閉じる


試し読みできます

 

 

 

雪の翼(ゆきのつばさ) 現代語訳

 

※以下の各電子書籍ストアなどでは、縦書き版をご提供しています。

Amazon Kindleストア

楽天ブックス(kobo)

BOOK☆WALKER

紀伊国屋ウェブストア

Sony Reader Store


試し読みできます

雪の翼[1]

 柏崎かしわざき海軍少尉しょういには、民子たみこという夫人があった。二人は一昨年いっさくねん故郷ふるさとである福井で結婚式をあげて、佐世保させぼに移り住んだのだが、このたび少尉が戦地へ行くことになったため、民子は親元おやもとの福井に帰り、毎日神仏しんぶつに無事をいのり、そこに夫がいるかのように陰膳かげぜんえながら、家を守っていた。
 戦地である旅順りょじゅんからの勝利のしらせとともに、どれほど多くの猛将もうしょう勇士ゆうし、また士官しかん兵卒へいそつが―ある者は傷をって骨も皮もりになり、影も形もなくなってしまった例もあると伝わって来た中で、夫は見事な手柄てがらを立てて、ただわずかに左の手にかすり傷を受けただけだと聞いた時、さらにその乗り組んだ艦船かんせん帆柱ほばしらに、夕陽せきようの光をびて、一羽の雪のように真っ白なたかが飛び来たってまったという便たよりを受け取った時、う身の民子はどのように感じたことだろう。新婚しんこんの式をげて、夜具のあたたかかった期間が一年ひととせもないうちに、夫が戦地へ向かって出発した際には、健気けなげにも耐えしのんで泣かなかった民子も、うれし涙をあふれさせたのであった。
 ところが、ああ、夫の留守るすあいだ、夜は帯もかずにひとり寂しく寝ていた民子のそでを濡らした、その喜びの涙が、まだかわききらないうちに、軍港の病院から、急ぎの報せが一家いっか全員のたましいの火を消しに来た。
 少尉がんで、その後の経過が良くないというのである。
 この急信きゅうしんが××年××月××日、午後三時に届くと同時に、民子はあおくなってつッと立つと、普段着ふだんぎのまま繻子織しゅすおりの帯を引き締めて、つかつかと玄関げんかんへ向かった。父親が仏壇ぶつだん御灯明おとうみょうてんずるに、母親は財布さいふひもを結びながら、玄関へけて出てこれを民子の懐中ふところに入れさせる、女中がショールを着せかける、となりの女房が急いで人力車くるまを頼みにゆく、とこうしているうち、おともに従うことになった與曾平よそべいという親仁おやじが、身支度みじたくをするというあわただしさ。そして、取るものも取りあえず、急いで福井のまちを出発した。これが軍港の病院に夫を見舞みまう、民子の旅立ちであった。
