目次
目次
page 1
CONTENTS
ゴールデンウィーク弾丸バックパッカー
page 1
page 2
page 3
page 4
テーマ「旅で気づいた幸福論」
page 1
ブータンで気づいた『幸せ』
光のギリシャ
幸福論(前編)
カオサン通りのB-BOYたち
旅先の変な日本語
page 1
page 2
page 3
Brali Biz 「旅」×「ビジネス」 
page 1
Brali Biz 「旅」×「ビジネス」 
旅で使えるスマホアプリ
旅で使えるスマホアプリ
情熱さえあれば不可能なことはない
page 1
情熱さえあれば不可能なことはない(最終章)
Chibirockの旅はくせもの
Chibirockの旅はくせもの
HANGOVER in the WORLD
HANGOVER in the WORLD(キューバの酒)
旅人からの伝言 「特集 ヨーロッパ」
page 1
ヨーロッパの秘境バルカン半島
プラハのサンタクロース
トホホな話
トホホな話
一本の糸で世界をつなぐチャリの旅
一本の糸で世界をつなぐチャリの旅
自炊派の手料理
自炊派の手料理「鶏肉の親子炒め」
エッセイたびたべ
エッセイたびたべ
アジア漂流日記
アジア漂流日記(創刊号の特集アジアからのスピンアウト企画)
アジア漂流日記(創刊号の特集アジアからのスピンアウト企画)
アジア漂流日記(創刊号の特集アジアからのスピンアウト企画)
世界の標識・アイコンコレクション
page 1
page 2
作者・情報提供者一覧
作者・情報提供者一覧(Bralist)
編集後記
編集後記
次号予告
次号予告(2012年4月25日発行予定)
記事募集
page 1
奥付
奥付

閉じる


トホホな話

トホホな話

今だから笑える、本当にあった
トホホな話

旅をしていると、日本ではとてもありえない事に遭遇したりする。
そして、時に泣き、怒り、落胆し、呆然とし、赤面し・・・。
そんな旅の猛者たちのトホホな話をTwitterで集めました。

まさかロンドンの土曜日は終電が10時代とは思わず終電逃しました。ネカフェで一夜を過ごしました。
 ロンドンで25ポンドだけもって、24ポンドくらいで食べれるように計算してステーキ注文したのにチップ代を入れて26ポンド請求されました。クレジットカードもなく死ぬかと思いました。結局学生であることや日本にチップがないことを片言で説明し許してもらいました。

今から約17年前のこと…
イスタンブールから飛行機でルーマニアの首都ブカレストに到着し、めずらしく安宿ではなく高級ホテルのアンバサダー・ホテルににチェックインした。で、荷物を置いてすぐ外出したら、ホテルをでたほぼ直後に、路上で両替のあんちゃんに呼び止められた。すると私服の刑事がするすると現れ禁じられている路上両替をやったなと言われ、近くのカフェに連れて行かれ財布の中身を見せろと言われた。動転した私はよく考えもせず財布をポケットからだし、百ドル札が中心のお金を、刑事だと言い身分証明書をだしたその男に渡した。男は私が渡した札を数え終わると「偽札はないようだ」と言い札を返し、もう行っていいと言われた。⇒すぐホテルに戻り部屋でお金を確認すると、7枚の百ドル札がすべて一ドル札に化けていた。

冬のヨーロッパ、深夜のバスターミナルで2時間遅れのバスを待ってたのは辛かった。 一応、風はしのげるが寝袋に包まって震えながら来ないかもしれない不安にかられていました。
フランスです。来ましたよ。12時頃発着がのバスが2時に(^^;;“

とりあえずイランに10年前行った時イランのガキどもに「おしんー!!おしん!おしん!!!」と言われまくりました。日本人女性イコールおしん、らしい。今思うと可愛かったけど

ガンジス川でボートに乗り気持ちよくなりすぎて全裸で飛び込み1日20回以上の下痢が何日も続きました。体が弱いのに気持ちが前に出過ぎちゃう人は気をつけましょう。