閉じる


<<最初から読む

131 / 140ページ

髑髏

 隣のレーンで骸骨の子が自分の頭を投げていた。だが髑髏は真っ直ぐ転がらない。あまりにもガターばかりなので不憫になり、いちばん軽い球を渡してやった。骸骨の子は綺麗なフォームでそれを投げた。ピンは全て倒れた。私は骸骨の子とハイタッチをした。彼はあ・り・が・と・うと歯を鳴らして消えた。

闘牛士

 闘牛士が海に迷い込む。さあ牛を呼べ。闘牛士は通りがかりの魚に催促する。牛などいない。魚がそう言っても彼は聞く耳を持たない。困り果てた魚は海牛を連れてくる。闘牛士の目が光る。赤い布を振って挑発する。だが海牛は見向きもしない。それでも闘牛士は布を振り続ける。故に今日も波は止まない。

ミサイル

 大陸間弾道ミサイルは恋に落ちた。飛行中の一目惚れだった。ミサイルは高度を下げ、速度を落とし、飛び魚に話しかける。貴女が好きです。飛び魚はミサイルの顔をじっと見つめて、怖いわ。と言った。ミサイルの尻尾の火が消える。推進力が失われる。大陸間弾道ミサイルは海に墜ちた。

キスキス

 見送りはいいと言っているのに彼女は玄関までついてくる。行ってくるよ。僕がそう言うと彼女は背伸びをしてキスをせがむ。そしていつものように背中からコードが抜ける。だから言ったのに。僕は固まってしまった彼女にキスをする。すると少しだけ電流が走って彼女の頬が赤く染まるのだ。

水切り

 今日は川で水切りをして遊んだ。タン、タン、タン。と耳は綺麗に三つ跳ねた。鼻は平たくないから一つも跳ねなかった。最後に頭を砲丸投げのように投げた。正に迫撃砲が着弾したみたいに派手に水飛沫が上がった。川下から釣り人が睨み付けてきた。撒き餌だよ! 僕はそう叫ぶと走って家に帰った。

読者登録

laybackさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について