 冬の日の、山国やまぐにの、よく知られた北陸道ほくりくどうである。その日は空もくもっていたので、町を出るとすぐ、九頭龍川くずりゅうがわ川面かわもに、早くも夕暮れの気配けはいが立ち込め、暗くなってゆく水はあおく、早瀬はやせの乱れて鳴る音も、こまかくくだけて立つ波も、そう、雪!その雪を心配させる空模様そらもようだった。滋賀へ山を越えて出るまでには、中の河内なかのかわち木の芽峠きのめとうげがあり、もっとも近いのは目の前に、春日野峠かすがのとうげが横たわっている。そのいただきおおう雲を見上げながら、五里ほどの道を辿たどり、武生たけふ宿場しゅくばに着いた頃、日はとっぷりと暮れ果てた。
 先の長い旅ではあるし、目の前にとうげを眺めてもいるので、てっして歩くなど考えることもできず、柳屋やなぎやという旅籠はたご宿やどを取る。
 道を辿たどり来る間に手も足も冷えこおり、火鉢ひばちの上へ覆いかぶさっても、身震みぶるいのおさまらない寒さであったが、―
 まくらいて夜の八時を過ぎる頃から、少し気候きこうがゆるんだかと思うと、およそ手のひらほどもあろうかという、ぞくに『牡丹雪ぼたんゆき』と呼ばれる雪が、しとしとと果てしもなく降り出して、夜中頃には武生たけふの町にかさのようにかぶさっている、御嶽おんたけという一連のみねが、こそぎ一搖ひとゆれ、搖れたような気配がして、風までがさっとった。
 一のたに、二の谷、三の谷、の谷全体に渡り、山々峰々みねみねが好き放題ほうだいれに荒れるのが手に取るように感じられ、寄せては返す大波おおなみのごとく、この一夜いちやに北陸の空にあるすべての雪を、るい落とそうとしているようで、すさまじい。
 民子は一睡いっすいもできなかった。明けがたに風はいだ。
 昨夜ゆうべやとっておいた人力車くるまが二台、雪の積もった門をたたいたので、民子、與曾平よそべい主従しゅじゅうが、朝食あさげをとるのもそこそこに、身支度みじたくをして、戸外おもてに出ると、まわりは夜明けの色というわけでもなく、黄昏たそがれの空のようにも見えず、暗くぼんやりとして、天地は白一色に染まっていた。
不意ふいに積もった雪なので、雪車そりといってもに合わず、ともかくもお車を引いてまいりました。私たちのまり場からここへ来るだけでも、この通りの大汗おおあせでして』と、四人の車夫しゃふは口をそろえ、続けて、『精一杯せいいっぱい、車を後ろから押して、おともはしてみますけれども、どこまで行けるかはわかりません。何はともあれ、車輪が雪にうずまりますまで、行くとしましょう。それ以上は、三人がかり五人がかり、三井寺みいでらかねかつぐ弁慶でも、ちからずくでは、一寸いっすんたりとも動きはしません。お約束しましたから、こちらの柳屋さんの顏を立てるために参ったまででして、』と、ひどい尻込しりごみのしかたである。ただもうできるだけ先を急ぎたくて、心がすでにここにない主従よりも、『御機嫌ごきげんよう』と挨拶あいさつするためかどに立って、車が一引ひとひきされただけで、激しく降る雪にそのほろの形もすぐに隠れて、物寂ものさびしくしずんでゆく客を見送る宿やどの者の方が、かえって心細いかぎりであった。


