゆえということになる。つまり世界を自分の思いどおりに動かしたいという極めて分りやすい欲望である。 そしてもちろん宣伝に最も有効な手段と言えばまずマスコミである。 twitterやブログ、facebookなどが盛んになっているとは言え、まだまだテレビ・新聞などの方が影響力は大きいだろう。 そしてマスコミの力、それは電通という会社になるのだが、それに関しては下記が分りやすい。

http://www.sayuu.net/blog/2011/06/002006.html


試し読みできます

あえて言いたい、小出氏に対する「人気」について

 

まずお断りしておきたいのは、私「も」震災後急に「非」原発、具体的に言うと、世界中の原子力発電所はすべて即時停止すべきだと思い始めた口である。理由は、地震はそうでもないが(日本は別)使用済み核燃料の処理方法が、少なくとも今のところないと言うべきだと知ったからで、もともと生涯でガンになる「確率」が50%、しかも自分がヘビースモーカーであるという立場を考慮して、今回の震災によってそれらが急激に上がるとは思えないが、それにしても「非常に危険である状態」が数万年も続くと知ったため。恥ずかしいが要するに自分の不勉強のため、急にそう思い知ったからであり、それ以上のものではない。 たとえば京大の小出氏の、あえて言うが「怖すぎる」説などを信じる気にはなれない。と言うか、正直に言えば自分の年齢などから言って、自分は無関係だという極めて不誠実な思いがある。 たとえば自分の場合、精神障害もあり恐らく放射能にやられるより早く、ストレスや栄養失調の方が怖いと思う。 そこで敢えて指摘しておきたいことが少しある。それは次のような「現象」である。  

               *

  まったくおかしなと言うか「怪奇現象」と言ってもいいほどの人々の情報に対する現象が起きている。それは京大の小出氏の言動に対する人気度だ。私が見ている情報では小出氏の言うことを急に信用しだした人が圧倒的に多い。と言うか急激に増えた。政治で言えばいわゆる「ポピュリズム」に似た現象だ。人は実に勝手なものだ。事故が起きる前と後で比べて、小出氏の信用度は天と地ほどの差がある。何を根拠に多くの人が急に彼の言うことを「妄信」し始めたのか私にはさっぱり分らない。私は彼の言うことを鵜呑みにするつもりは毛頭ない。東電や政府あるいはそれよりの専門家の言うことと彼の言うこと。どちらも疑うべきだと思う

 


試し読みできます

自分の歳

自分の年齢なんてどうでもいいことと思うが、私は時々、いやしょっちゅう自分の歳が分らなくなる。大体において肉体年齢は非常に老化していて不自由だ。異常にというか常に疲労困憊でほとんどまったく歩けもしないし、歯もボロボロだし眼の悪さもひどいし、内臓は循環器系が特に、いつ発作が起きて死んでもおかしくない。しかし特にまだ健在でいてくれる両親の前においては精神年齢はまるで反抗期の少年のようである。経済的に自立できていないのは障害があるのを差し引くにしても、非常に幼稚である。おおむね威張り散らして両親を困らせている。まるで歳とともに逆行していくようにすら感じる。

何十年前の大昔の思春期、あるいは青年時代の夢でうなされることがよくある。大抵は学校の勉強や試験が出来なくて苦しんでいる夢や、好きだった女の子の夢である。

いずれにしてもそれらのすべてを含めてが私の病気であり障害であるし、私という人間であるような気がする。


試し読みできます

家族

私は妹を腹黒い奴だと思っている。そして妹は私を腹黒い奴だと思っている。私たちはそういう兄妹である。私たちはそのように不幸だった。そして不孝だった。今のところ健在である年老いた両親も同じようなものだった。要するに私たち家族は誰も愛というものを知らなかったのである。


試し読みできます

「治りたいを手放す」~あるラジオ番組への投稿より

皆様こんにちは。ご苦労様です。


ところでtwitterで偶然出会った素晴らしい言葉。
ここんとこ ずうっと びょうき 。 「なおらなきゃ」 を てばなそう 。」


自分もずっと病気なので、どうしても「なおらなきゃ」というか、
「少しでも楽になりたい」と思い詰めていた時でしたので、
何だか泣けてきました。
自分の場合は40年近く精神障害で、何度も入院したことありますし、
親不孝ばかりしています。
いまさら治るとは思っておりませんが、少しでも楽になりたいと、
お恥ずかしいですが正直、年老いた両親に当たったりすることがいまだにあります。
「楽になりたいと思っちゃあだめだ」とは言わないまでも、楽になりたいという気持ちを「てばな」すって、
そう簡単に出来ることではないと思います。
twitterで、こんな「言葉との出会い」もあるんですねえ。


ではまた。


ラジオネーム 暇人



読者登録

篠田 将巳 (shinodamasami)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について