twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション その他 作者 山名 愛子
価格 100円(税込)
タグ いじめ隠す家族不自由障害転校差別家庭家族の灯り夫婦会話
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

0 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 62ページ (Web閲覧)
63ページ (PDF)
試し読み:4ページ
評判
  • 0(平均0 / 0人)
ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
小学三年生になった娘の由里のクラスに手足に障害を持つ直美ちゃんが転校してきたことがきっかけで、由里は家に帰ってからも良く直美ちゃんの話をするようになった。手足の不自由な直美ちゃんの為に、階段の昇り降りを手伝っているらしい。そしてその度に直美ちゃんが「ありがとう」と言ってくれるのが嬉しいようであった。そのようなある日、由里は「ありがとう」は私も言っていると告げてきたのである。階段の昇り降りを手伝っている由里が手伝って貰っている直美ちゃんに「ありがとう」を言っていることに理解が出来ず混乱している私に、さらに由里は、直美ちゃんの目は意地悪をしない目、魔法の目だと説明してくれるのだが、やはり私には理解できないでいた。ところがその中で、今まで上靴や体操服など色々な物が隠されるという「いじめ」を受けていたが、直美ちゃんが転校してきてそれが無くなったとも告げられたのであった。しかし・・・・・・・・

 一向に収まらない学校での「いじめ・差別」に憤りを感じながら、いじめや差別に負けない強い子を育てること、そしてその為には温かく絶えず家族の明かりが灯っている家庭、夫婦の会話がある土台のしっかりした家庭を築いて欲しいと願ってやみません。

この本には試し読みが 4 ページあります

試し読みを開く

旧バージョンで読みたい方はこちら 

パブーのおすすめ

この本を開く

方子さんはどうしようもない方向音痴です。名前が悪かったのでしょうか。当人は至ってお気楽なのですが、周...

この本を開く

平成時代に台湾に住んでいたからこそ縁があって知り合えた人たちによる文集です。皆さんから台湾に対する思...
100円
泣き虫ボッチ2 第十二歩目「小さなお姫様」

この本を開く

甘やかされて育った糖尿病のジェンヌちゃん。食事制限もお注射も、ジェンヌちゃんがイヤなことは一切したく...
300円
こんなことできるよ2010

この本を開く

仮説実験授業研究会会員によるたのしい授業カタログin特別支援教育。特別支援学級・特別支援学校で実践で...

この本を開く

人は神さまに逆らって色のついた羊を造りはじめる。やがて色の付いた羊はふえて、普通になり、名前も変わっ...

もっとみる