閉じる


<<最初から読む

69 / 166ページ

試し読みできます

シロモジの花 【白文字】 (紅黄葉樹見本園・4月)

名前の由来は、クロモジの樹皮の色が黒っぽいのに対し、本種が白っぽいことによる。  {クスノキ科クロモジ属/落葉低木}

ヒイラギモチの花 【柊黐】 (植物園展示棟付近大園路・4月)

{モチノキ科モチノキ属 /常緑小高木}


試し読みできます

ユスラウメ【山桜桃、梅桃】 (公園庭園樹見本園・4月)

6月にサクランボみたいな実が熟し、食用となる。 中国北部原産 {バラ科サクラ属/落葉低木}

スモモ【酢桃、李】 (公園庭園樹見本園・4月)

名前の由来は、酸っぱいモモという意味。 {バラ科サクラ属/落葉小高木}


試し読みできます

クサノオウ【草黄】
(植物園展示棟前・4月)

緑色の長い鼻が特徴です。えらそうなので草の王かと思ったら、黄色の意味で 草の黄です(草の王と書くこともある)。 葉や茎をちぎると橙色の乳液が出ます。これには強い毒性があります。  {ケシ科クサノオウ属/1年草}

クサノオウの花

ピノッキオみたいな長い鼻がトレードマーク

クサノオウの葉


試し読みできます

ハウチワカエデの冬芽【羽団扇楓】 (カエデ見本園・4月)

名前の由来は、葉の形が天狗の羽団扇に似ているから。 
日本固有種 {カエデ科カエデ属/落葉高木}

ハウチワカエデのシュート (カエデ見本園・4月)


試し読みできます

ハウチワカエデの芽だし【羽団扇楓】 (カエデ見本園・4月)

イロハモミジの芽だし ‘ワカミドリ’【若緑】 (カエデ見本園・4月)


試し読みできます

イロハモミジの紅葉 ’サオトメ’ 【早乙女】 (カエデ見本園・4月)

名前の由来は、葉の裂片を数えるとき「イロハニホヘト」と数えたことによる(葉の裂片は通常7つ、まれに5つ) 。イロハモミジは、日本で最もよく植栽されているカエデのなかまです。  {カエデ科カエデ属/落葉小高木}

イロハモミジの展葉 ’サオトメ’ 【早乙女】 (カエデ見本園・4月)

4/9現在: 春の紅葉は、秋の紅葉のような派手さはありませんが、命の芽吹きを感じます。今ぐらいがちょうど見ごろだと思います。


試し読みできます

コブシ【辛夷】 (ヤマユリの小径付近・4月)

コブシはハクモクレンと似ています。 コブシは、花の基部に托葉が付く特徴があります。托葉がとれてしまうことがあるので複数の花を見てください。 そして花は四方をむく(あまり上を向かない)傾向があります。ハクモクレンは花が大きめで上を向きます。花びらの枚数がコブシが6枚、ハクモクレンが9枚です(正確には内花被が6枚、内花被が3枚)。 名前の由来は、実がボコボコした形になり、これを人間の握りこぶしに見立ててコブシです。  {モクレン科モクレン属/落葉高木}

コブシの托葉

コブシの花内部


試し読みできます

チューリップと噴水 (中央口・4月)

品種名(商品名)は、濃紫が‘クイーンオブナイト’、赤が‘キングスブラッド’、ピンクが‘メントン’、黄色が‘ムスカデッド’です。


ガーデンの神様 (ハーブガーデン・4月)

神様の周りのよせ植えは季節や年によって変わります。今年はビオラです。


試し読みできます

アメリカザイフリボク 【亜米利加采振木】 (ハーブガーデン・4月)

ザイフリボクの由来は、花の形が采配(さいはい)を振っているように見えるから。 6月に実が熟すので別名ジューンベリーとも言います(花は4月)。果実は食用になります。 北アメリカ原産 {落葉低木/バラ科ザイフリボク属}

ジューンベリーの花

ジューンベリーの実 (6月)


試し読みできます

ホトケノザ【仏の座】
(ハーブガーデン・4月)

早春にいち早く咲く、小さな花です。ルーペで見るとヘビの頭みたいな形をしています。そして頭に毛が生えていて、赤い斑点のある舌を出しています。 春の七草に数えられるホトケノザは別の植物です。この写真の植物は食べられません。 {シソ科オドリコソウ属/一年草、越年草}

