閉じる


経典の読誦

試し読みできます

経典を読む意義

 この世には、種々さまざまな経典や論典、釈、仏教の解説書などが存在している。これらはすべて釈尊以来の2500年間に作られたものである。初学の者は、その量と質に圧倒されてしまうかも知れない。

 しかしながら、修行者は心配する必要はない。すべての経典は、ただ一つのことを語っているからである。それは次のことである。

  『真実にやさしい人は必ずあなたの身近に現れる それを自ら発見せよ』

 すなわち、時として世に出現する善知識(化身)を見て、その言葉(法の句)を聞いたならば、因縁ある人は直ちに覚ると言うことである。

 経典は、すべてそのことを語っている。経典を読む意義はただそのことに求められる。

 ところが、経典を読むことはそれだけにとどまらず、さらに利益(りやく)があることである。それは、経典を読んでいる時に、ふと解脱が起こるという事実である。経典を理解したことによってその解脱が起こるのではない。経典の記述を理解していなくても、その解脱が起こることがあるのである。私の細君(涼風尊者)は、実際にそのようにして形態(rupa)の解脱(身解脱)を果たして阿羅漢となった。

 これは本当に不可思議なことである。しかしながら、目の前で起こったこの事実を曲げることはできない。それで、経典はただ理法を記した本以上のものであると知られることになる。

経典の読誦と観の関係

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,500円(税込)
『覚りの境地』 』 『 『功徳』 』 『 『信仰』 』 『 『解脱(げだつ)』 』 『 『仏道の真実』 』 を購入した方は 1,000円(税込)

経典の選び方

有料本のため、このページは読むことができません。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格1,500円(税込)
『覚りの境地』 』 『 『功徳』 』 『 『信仰』 』 『 『解脱(げだつ)』 』 『 『仏道の真実』 』 を購入した方は 1,000円(税込)