目次
私はひきこもりであるというアイデンティティー
ひきこもり生活をさらに快適に
ひきこもりはひとつの個性、生活スタイル
世の中に"自立"している人間なんていない~障害者自立支援法
自分は甘えているのではないかという強迫観念
お金を稼ぐという能力
日本の将来~現在すでに国の体(てい)をなしていない
政治力、権力、マスコミ、発信力、そして「民意」を「操作」すると言われる電通という会社
あえて言いたい、小出氏に対する「人気」について
自分の歳
家族
「治りたいを手放す」~あるラジオ番組への投稿より
短気は損気か?
日本というシステムの再構築~官公庁、国の中枢部などのNPO法人化、未来を見据えて
私はもちろん、大橋巨泉氏や山口瞳氏と同じく非武装中立論者です
私たちが求めているもの
自然であるということ
私が今までに観た「男はつらいよ」の最高傑作「第32作口笛を吹く寅次郎」
匿名の言論は無視しよう!
パーソナリティー障害~おもに私の幼稚さについて
二・二六事件(1936年2月26日~)
資本主義は終わった!!~内橋克人、ラトゥーシュなどに学ぶ
伝統・文化というもの、そして革命
私は愛されている~おとなになるということ
初恋
再度、竹下景子さんをマドンナ役に迎えての「男はつらいよ 知床慕情」
ひきこもりこそがサバイバル~情報を遮断することの重要性
徒労
哲学的結論
ヒヨコちゃんこと峰由樹さんの魅力(文化放送「くにまるジャパン」月曜日など)
ラジオの思い出
人の役割
格好をつけるのはやめよう~思想的流行
仏壇買わなきゃ
懲りないメディア・評論家ー「鳩山イラン事件」に思う、真の国益とは何か
資本主義の結末、それは富の偏在だったー地球は有限であることを知るという哲学
今世紀は水をめぐって戦争が起きる?
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

33 / 38ページ

試し読みできます

格好をつけるのはやめよう~思想的流行

何々はもう古いとかそういう思想は考え方は時代錯誤だとか、今は何々の時代だとか、要するに学問的流行を追いかけているバカが多い。古いも新しいもない。人はいつの時代も、そしていくつになっても、生きそして死ぬ、それだけのことだ。格好をつけるのはやめよう。誰もがただの人だ。


試し読みできます

仏壇買わなきゃ

父親(78)が元々糖尿病なのですが、その薬の副作用で低血糖状態になり救急搬送。
一時的に意識があやしくなったらしいのですが、その約1週間の入院生活から帰宅するなり妙な咳込み。
もう一週間もとまらなくこれは普通じゃないと思い、昨夜急きょ病院へ。
今度は入院するほどでもなかったのですが、何しろ歳ですので、
ニュースなどでもよく有名人が70代で肺炎で亡くなったりするのでそれなりに心配しておりますが、
うちの家族で初の仏様が出るかな?
 
もちろん本当の話です。

試し読みできます

懲りないメディア・評論家ー「鳩山イラン事件」に思う、真の国益とは何か

いわゆる鳩山由紀夫氏のイラン訪問をめぐって、懲りないメディア、評論家連中がまたもや一斉に彼を叩いている。いわく「国益を損ねた。」と。しかし真の国益とはその国の国民が信頼・尊敬されることである。世界中の人々が思ったかもしれない。「日本人というのは喜んで損のできる国民なのだ」と。それは多くの日本のメディア、評論家連中の言うこととは逆に、日本人がまたもや密かに世界の心ある人々から尊敬、信頼されたかもしれない。そういうことを政治・メディア用語では「国益を損ねた」あるいは「世界中の笑いものになった」と言うのだ。私は常々鳩山由紀夫氏の人間性を以前から買っている。真の意味で人々から尊敬され信頼されるような人間性である。もちろんそういう心ある人は少ないだろう。だからこそ一見「国益を損ねた」と評されるのである。一般論としてあなたは外国人から優しく親切にされるより銃を突きつけられる方を好むだろうか。私たちは東日本大震災で学んだはずだ。世界の多くの人々が支援してくれた。人は表面的な多くの「得」を狙っている人から「尊敬」「信頼」されるより、たとえ少数であっても心ある人々から信頼される方がいい。私は彼のような美しい人間性を持ち、真の意味で「国益」を勝ち取る政治家は貴重な存在だと思う。
試し読みできます