コウヤボキの冬芽【高野箒】 (北自然探勝路・4月)

コウヤボウキの冬芽は綿毛に覆われています。 {キク科コウヤボウキ属/落葉小低木}


試し読みできます

チャービル、ウイキョウゼリ
【茴香芹】
(ハーブガーデン・4月)

サラダやスープ、肉・魚料理、デザート・菓子などのかざりに用いられます。特にフランス料理  別名:セルフィーユ、茴香芹 Anthriscus cerefolium {セリ科シャク属/1年草}


ワイルドストロベリー【蝦夷蛇苺】 (ハーブガーデン・4月)

市販の苺(オランダイチゴ)より、小さな実をつけ食べると酸っぱいです。 果実でジャムを作ったり、葉をハーブティに入れたりします。  別名:エゾヘビイチゴ(蝦夷蛇苺) Fragaria vesca {バラ科フラゴリア属/多年草}


試し読みできます

ムスカリ
(生垣見本園・4月)

{ユリ科ムスカリ属/球根植物}

ユーフォルビアプルプレア (ボーダー花壇・4月)

{トウダイグサ科トウダイグサ属/}


試し読みできます

モクレン【木蓮】
(花木見本園・4月)

4/2現在:つぼみが大きくなりました。もう少しで咲きます。 {モクレン科モクレン属/落葉低木}

ハクモクレンの花内部
【白木蓮】
(中央レストラン付近・4月)

モクレン属の花は原始的な形をしています。上の方にあるヒゲがめしべ、下の方についているヒゲがおしべです。この写真はおしべが開いて、花粉が見えるので雄性期です。   {モクレン科モクレン属/落葉高木}


試し読みできます

カワズザクラ【河津桜】
(花木見本園・4月)

早咲きの桜です。 カンヒザクラ×オオシマザクラ、 Prunus lannesiana ‘Kawazu-zakura’  {バラ科サクラ属}

カワズザクラの花

カワズザクラのシュート


試し読みできます

ハナカイドウ【花海棠】 (花木見本園・4月)

海棠はミカイドウの古名で、海外から来た梨という意味があります。ミカイドウに対して花がきれいなのでハナカイドウです。リンゴに似た小さな果実が実ります。 中国原産 {バラ科リンゴ属/落葉高木}

ミカイドウ
【実海棠】
(花木見本園・4月)

xx{バラ科リンゴ属/落葉低木}


試し読みできます

オンツツジ【雄躑躅】 (花木見本園・4月)

Rhododendron weyrichii {ツツジ科ツツジ属/落葉低木}

マグワの雌花【真桑】 (北口付近・4月)

ヤマグワとマグワの見分け方は、雌花の花柱(めしべ)の長さを確認します。 花柱とは花序についているモジャモジャの所です。マグワの方が短いのですが相対的なものなので比べないと実感がわかないと思います。  Morus alba {クワ科クワ属/落葉高木}


試し読みできます

カタクリ【片栗】
(湿地性植物見本園・4月)

4/2現在: 野草コースよりも湿地性植物見本園の方が花期が遅いです。これからはこちらの方がいいかもしれません。 {ユリ科カタクリ属/多年草}

カタクリ【片栗】 (湿地性植物見本園・4月)


試し読みできます

アマナ【甘菜】 (湿地性植物見本園・4月)

食用にされていて食べると甘いのでアマナ。植物の名前で「菜」がつくのは食用という意味があります。茎がやわらかく、地面に寝っころがっている傾向があります。日光があたると開く性質があるそうなのですが、この場所は暗いです。そのせいなのでしょうか? 栗谷沼の方は立っていました。  {ユリ科アマナ属/多年草}

アマナの花

アマナの葉


試し読みできます

シャクナゲ【石楠花、石南花】 (ロックガーデン・4月)

シャクナゲとは、ツツジ科ツツジ属のうちシャクナゲ亜属の総称です。  {ツツジ科ツツジ属/常緑低木(まれに高木)}

オトコヨウゾメ【男莢迷】 (北自然探勝路・4月)

ヨウゾメ(莢迷)とはガマズミのこと。実が食べられない、染料として使えないので男をつけたという説があります。  {スイカズラ科 ガマズミ属/落葉低木}


試し読みできます

フキノトウ【蕗の薹】
(梅林・4月)

