twitterとfacebookアカウントでログイン

カテゴリー ビジネス・教育・社会 学習・研究 作者 野島明
価格 無料
タグ
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

45 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 1ページ (Web閲覧)
10ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
【課題】
「"Tom, horrified at what he had done, could at first say nothing."中の-ed分詞句は非制限的名詞修飾要素(「名詞句を叙述的に修飾する」要素)であると判定されるとしたら、「カンマを伴う分詞句」はどのような場合に《分詞構文》(副詞要素)であり、どのような場合に非制限的名詞修飾要素であるのか。また、《分詞構文》とは何か。」

 以下、課題の現れ方、時に課題はどのように素通りされ、時に課題はどのように自覚されるか、等に関わる具体的記述を列挙する。

0.《分詞構文》という了解
1.「分詞句による非制限的名詞修飾」に関する記述及び文例
2.困難の予感
3.困難の自覚
4.この課題の難度

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