閉じる


この本の概要


このレシピBOOKは、みんなでつくったレシピBOOKです。

ブクログにて、2011年12月13日~2012年1月16日、
保温調理が簡単にできるキッチンアイテムである


を使ったレシピを大募集しました!

▼鍋カバーつき使いこなしレシピBOOKキャンペーンページ

----------------------------------------------------
●鍋カバーとは?

 ☆一度加熱した鍋をすっぽり包むと、余熱で調理できる!
 ☆鍋を入れておいておくだけなので、“火の番”をする必要なし!
 ☆煮込み調理でコンロをふさぐことがなくなります。
 ☆お手持ちのなべで、エコ調理ができるようになる!

そんなアイテムなんです♪
----------------------------------------------------

その募集にご応募いただいた選りすぐりの10レシピをご紹介いたします。
どのレシピも鍋カバーの特徴を活かしていて、とてもおいしそう...!

おうちで簡単につくれるレシピばかりですので、
鍋カバーをつかって、このレシピを再現してみてくださいね♪

みんなでつくったオリジナル鍋カバーレシピ、ぜひご覧ください!


おしながき


おしながき

1. かぼちゃのポーク巻きあずき煮 by ochikeronさん
2. ホタテとポルチーニのごちそうチャウダー by PICO-レモンの秘密-さん
3. スペアリブと根菜のすり下ろし林檎煮 by プティパンさん
4. 豆腐とキャベツの重ね蒸し焼き by uitatanさん
5. 長芋とはんぺんのふわふわ団子 by marimo@クックるさん
6. 鶏もも肉のバーベキュー風 by jun*さん
7. 自家製ジューシーツナ by すみよしくん
8. 砂肝と鶏レバーのコンフィ by avec 1 œuf (アヴェッカヌフ)さん
9. ブッフ・ブルギニョン by あっこさん
10. レンズ豆とドライトマトのコンソメ煮 by ロコさん


かぼちゃのポークあずき煮 by ochikeronさん


材料
 かぼちゃ ・・・ 1/4カット(約350g)
 豚ロース薄切り ・・・ 10枚(約200g)
 ゆで小豆(甘煮) ・・・ 100g
 A
 ┌水 1カップ
 │酒 大さじ2
 └醤油 大さじ2

作り方
1. かぼちゃはレンジに4〜5分かけて切りやすくし、2cm幅4cmくらいの長さに切って豚肉を巻く。
2. 1をひと並べできる大きさの鍋にAとゆで小豆を入れてよく混ぜ合わせ、1を並べ入れ火にかけ煮立ったらあくを取り、5分煮て火を止める。
3. 蓋をして鍋カバーに入れ、15分保温し、出来上がり。

ochikeronさんの鍋カバーをつかった感想
煮崩れしにくく、味もよく馴染み、意外とちゃんと調理できていたのでびっくりでした☆

ホタテとポルチーニのごちそうチャウダー by PICO-レモンの秘密-さん


材料
 ホタテ(生食用) ・・・ 100g
 ブロッコリー  ・・・  100g
 ポルチーニ(乾燥) ・・・ 10g
 たまねぎ  ・・・  1/2個
 にんにく  ・・・  1かけ
 レモン果汁 ・・・ 小さじ1
 レモンの皮  ・・・  少量
 小麦粉  ・・・  小さじ2
 牛乳  ・・・  100cc
 水  ・・・  180cc
 顆粒コンソメ  ・・・  小さじ1
 生クリーム  ・・・  50cc
 塩・こしょう  ・・・  適量

