目次
私はひきこもりであるというアイデンティティー
ひきこもり生活をさらに快適に
ひきこもりはひとつの個性、生活スタイル
世の中に"自立"している人間なんていない~障害者自立支援法
自分は甘えているのではないかという強迫観念
お金を稼ぐという能力
日本の将来~現在すでに国の体(てい)をなしていない
政治力、権力、マスコミ、発信力、そして「民意」を「操作」すると言われる電通という会社
あえて言いたい、小出氏に対する「人気」について
自分の歳
家族
「治りたいを手放す」~あるラジオ番組への投稿より
短気は損気か?
日本というシステムの再構築~官公庁、国の中枢部などのNPO法人化、未来を見据えて
私はもちろん、大橋巨泉氏や山口瞳氏と同じく非武装中立論者です
私たちが求めているもの
自然であるということ
私が今までに観た「男はつらいよ」の最高傑作「第32作口笛を吹く寅次郎」
匿名の言論は無視しよう!
パーソナリティー障害~おもに私の幼稚さについて
二・二六事件(1936年2月26日~)
資本主義は終わった!!~内橋克人、ラトゥーシュなどに学ぶ
伝統・文化というもの、そして革命
私は愛されている~おとなになるということ
初恋
再度、竹下景子さんをマドンナ役に迎えての「男はつらいよ 知床慕情」
ひきこもりこそがサバイバル~情報を遮断することの重要性
徒労
哲学的結論
ヒヨコちゃんこと峰由樹さんの魅力(文化放送「くにまるジャパン」月曜日など)
ラジオの思い出
人の役割
格好をつけるのはやめよう~思想的流行
仏壇買わなきゃ
懲りないメディア・評論家ー「鳩山イラン事件」に思う、真の国益とは何か
資本主義の結末、それは富の偏在だったー地球は有限であることを知るという哲学
今世紀は水をめぐって戦争が起きる?
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

4 / 38ページ

試し読みできます

世の中に"自立"している人間なんていない~障害者自立支援法

お断りするが私は屁理屈を言うのが特技である。

 

まあ病人の戯言と受け取って戴いても一向に構わないが、

 

そもそも世の中に"自立"している人間なんて存在しないというのが私の持論である。

 

ぜひとも想像力を働かせて戴きたいと思う。

 

人は必ず誰かの力を借りて、つまり助け合いながら生きているものである。

 

コメ一粒食べるにしたって、どれだけの人から助けて戴いているか。

 

水一杯飲むのだって何人の人の助けで飲んでいるか。

 

それが生きるということだ。

 

当り前のことだと私は思う。

 

そして障害者自立支援法という法律がある。

 

自民党政権時代に出来た法律である。

 

これはひとことで言うと「自立する気のない障害者は助けてやらないぞ」という法律である。

 

何というか、いわゆる上から目線というやつで欠陥法であると悪名が高い。

 

「分った。あんたらの言いたいことは分ったよ。いつものことだろ」

 

百歩譲って「私は一人の障害者として自立できるよう努力します」と言っておこう。

 

それにしても、なのである。

 

たとえば精神障害者の場合、一般的に障害者手帳の有効期限は2年間しかない。

 

そして自立支援法による医療費の補助などを受けるためには毎年毎年

 

煩雑な手続きをしなければならない。

 

この大変さを分って戴けるであろうか?

 

断わっておくが、威張るつもりなどさらさらない。

 

しかし例によって日本の官僚および政治家が作ったこのシステムはいったい何なのか?

 

はっきり言わせて戴ければ「支援」どころか「いじめ」である。

 

 

 

このような馬鹿馬鹿しいことをいい加減やめて戴きたいと切に思う。

 

 

 

 

 

 


試し読みできます

自分は甘えているのではないかという強迫観念

少し専門用語とは違うかもしれないが、

 

私には「自分は甘えているのではないか?」という脅迫観念が常にある。

 

いつもそう思いながら疑いながら生きていると言っても過言ではない。

 

たとえば親に、たとえば世間に、たとえば主治医になどなど。

 

そしていつも思い当たる結論は

 

「誰だって何かに誰かに甘えているではないか」という自己正当化である。

 

「甘え」と言って言いすぎなら「依存」だ。

 

 

生きるということは相互依存である。

 

社会というものは相互に依存しあうことによって成り立ち、

 

そして動いているものだ。

 

私が今まで生きてきて思うことは、

 

至る結論はいつもそこだ。

 

もちろん言い方によっては「生には結論などない」と言うことができるが、

 

それはまた別の問題であろうと思う。

 

 

 

 


試し読みできます

お金を稼ぐという能力

以前にも書いたかもしれないがどういうわけか私自身にはさっぱり分らないのだが、私にはお金を稼ぐという能力がない。心身ともに虚弱で病気で働けないのは分るが、たとえばそれでも在宅でも何でも、何かしらありそうなものだが。

もちろん今までの人生で実にさまざまなことに挑戦したが、どれもうまく行かなかった。そのうちに私は、完全にあきらめた。たとえばこの手の本にしても、無料だとそれなりに読んで戴いているようなのだが、有料にすると途端にまったく売れない。ほかにできることと言えば競馬くらいだが、もちろんギャンブルなどでお金は稼げないのは言うまでもない。唯一の私の収入は障害基礎年金と障害者扶養年金で合計で「年収」約130万円だから、健康で働いている人の最低くらいの収入はあるのである。ところが私はとにかく暇なのと買い物依存症などで、結局のところ全財産今日現在2万円。と言うか、なぜか正直に申告しても作れてしまったクレジットカードの借金が約6万円くらいはあるので実際にはマイナスである。

次の年金支給日は2月15日の見込みである。

やれやれ。


試し読みできます

日本の将来~現在すでに国の体(てい)をなしていない

極論かもしれませんが、
と言うか「それを言ったらお終いよ」だと思いますが、
出生率の低さや農業人口の高齢化、
官僚機構の崩壊や政治に対する不信感、
さらに今回の震災・原発事故などを考えれば、
日本の将来に希望など持てるはずがありません。
今更TPPも何もどうなろうと同じようなものだと個人的には思っています。
私はすでに日本は事実上の無政府状態だと思っております。
 
 

試し読みできます

政治力、権力、マスコミ、発信力、そして「民意」を「操作」すると言われる電通という会社

発信力とは宣伝力であるが、人はなぜ発信力すなわち宣伝力を持ちたがるかと言えば、それは政治力を持ちたいから、つまり権力欲ゆえということになる。つまり世界を自分の思いどおりに動かしたいという極めて分りやすい欲望である。 そしてもちろん宣伝に最も有効な手段と言えばまずマスコミである。 twitterやブログ、facebookなどが盛んになっているとは言え、まだまだテレビ・新聞などの方が影響力は大きいだろう。 そしてマスコミの力、それは電通という会社になるのだが、それに関しては下記が分りやすい。

http://www.sayuu.net/blog/2011/06/002006.html



読者登録

篠田 将巳 (shinodamasami)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について