閉じる


「一円の公案」

試し読みできます

公案とは何か

 覚りに向けた修行として間違いなく役立つものの一つに、観(=止観)がある。観を完成させたとき、同時に人は心解脱を完成させるからである。

 ただし、観は人によっては難しい修行方法である。何をどうしてよいか、まるで見当がつかない人もあるだろうからである。そこで、公案を援用する方法が考え出された。

 公案が考え出され、一定の成立を見たとき、実はそれは勘違いによるものであった。黎明期の公案は、仏と目される師の振る舞いを公案化し、その真意を問うた。そして、その問いに正しく答えることができる者は、師と全く同じ境地に立ったと認められるゆえに、公案を解くことすなわち覚りだと考えられたのである。

 しかしながら、そのような公案を提示した師が、実は覚りに達していなかった。その時代、その地域において仏が出現しなかったので、そのことが誰にも判断できず、また公案を提示した者が自分は覚っていたと見なし、勘違いしていたゆえに、いわば偽の公案が千年以上にわたって世を席巻する結果となったのである。

 ところが、そのようないわば誤った経緯があるにも関わらず、驚くべきことに最終的に到達した地点においては素晴らしい公案が案出・提示された。その一つが、(久松真一氏の)基本的公案である。この公案は、間違いなく真の意味の公案であり、解ければ心解脱の完成を見ることは間違いない。

 さて、この(久松真一氏の)基本的公案に限り、しかもこの公案が観(=止観)の代替として為し遂げられた場合に限り、公案は観の一方法と位置づけられ、この公案は公案として成立することになる。そうでない場合には、基本的公案といえども公案としては成立しない。これは、久松真一氏が慧解脱していなかった(つまり仏ではなかった)ことによる誤謬と混乱であるが、それでも言葉としてつくり出された基本的公案自体は素晴らしい成果である。

 くり返し言うが、公案はある程度まで観の代用品となるものであるが、代用品はどこまで行っても代用品に過ぎない。したがって、公案で覚りに近づくことができるなどと安直に考えてはならない。たとえば、精神統一をしたいのに、精神集中で代用するようなものである。円を描きたいのに、多角形で代用するようなものである。これは、本来まるで本質を欠いた行為なのである。


 ただ、公案を解く過程においてそれが観になる場合があるということである。公案が観に化けたのではない。公案を解いているつもりで、実は観を実践してしまったということである。この場合に限り、公案は観を援用するものとして働いたと認められる。たとえば、書き方の練習をしていたら、それが臨書になったようなものである。

 このようなことが起こるのは、取り組んだ公案がまるで曖昧な表現を持ち、しかもより本質的なことを提示しているからである。

 「一円の公案」は、これらの事情をすべて勘案し、意図して、作ったものである。それゆえに、この公案に取り組む人は、公案を解いているつもりで自然と観(=止観)を為すことができる。こころある人は、挑戦して欲しい。たとえ通過するに至らなくても、それは決して無駄な修行にはならないであろう。少なくとも、言葉がもつ不可思議に触れることができるであろうからである。

試し読みできます

「一円の公案」の提示

一円の公案:

  『もし人にお金を与えるならば、一円が最もすぐれている。これはなぜであるか?

ヒントは無し

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格480円(税込)
『覚りの境地』 』 『 『感興句』 』 『 『観』 』 『 『功徳』 』 『 『信仰』 』 『 『解脱(げだつ)』 』 『 『仏道の真実』 』 を購入した方は 200円(税込)

公案通過の認定

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格480円(税込)
『覚りの境地』 』 『 『感興句』 』 『 『観』 』 『 『功徳』 』 『 『信仰』 』 『 『解脱(げだつ)』 』 『 『仏道の真実』 』 を購入した方は 200円(税込)