資本主義の結末、それは富の偏在だったー地球は有限であることを知るという哲学

ある意味資本主義という哲学の時代は終わった。

その結末は要するに富の偏在であった。

グローバリズムの目的は世界の平準化であったはずなのだが、

資本主義の結末、つまり経済のグローバリズムがもたらしたものはその逆の経済の二極化であった。

そして大量生産大量消費の時代でもあった。

ある意味共産主義などの「敵」が居ない一人相撲の結果勝手に「負けて」しまったのである。

その主な原因は私たちは地球がさまざまな意味で有限なのにも関わらず、

どこまでも無限に経済などが成長出来ると思い込んでいたということではないだろうか。

しかしどうも政治家、ことのほかTPP参加派の政治家などは いまさらのように右肩上がりの経済成長の時代に見切りをつけられないようだ。 何の幻想を追い続けているのか? もちろん昔を忘れられないのは理解できる。 しかし少なくとも政治家たるものは未来を見据えなければいけない。 もうとうに経済成長や経済のグローバリゼーションの時代は終わったのである。 そんなことも認識できない人間は今すぐ政治家をやめるべきである。 たとえばの話、 人口減少や高齢化が今すぐに止められなければ、 もう経済成長など夢見るべきでない。それはもう手遅れだ。

重要なことはたとえば人口爆発などによる食糧やエネルギーの限界を知ることであり、

そしてもっとコンパクトな自給圏などの経済地域的概念を導入することではないのか。

TPPは米による事実上"古い"資本主義復権を狙ったものに過ぎない。 今や脱原発も含めて新しい「哲学の大転換」の時だ。
参考 NHK クローズアップ現代~FEC自給圏(内橋克人氏)

“自給力”

 ~食とエネルギーを自給する暮らしの可能性~

http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=3108&html=2

経済の成長は人を幸せにしない 経済哲学者・ラトゥーシュ氏に聞く


試し読みできます

今世紀は水をめぐって戦争が起きる?

世界の水問題って要するに水が足りないということ??

今、国際的に水の不足の問題が話題になっている。
たとえば一部では、北海道の原野の土地を外国資本が密かに買っているといううわさもあるようだ。もちろんその狙いは地下にある広大な水資源にあるらしいといううわさだ。

元はと言えば、特に20世紀に入って顕著になったいわゆる人口爆発に伴う食糧不足問題だったが、たとえばその食料自給率が低い日本などでは、原料も含めて多くの食糧を輸入に頼っていることが問題になる。
最近になって、ミドリムシ(ユーグレナ)というものが発見され、その大量培養に世界ではじめて東京大学とあるベンチャー企業が共同で成功したので食糧不足の救世主のように言われているが、いずれにしても食料を生産するには思いのほか大量の水が必要なのである。
つまり、農業用水は言うまでもないが、飼料や肥料を生産するために必要な水、あるいは流通過程などにおいて必要な水などなど。それを生産するために必要な水の量は驚くほど多量なのである。
農業製品をはじめ、その2次製品、あるいは工業製品など、食糧関連のものを生産するにはその何倍の重さもの水が必要なのだ。

で、ここへ来て世界の水不足問題 は途上国を中心に深刻になっている。一説には、今世紀の半ば頃には水を巡って戦争が起こるだろうとも言われている。20世紀は石油を巡る戦争であったが、今後は水を巡る戦争になるというわけだ。

私が持ち合わせている知識はこの程度なので、より詳しくお分りの方、ミドリムシも含めて、誰にでも分るように教えてください。よろしくお願い申し上げます。



読者登録

篠田 将巳 (shinodamasami)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について