目次
まえがき
まえがき
1999年11月~12月
外国人労働者
1990年のイラクによるクウェート侵攻
クウェート人から見た日本
女性選挙権と離婚率
バーレーン
電話局と銀行
ラマダン
2000年1月~3月
感受性の違い
雅子様と蝶々
クウェートの年末年始と2000年問題
クウェートの暴走族
イスラム教について
一枚の写真
イラクとの小競り合い
お祈りの時間
メイドの腹切り
健康保険料
スリランカ人社会との交流
ワスタについて
職場の優秀なクウェート人
クウェートのお祭り
砂嵐
建国記念日
インシャラーの使い方
パキスタンの女性労働者
クウェートに乞食出現
ファイラカ島訪問
目を背けたくなる写真
日本の文化交流
2000年4月~6月
クウェート時間
イスラム過激派逮捕
パスポート
中東のIBM
ノンアルコールビール解禁?
クウェートで和牛
高速道を逆走する車
クウェートの結婚式
よく切れる電球
行きも帰りも交通事故
シリアのアサド大統領死去
ノンアルコールのバドワイザー
アメリカのレイオフ
クウェートでの在外選挙投票
夕暮れ時の散歩
2000年7月~9月
日本製食品の賞味期限
9か月ぶりの日本帰国
インターネットサイトへのアクセス制限
湾岸戦争の話
オランダ旅行
クウェートの8月
サウジアラビアの死刑
高圧送電線の掃除人
難しいクウェート人化政策
一族の結束
イスラム教国の休日
ムク・マク
僕らはみんな生きている
2000年10月~12月
クウェート人の勤労意欲
シドニーオリンピック
悲惨なパレスチナ紛争
もしイラクが攻めてきたら
クウェートでのパレスチナ紛争の影響
Fires of Kuwait
地雷
日本庭園開園式
多量の爆薬発見
2回目のラマダン
お祈り
雨漏り
乞食発見
ポケモンの意味
2001年1月~3月
空港のVIPラウンジ
年金支給開始年齢
クウェートの空手ナショナルチーム
悲惨なパレスチナ紛争(2)
スエズ運河を超えてきた装置
真冬のキャンプ
悲惨なパレスチナ紛争(3)
勘の良いパキスタン人
2001年4月~6月
フロントガラスの割れる季節
アラブ人の名前
クウェートの校内暴力
悲惨なパレスチナ紛争(4)
夏のクウェートの冗談
富山のコーラン破り捨て事件
海上自衛隊の演奏会
子供のしつけ
池田小学校の事件
鍵をかけられた工具整理棚
2001年7月~9月
クウェート人女性の海外出張
クウェートの夏は寒い?!
往復より片道が高い航空券
アメリカの学会風景
巨人の国
ジュネーブの情報化社会
人のふり見て
日本人の過剰反応
2001年10月~12月
日本人とクウェート人の危機意識の違い
パスポートを取り上げられる労働者
ワスタの世界
日本への帰国
帰国後の感想

閉じる


<<最初から読む

85 / 103ページ

夏のクウェートの冗談

 クウェートの夏は最高気温が50℃を越える日もあるくらいのすさまじい暑さです。今年は5月になって最高気温が40℃を越えたのですが、日中、日なたに面した入り口の金属の取っ手を触ると、火傷をしそうなくらい熱くて手を引っ込めてしまいます。気温が50℃近くになると、まるで熱風乾燥機の中にいるようで、水筒や飲み物を持たずに外を長い距離歩くのは危険です。

 そんなクウェートですが、職場のクウェート人の同僚がこんな冗談を言いました。「夏は外国に避暑に行くよりもクウェートにいた方がよっぽど涼しいよ。」気温が50℃を越える日があるくらい熱いのに「よっぽど涼しいよ」なんてよく言えるよと思うのですが、同僚が言うには、「クウェートの夏はどの建物でも冷房が効いていて涼しい。外国では冷房を入れていないところもあり、クウェートよりも暑い。」とのことです。

 クウェートの夏は冷房がなければ生きていけません。去年の夏に製油所の事故で発電所への燃料の供給が一時的に止まり、停電の恐れがあるということを聞いたとき、日本人の間で本気でクウェートから一時的に出国を検討する人達がいました。実際にはすぐに燃料供給が再開され、停電は起きませんでした。

 マンションと職場の駐車場が両方とも冷房の効いた地下にある場合、1日中、冷房の効いた場所で生活するというケースもあり得ます。自宅、駐車場、車、職場、すべて冷房が効いているとまったく、猛暑を経験することがありません。


富山のコーラン破り捨て事件

 NHKの衛星放送でニュースを見ていたら、パキスタン人が大挙して、富山県の役所に押し掛けている場面が映し出されていました。パキスタン人の経営する中古自動車店のまわりにコーランが破り捨てられていたのが発見され、憤ったイスラム教徒が早く犯人を検挙するように申し入れているとのことでした。民族服を着た大勢のイスラム教徒がシュプレヒコールを挙げながら役所のまわりに押し寄せていました。普段、日本ではあまり見かけない光景なので、日本の人達の目には異様に映ったのではないでしょうか?

