目次
まえがき
page 1
きっかけ
きっかけ①
きっかけ②
きっかけ③
初日
初日 蔵前>>>日本橋
初日 日本橋
初日 浅草橋>>>蔵前
2日目
蔵前>>>浅草
浅草>>>南千住
ボヘミアン
南千住
南千住>>>草加
草加
草加煎餅とお茶
草加>>>北越谷
北越谷>>>粕壁
杉戸町
東武動物公園駅
東武動物公園駅>>>自宅
3日目
3日目 沈没
4日目
4日目 再スタート
43km地点
幸手
行幸橋
栗橋関所跡
埼玉県>>>茨城県
古河宿、野木宿
日光街道中間地点
小山
やすらぎのパラダイス
吹雪の中を
初のネカフェお泊り体験①
初のネカフェお泊り体験②
5日目
5日目
万歩計とLEDライト
食えるときに食う
小金井一里塚
ジャンジャン、バンバン、ドンドン
宇都宮へ
モアイと餃子
6日目
宇都宮観光
餃子像
ポップコーン自販機
宇都宮>>>浅草
最終日
日光へ
けやき二本
薪ストーブ
霧雨
リンゴ畑
日光にっこり
日光杉並木街道
いまいちの水
かざぐるま
夜霧
濃霧
ゴーーーール!
旅は続く
南大門
スパで「ひとり寝」
日光東照宮観光
再び日光へ
チラチラと
三猿
眠り猫
龍が泣く
二荒山神社
知恵の水
夫婦杉
大猷院
ブラブラ
逍遥園
素晴らしい庭園
お気に入りの一枚
区切り
あとがき
あとがき
奥付
奥付

閉じる


 

 

 

 

 

この道中記は2010年1月31日~2月11日にかけて

松尾芭蕉が旅した奥の細道の始めの部分、日光街道を

冬だし雪とか観たいな~とか考えながら

かなりテキトーに日光を目指したテキトー道中記です

 

 

一人トボトボ歩いて旅した体験記ですが

アメブロ「海月漂流記」にて

同年3月4月にかけて連載したものに

電子書籍化に伴う

加筆、修正をしたものです

 

物語は時系列となっていますが

時の流れは速いもの

旅した時、ブログ執筆時とは変わったことも

現在はありますが

タイムスリップでもした気分で

まぁ・・眺めて戴ければと想います

 

この本を手にとっていただいた方に

感謝!ありがとうございます

 

 

2012年2月

海月岳人 くらげがくと

 

 

  


きっかけ①

2010年 1/31~2/11に日光街道を1人トボトボと歩いてきました。

その道中をこれから書いていきたいとおもっていますが・・・・・まずは

きっかけ、から

  

いわゆるアラフォー世代にあたる私は主夫として気がつけば、6年ほど過ごしていたのですが、その間にすっかりと立派なメタボ君にボッテリと成長していました。若いころはダイビングのガイドなんぞもしていたこともあり、そこそこスリムで筋肉もモリモリではないが、バランスよく付いていたのですが、それもグータラ主夫満喫中に全て贅肉に替わりました。嫁にブタ、詐欺師と言われ・・・・・「さすがにこのままじゃ~~あかんな」と思いダイエットに昨年の6月ごろ乗り出したのです。

とはいっても・・・・・・ぐーたらが染みついた生活・・・そして努力嫌いな性格

 

まず始めたのは

・自宅から上野のパチスロ屋まで・・・・・・歩いていくこと(片道約20分)

・缶コーヒーを甘いものからブラックに変更

・1日1食

・はやり始めていたヘルシアウォーターを1日1本飲む

 

なんてことを1か月くらい続けました

幸い嫁が出張中な時期でもあったおかげで朝から晩までスロットをやっていたせいもあり空腹はそれほど苦にならずに済みました。アドレナリンが出てたからでしょうかね~たぶん。むろんスロは5スロです。稼ぐのが目的ではなく時間を過ごすためでしたので。

そんなテキトーダイエットでも続けていたら効果が出てきて5,6kgほどの減量に成功しました。

 

これは・・・・イケルかも

 と思ったのですが・・・ここからがなかなか減らない・・・・見た目は相変わらずメタボ君

ここで諦めるのも癪だったので

 

少しグレードUPし

・公共のジム通い・・・・・週2回、1回2~3時間

・水泳・・・・・週1回 2~3時間ひたすら平泳ぎ

・1日1食 極力油をつかわない料理、カロリーに気を使う

・ヘルシアウォーター1日1本

に変更してみたら・・・・・2か月で12kgの減量に成功


きっかけ②

 

  

体脂肪率もデブ>>>>普通になりました。

 

12kg・・・・・・・5kgの米でも結構な重さでデカイのに・・・・・

結果として・・・・・とても腰が軽くなり

腰が軽くなると・・・・人間・・・・・旅に出たくなるもの・・・・・のようです

で旅に出るとおいしいもの食べちゃうから・・・・太るんだよね・・・

旅には出たい・・・・また太るのは癪

なら・・・歩けば・・・・・

!!

