閉じる


試し読みできます

ヤマブキ【山吹】 (南口付近・4月)

上の写真は八重咲きになる品種(ヤエヤマブキ)です。 {バラ科ヤマブキ属/落葉低木}

一重のタイプ

ヤマブキの花


試し読みできます

カラスノエンドウ、ヤハズエンドウ
【烏野豌豆、矢筈豌豆】

(花木園・4月)

ソラマメのなかまで、若芽、豆果は天ぷらで食べられるそうです。  学術的にはヤハズエンドウが正式な名前です。 {マメ科ソラマメ属/1年草}

ヤブマオの芽生え【藪苧麻】 (西田沼付近・4月)

芽生えでの見分けは難しいのでメヤブマオかも。 {イラクサ科カラムシ属/多年草}


試し読みできます

ヒュウガミズキ【日向水木】 (日本庭園・4月)

トサミズキの花序は、7~8個の花からなりますが、ヒュウガミズキはの花序は、2~3個の花からできています。  {マンサク科トサミズキ属/落葉低木}

アカメガシワ【赤芽柏】 (林間広場・5月)

これが名前の由来です。出たばかりの葉は赤くなります。 {トウダイグサ科アカメガシワ属/落葉高木}


試し読みできます

セントウソウ【仙洞草】
(日本庭園付近・4月)

セリ科の花の中でも、春一番に咲きます。別名:「黄連だまし」と呼ばれます。 似た植物に、ヤブニンジン、ヤブジラミがありまが、これら花期が少し遅いです。  {セリ科セントウソウ属/多年草}

セントウソウの花

小さすぎて肉眼では良く見えませんが、ルーペで見ると花びらが5枚、おしべが5本であることが分かります。

セントウソウの葉

葉の形は1~3回3出羽状複葉で、細かく切れ込みます。

試し読みできます

サンシュユ【山茱萸】 (梅林・4月)

実は滋養・強壮の効果がある果実酒になります。中国と朝鮮半島が原産で江戸時代に渡来しました。  {ミズキ科ミズキ属/落葉小高木}

サンシュユの幹

サンシュユの葉(11月)



読者登録

なぎさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について