作り方
1. ポルチーニはぬるま湯でもどして、食べやすい大きさに切る。(戻し汁をだしに使ってもOK!)
   レモンを絞って小さじ1分をとっておく。
   レモンの皮は薄くむいて、細切りや飾り切りにする。
2. ホタテは十文字に4つ切りにする。
   ブロッコリーは花の部分を切り取っておき、茎の部分は小さめに切る(細切りみたいな感じでも)。
   たまねぎは1cmくらいの角切りに、にんにくはみじん切りにする。
3. 鍋にバターとにんにくを入れて熱し、たまねぎ、ブロッコリーを入れてしんなりするまで炒める。
4. さらにホタテとポルチーニを入れてさっと炒めたら、小麦粉をふり入れてまんべんなく炒め合わせる。
5. 水、顆粒コンソメ、牛乳を加えて軽く混ぜ、ひと煮立ちしたらフタをして弱火で3分ほど煮る。
6. 火を止めて鍋カバーにそのまま入れて、10分保温する。
7. そのあいだにブロッコリーの花の部分をゆでて粗みじんに切る。レモンの皮はさっと湯通しする。
8. 鍋カバーから鍋を取り出して再び弱火にかけ、生クリームを加えて、塩・こしょう・レモン果汁で味をととのえる。
9. 器に盛って、ブロッコリーとレモンの皮をお好みで飾ったら出来あがり♪
 ※レモンの皮をそのまま食べる場合は、細切りの方がおすすめです。

PICO-レモンの秘密-さんの鍋カバーをつかった感
クリーム系の調理は、弱火で焦げつかないように常に鍋をかき回していないといけないので、その間手が離せないのが難点ですが、鍋カバーを使うとそんな心配もなく別の調理に取りかかれます。

そして鍋カバーの一番の利点は、やっぱりエコで安全なことですね。
保温調理なので火や電気を使わないし、小さなお子さんがいる家庭でも安心して調理ができます。
あとは手軽なこと。一般的な保温調理器は大きくて扱いも大変です。そのうえ大きいから置き場所に困ったりもします。
でもこの鍋カバーなら、手持ちの鍋や柄の長いフライパンまですっぽり入るし、使わないときは小さくたたんで棚のすき間にしまうことができちゃうんですよね。これは便利!
保温性もよくて、コンロがふさがっているときに出来あがったものを鍋カバーに入れておくと、冷めることなく食卓に出せます。
実際に使ってみて、とにかく使えるアイテムだと思いました。まさに主婦の味方って感じです!
これからもじゃんじゃん使っていきますよ~♪

豆腐とキャベツの重ね蒸し焼き by uitatanさん


材料
 きゃべつ ・・・ 5枚
 豆腐  ・・・  100g
 片栗粉  ・・・  小さじ1
 しめじ  ・・・  1/3パック
 玉ねぎ  ・・・  1/3個
 生姜  ・・・  1片
 くるみ  ・・・  5粒
 パン粉  ・・・  大さじ2
 オリーブオイル  ・・・  小さじ2
 塩  ・・・  小さじ1/4
 練り胡麻  ・・・  小さじ1

作り方
1. 前日から豆腐に重しをして水切りしておく。
2. 玉ねぎ、生姜、しめじ、くるみをみじん切りにする。
3. お鍋に豆腐を崩し入れて、少し水気が飛んでそぼろ状になるまで混ぜながら中火で炒る(フッ素加工など焦げ付きにくいお鍋でやること)。
4. そぼろ状になったらオリーブオイル小さじ1、玉ねぎ、生姜、しめじ、くるみを加えて3分炒めて取り出す。
5. 4にパン粉、塩、練り胡麻を混ぜて4等分にする。
6. 無水鍋にオリーブオイル小さじ1を入れて弱火にかけ、油が馴染んだらキャベツ、5、キャベツ、5と重ねて入れていく。
7. 底面のキャベツがきつね色になったらひっくり返して、フタをして5分加熱し、鍋カバーの中に入れて15分放置してできあがり。

植物性の素材しか使っていないのに、とてもジューシーで食べごたえのあるレシピです。キャベツが甘い季節におすすめです。パンと合わせても、ごはんに合わせても美味しくいただけます。

uitatanさんの鍋カバーをつかった感想
正直、期待以上の使い勝手の良さでした!
普段使っているお鍋で使用でき、お豆等の煮込み料理も短時間の加熱で出来上がるのでとても重宝しています。



読者登録

主婦の友社さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について