 この件について、日本人でイスラム教徒の友人に感想を聞いてみました。彼は二つのことを指摘しました。第一は、「このような事件は全世界のイスラム教徒を敵に回す可能性がある」ということです。パキスタン人との問題だけでは済まないのです。日本は原油輸入の大部分を中東のイスラム諸国に頼っていますが、下手をすればこれらの国々が原油を売ってくれなくなるかも知れないのです。イスラム教の教えに最も忠実な国サウジアラビアでコーランを破いたりしたら死刑だそうです。何年か前に、イスラム教の預言者マホメットを冒涜した書物が出版され、日本人の大学教授がそれを日本語に翻訳したところ、その教授は何者かに殺害され、犯人はまだ検挙されていないそうです。今回の事件に関して、コーランを破った人物は見つかるかも知れませんが、その場合、警察や報道機関は名前と写真の公表を控えた方が良いかも知れません。イスラム教は神と個人の契約ですから、イスラム教国の指導者達が、今回の件について不問に付したとしても、それを許すことのできない信者が行動に出る可能性があります。

 友人の指摘の第二は、「今回コーランを破った人は、外国人労働者を排斥するのが目的だったのだろうけれど、それなら法律に違反しているような点を指摘すればよいのであって、宗教に絡めたような嫌がらせはすべきではない。」ということです。日本人の生活習慣には神道、佛教、キリスト教等の影響があり、宗教に対して鷹揚というか鈍感ですが、海外ではもっと真剣にとらえられています。日本人は、外国人とつきあう場合、もう少し相手側の信仰に対して気を配らないと、自分が予期しなかったような反応に驚かされることになるでしょう。

 コーランを破るという行為がイスラム教徒にとってどの程度の心理的影響を与えるのか、友人に聞いてみたところ、「戦前の日本で天皇陛下のお写真を破るという行為に近いだろう」とのことでした。幸いなことに、当地の新聞やテレビでは今回の事件について報じられていません。日本のニュースは当地でも毎日のように新聞で報じられていますので、今回の事件についても報道機関は情報を入手してはいるのでしょうが、恐らく、ことの重大さから日本との関係に配慮して、報道を控えているのでしょう。


海上自衛隊の演奏会

 日本の海上自衛隊の練習艦(かしま)と護衛艦(やまぎり)がクウェートにやってきました。士官候補生の研修の一環で中東湾岸とマダガスカル方面に5ヶ月間の航海の途中に寄港したそうです。今日は乗組員たちによる和太鼓とブラスバンドの演奏がシャルクマーケットというクウェートでも最も新しくてもっともにぎやかなショッピングセンター前の広場で行われました。演奏が開始されたのは午後8時でしたが、気温はまだ40℃を超えていました。座って聴いているだけでも暑かったので、演奏している人たちはさぞかし大変だったと思います。

 最初に和太鼓の演奏が行われたのですが、日本独特の太鼓の音色とリズム、そして法被姿の演奏者の掛け声が珍しかったらしく、聴衆のクウェート人たちは喜んでいました。クウェートにもタンバリンを大きくしたような手で持ってたたく太鼓があるのですが、和太鼓の演奏に比べるともっとゆっくりした単調なリズムのように私の耳には聞こえます。

 和太鼓に続いてブラスバンドの演奏が始まって10分ほどしてからのことです。遠くのモスクの拡声器から、お祈りの時間の開始を告げる言葉が流れ始めました。すると、すぐに日本大使館の方が、ブラスバンドの演奏中にもかかわらず、指揮者のところに歩み寄って何事かを告げました。すると指揮者はすぐに演奏を切り上げました。お祈りの時間には歌舞音曲は慎むということのようでした。演奏が止まっている間に、聴衆がお祈りをはじめるのだろうかと見ていましたが、一向にその気配はありませんでした。聴衆はじっと座って演奏が再開されるのを待っていました。数分したら何事もなかったかのように、また演奏を再開しました。翌日、クウェート人の同僚に聞いたところ、車に乗っているときにお祈りの時間が始まると、ラジオで音楽を聴いたりしている場合、スイッチを消すそうです。サウジアラビアではお祈りの時間になるとすべての店がお客さんを外に出して、店を閉めるそうです。クウェートでは、そこまではやりません。