  

そんな流れで歩いて旅すりゃ・・・・うまいもの食べても太らない!!

ってことに気がついた私なのですが・・・・・・

その後に旅にでたのはラスベガス

はい・・・・日光街道ではないので・・・・その話はまた後日に

ダイエットも一段落し、日常を主夫として相変わらずおくっていた昨年の秋頃、ふらりと立ち寄ったbookoffで1冊の本と出合いました。「星の巡礼」ブラジル人のパウロ・コエーリョさんの著書です。「アルケミスト」というタイトルの本がベストセラーとなった作家さんの処女作品らしいです。

内容は・・・・・実はまだ全部読んでいないため・・・・感想は省きます。

ですがこの本、カトリック版のお遍路さん体験ロードストーリーのようなもののようです。

なんとなくタイトルに惹かれて手にとって100円コーナーにあったから買った本なのですが、家に帰り最初の数10ページをめくったころには

 

コレダ!この旅は・・・・いまだ体験したことが無い旅だ!

 

 と1人興奮してしまい通称カミーノと呼ばれるスペインの北西サンチャゴ・デ・コンポステーラを目指す巡礼路を歩くことに興味深々となってしまいました。なにかと予算がかかるヨーロッパを安上がりに旅するチャンス!

直ぐにでも出かけたいと思い立つも約800~900kmの道のりを歩く旅、さすがにいままでの旅とはモノが違うため、ひとまずWEBで情報を集めましたが、如何せん冬は厳しい・・・・とのこと・・・ヘタレな私はそのまま遭難する恐れを感じたので2010年7月~の予定で現在計画を練っています。

 


きっかけ③

カミーノに向けてのトレーニングを考えていたときに思い立ったのが日光街道歩き旅なのです。

カミーノでは1日平均30~40kmの道のりを毎日歩かねばなりません。

(平均30日~40日前後)

 

スロット屋まで片道20分の道のりを往復するのも遠いな~~~~と

つい最近まで感じていた私にとってはアメージングな旅です。

 

ひとまず自宅から新宿まで週に1度片道9kmを往復歩くことを始めたのですが

寄り道しても20km。

ん~~~トレーニングとしては少々不安です。

本来はトレーニングなぞしないでぶっつけ本番で挑むのが苦行なのかも知れませんが、

ま~私はカトリック教徒ではないし・・・・もとから宗教心ないし・・・な典型的な日本人ですので

メンタル面でのトレーニングの一環とはいえ、旅するからには楽しみたい!

なら夏までに体力つけとこっ!なノリで始めたのが日光街道歩き旅です。

 

ぶっちゃけ、昔の人が歩いた道に興味があったわけでも

歴史にそれほど惹かれる性格でもありません。

 

ただお手頃なトレーニングな気がしたのでやってみた。

考えてみたら・・・日光なんて中学の遠足でいった以来だな~~~くらいなノリなんです。

以上を踏まえて今後の日光街道歩き旅を観ていただけたら喜びです。

 

 

テキトーな「歩き旅」ですので。


初日 蔵前>>>日本橋

1/31

前日に持っていく荷物などを準備し早めに就寝したのですが、数日前から妻が長期出張に出かけていたため、主夫をしている私のグータラ度が急上昇していたためか、旅の初日から寝坊です。

 

はい・・・出発前からテキトーです。

11時に目が覚めました。前日立てた計画では、この日は草加宿辺りまでいって、せんべい齧りながら湯にでもつかるかな~と考えていたのですが・・・・辿り着けるか・・・怪しい雲行きです。それでも昼過ぎ、まぁ~いけるとこまでいくかな~と思い荷物を担ぎ、家をでました・・・・・が郵便だけチェクしとくかと思い郵便受けを覗くと・・・

郵便局の不在届けがっ・・・・・内容が「なまもの」

 ・・・・・・えっーーーーーと、どうしよっ・・・・・・・・

寝坊についで躓きです。

ひとまず部屋にもどり荷物を降ろします。

郵便局に電話で「旅にでるんです!ナマモノどうしましょ」と伝えると担当の方がご丁寧に中身をチェックしてくれるとのことです。「浅草郵便局」とても親切です!下町人情感激です。どうやら中身はバレンタインも出張中の嫁が早めに手配してくれた「チョコレート」のようだったので一安心「いくらなんでも早すぎだろっ!」とも思いましたが、受け取り日時を決め・・・・

 

 いざ日光へ、旅立ちです!

 

 再び荷物を担ぎ、昼の12時40分やっとこさ出発しました。まずは日光街道のスタート地点日本橋を目指します私は現在浅草のちょいと南、蔵前に住んでいますので日本橋までも歩き旅です。いきなり日光街道を逆走です。ま~道中は基本近所ということもありボケボケ歩きました。

 

  

 

 

 

日本橋START地点

 

 

注)文中 筆者の自宅は蔵前ですが、これは2010年の話、現在は引越ししましたよ!



読者登録

海月 岳人さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について