試し読みできます

雪の翼[2]

 酒代さかてしまない客人、しかも美人を乗せているので、屈強くっきょうな若者は奮起ふんきして、『エイエイ』と声を掛け合わせ、田の間の道、畦道あぜみち、村の道を、苦労に苦労して、三里の道のりに八九時間をついやし、正午になって、やっととうげふもと春日野村かすがのむらに着いた。そこでず一けん茶店ちゃみせに休んで、一行いっこうはほっと息をついた。
 茶店の者も囲炉裏いろりかこんで、ぼんやりとしているだけだ。無理もない。言うまでもなく、このあたりでは師走しわす十二月から三月の彼岸ひがん頃の雪どけまでは、毎年みなこんな白い中で生活するので、雪におどろくような者は一人もない土地柄とちがらであるが、今年は意外に初雪が早かった上に、今の時期にここまで積もるなどとは、もう七八十になった老人も、まったく思いもしなかったというのである。
『ここまで来る道でも、村を抜けて、やぶの前などを通るさいは、竹も三尺の雪をかぶって両側から倒れして、あるところでは五けん、あるところでは十間、まるで真綿まわた隧道トンネルのようだった。それを手で払いかさで払い、どうにか車をくぐらせると、あみの目にかかったように、あちこちですずめがばらばらと羽ばたいて、洞窟どうくつにいる蝙蝠こうもりのようだった、』と車夫どうしで話したりして、しばらく渋茶しぶちゃまわりはにぎわった。
 その話し声の中に『あッ』と一つ聞こえ、腰掛け台からころげ落ちそうに、わき腹をかかえてうめいたのは、民子のとも與曾平親仁よそべいおやじである。
 身体からだしんから冷やして、老人にありがちなさしこみが起こったのだ。その痛みは軽くない、これは困ったことになった。
 出発に先立ち、『一体、供は誰がいいだろう』という話になったとき、ともかく急な旅だったので、適当な者に頼むのはに合わない。特に、若い女であるから、変な者を付ける訳にはいかないし、供なしで行かせることもできない。與曾平よそべいは、三十年みそとせあまりも実直じっちょくに民子の家につかえて、いまも特別な仕事もないままやとい置かれている男で、そのよい性格は知れている。今の世の中、旅の途中で悪い駕籠屋かごやや盗賊にあうおそれなどはあるように思えないので、ちからは弱くても問題はなく、もっとも都合のいいのはとしをとっていることだ。與曾平は大根だいこんも引き抜くし、屋根やねく、水もめば米もく、これくらい身体が丈夫じょうぶならいいだろうと、この老僕ろうぼくを選んだのが、大きなあやまちになった。
 いくら元気だといっても與曾平よそべいすでに五十九、年が変われば六十になるのである。家の中では確かにいそいそと働きはするものの、近頃ちかごろは遠くへ使いに行く用もなく、民子の父親が本を見ている、その炬燵こたつはしを借りてぬくまったり、母親が経文きょうもんを読んでいるうしろから、如来様にょらいさまおがんだりする身分。もともと血のが少ないのか、あれこれと心配で胸をさわがせ、寒さで骨を冷やしたため、長い間おさまっていた持病じびょうが、あいにくここで、このとき出たのである。
 雪は少しの間もむことなく降っている。見る見るうちに積もってゆく。
 大勢おおぜいで寄り集まって、民子はすがりつくようにして、介抱かいほうするにはしたが、薬といっても、ありあわせの熊の胆くまのいくらいしかない。それでもみなの心が通じたのか、與曾平よそべいの苦しみが少しは落ち着いたので、『一刻いっこくも早く』と、再び人力車くるまを出そうとしたが、泥除どろよけにしがみつく前に、與曾平は腰を折り曲げて、『ばたり』と倒れ、顔色もだんだん変わっていった。『これではかえって足手纏あしでまといになります、これまでお世話になったすべての御恩返ごおんがえしに、この旅のお供をと思いましたが、もうだめでございます。みんなでわしの首をめてくれ、奥様、わしを刺し殺して、お心懸こころがかりのないようにしてくださいまし。わしはそうじゃ、死んでおにとなり、たましいで付き添って、あなたさまを無事ぶじにご旅行させましょう、』と血迷ちまよったようにあせれば焦るほど、その老いた身体からだは弱っていく。
 みなは口々くちぐちになだめ、民子も心からなぐさめて、『お前の病気を看護かんごするため、ここに足を止めるわけにはいかない。置いてくのは可哀相かわいそうだけれども、軍港にいらっしゃる旦那様だんなさまが、息のあるうちに一目ひとめ会いたい。どうかそんなわたしの気持ちはわかっておくれ。こんなことを言っているも心はく、越えなければいけないとうげは前にひかえているし。じいや、ゆるしておくれ!』
『どうぞ奥様、行ってくだせえまし。』
 と與曾平が土間どまはしまでって出て、ひざをついて、手を合わせるのを、民子が振り返って見ると同時に、車のほろりた。
 一台の車と二人の車夫は、この茶店にとどまって、店の人たちとともに與曾平の手当てをし、少しでも動けるようになったら、早速さっそく武生たけふまででもその日のうちに引き返すことにしたのである。
 民子の乗った人力車も二人がかりで、それから三里半だらだらとのぼったすえ、空に高くそびえる、春日野峠かすがのとうげにさしかかった。
 その後、ものの半里はんりとはのぼらないうちに、車輪のきしみが強くなり、一分間に一すんずつ、次第しだいに雪が深さをす。平地ひらちでさえ大変なのに、ましてここはさかである、あえいでも、もがいても、人力車くるまは一歩も進まなくなった。


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格32円(税込)

読者登録

白水銀雪さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について