 ブラスバンドの演奏では日本の民謡などのメロディーも時折、聴くことができ、非常に懐かしくなりました。

 女性の社会進出が進んでいるクウェートですが、女性の士官候補生は珍しかったらしく、クウェート人の聴衆の一部がめざとく見つけて、仲間同士でアラビア語でひそひそとささやきあっていました。恐らくこんな会話だったと思います。

 「おい、女性が制服を着ているぞ!」

 「どこにいるんだ?」

 「あそこだよ!」

 「あれは違うんじゃないか?」

 「女性だよ。よく見ろよ!」

女性が男性と同じ、真っ白の士官候補生の制服制帽を着ているというのを想像するのは、クウェートでは困難なのかも知れません。

 

(写真は自衛隊を歓迎する際のアラブの踊り)


子供のしつけ

 おととい、レバノン人の上司が、ホームパーティーに招待してくれました。到着してしばらくすると、上司のお子さんが挨拶にやってきました。小学生一人と高校生二人ですが、きちんと握手をして、数分間は我々と英語で会話をしてくれました。上司の同僚のエジプト人も、高校生のお子さんを連れてやってきたのですが、イングリッシュ・スクールに通っているとかで、非常に流暢でカッコ良いイントネーションの英語で、我々の相手をしてくれました。

 お客さんが来ると、握手をして挨拶し、大人達のじゃまにならない程度の短い時間だけ、会話のお相手をするように躾がしてあるようでした。

 ビュッフェ形式の食事の時間が始まると、まず、女性客、その次に男性客が料理を取りました。女性客と男性客は別々のテーブルでそれぞれ女同士、男同士で食事をし、談笑しました。大人達が料理を取り終わった後に、子供達が料理を取りました。この順番がメインディッシュの時とデザートの時に繰り返されました。子供達同士で悪ふざけしたりするようなこともなく、静かに料理を取ると、大人達とは別室で食べていたようでした。

 子供達の躾の良さには感心しました。自分の娘は小学4年生ですが、初対面のお客さん、しかも外国人がやってきたときに、きちんと挨拶ができるだろうか、そして数分間だけでも話の相手ができるだろうか、親としては自然にこなして欲しいと期待したいところです。

 これとは別の日に、日本人会で海岸清掃奉仕作業をやった後に、大使公邸に行って慰労会に参加した時のことです。奉仕作業で汚れた手を洗おうと、みんなで洗面所に行ったのですが、私の横で手を洗っていた人が、ハンカチを忘れたらしく、ティッシュを探していると、後ろで順番待ちをしていた日本人の小学4年生くらいの男の子が「ハンカチを使われますか?」と言ってハンカチを差し出しました。これにはちょっとしたカルチャーショックを受けました。クウェートのイングリッシュ・スクールに通っているのだと思いますが、親御さんの躾が良いのか、学校の教育が良いのか、とにかく日本ではお目に掛かったことのない光景に、心地良い驚きを感じました。


池田小学校の事件

 大阪の池田小学校で低学年の児童が、侵入してきた男性によって包丁で斬りつけられ、8名が死亡したという事件はクウェートの新聞でも大きく取り上げられました。翌日の新聞の一面に事故直後の写真が掲載されていましたが、正視する事ができませんでした。救急車の近くに置かれた担架の上に複数の児童が血だらけになって横たえられていたのです。日本関係の記事はできるだけ切り抜いてノートに張るようにしているのですが、この写真はとても切り抜く気になれませんでした。私も小学生の娘がいますので、被害者のご両親の気持ちを思うと胸が苦しくなりました。

 パーティの席で一緒になったクウェート人がお子さんを神戸にホームステイさせているとかで、心配そうに「犯人は何歳ですか?」とか、「犯人はどういった人ですか?」とか聞いてきました。「こんな事件は起きてはならない。」と彼は言っていましたが、まさにその通りです。

 最近の日本は、クウェートよりも治安がかなり悪いようです。警備の方法を見直すことも必要でしょうが、善悪の判断ができるように社会全体で取り組む必要があると思います。



読者登録

Li Choさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について