スーパーなどで販売している状態から少し経過するとこのような花が咲きます。花を見るとフキがほんとにキク科だったんだと感じます。ちなみにフキは雌雄異株で、この写真は雌花だと思います。  日本原産 {キク科フキ属/多年草}

フキノトウ【蕗の薹】 (ドッグラン周辺・4月)

ドッグランの裏にたくさんフキノトウが生えている場所がありました。下の写真が雄花です。


試し読みできます

クスノキ【樟、楠】
(ドッグラン・4月)

早春の樹木の観察ポイントはシュート(葉+枝)の先端です。 先端の葉は鮮やかな色、あるはビロードのような毛が生えていることがあります。 クスノキは赤くなる傾向があるようです。 Cinnamomum camphora {クスノキ科クスノキ属/常緑高木}


カナメモチ【要黐】 (北休憩所・4月)

カナメモチは特に鮮やかな赤になるので生垣に好まれます。  Photinia glabra {バラ科カナメモチ属/常緑小高木}


試し読みできます

フッキソウ【富貴草】
(柳谷沼付近・4月)

おもしろい形をした花です。白く太い角みたいな部分は、おしべが肥大したもので、花びらはありません。名前の由来は、常に青々と葉をつける姿から繁栄(富)をイメージして。白い実を貴金属に見立てて「貴」をつけたらしいです。別名:キチジョウソウ(ユリ科にもキチジョウソウという植物があるので注意)  {ツゲ科フッキソウ属/常緑小低木(または多年草)}

ハナニラ【花韮】 (ボーダー花壇・4月)

可憐な姿とは裏腹に、ニラの臭いがするのでハナニラ。  {ヒガンバナ科(ネギ科、ユリ科に分類されることもある)ハナニラ属/多年草}


試し読みできます

クリとゴンズイ
(北展望所・5月)

サトザクラ【里桜】 (北展望所への道・4月)

人里近い所に植えられるので里桜、ヤマザクラに対してサトザクラです。花期は、4~5月とソメイヨシノより遅いです。 {バラ科サクラ属/落葉高木}


試し読みできます

ヘビイチゴ【蛇苺】 (北自然探勝路・4月)

ドクイチゴとも呼ばれるが、実は無毒です。ただし味が無く、食べてもおいしくはないそうです。 【見分け方】ヘビイチゴ属の見分けは花の裏側にある襟巻き(副萼片)なので、ここをよく観察してください。ヘビイチゴはガクが2重になっていて外側にある5枚が「副萼片」、内側にある5枚が「萼片」といいます。葉の色や形なども見分けのポイントになります。  {バラ科ヘビイチゴ属/多年草}

ヘビイチゴの襟巻き

萼片より副萼片が小さい。

ヘビイチゴの葉

葉は3小葉で、ヤブヘビイチゴよりも色が薄い。小葉の形は円形より細長い。


試し読みできます

フデリンドウ【筆竜胆】 (北サイクリングセンター付近・4月)

普通のリンドウは秋に咲きますが、フデリンドウは春(4~5月)に咲きます。 【見分け方】ハルリンドウにはロゼット葉があります。コケリンドウはとても小さく(花の直径は7~8mm)でガクが反り返っています。  {リンドウ科リンドウ属/越年草}


フデリンドウのガク
(北サイクリングセンター付近・4月)


試し読みできます

キュウリグサ
【胡瓜草】
(北口付近・4月)

葉を揉むとキュウリみたいな匂いがするのでキュウリグサです。 ルーペで見ると結構かわいいのですが、とても小さく肉眼では良く分からないと思います。  {ムラサキ科キュウリグサ属/1年草}

ノミノツヅリ【蚤の綴り】 (北口付近・4月)

直径5mmと小さな花で、遠目ではごちゃごちゃしているように見えます。 ルーペで観察するときれいに見えます。 似た植物にノミノフスマがあるがこれは湿った場所を好みます。それに対してノミノツヅリは日当たりが良く、乾燥した場所を好みます。 {ナデシコ科ノミノツヅリ属/越年草}


試し読みできます

アマチャズル【甘茶蔓】 (北自然探勝路・4月)

葉の形はヤブラガシに似ていますが、葉の表面にブツブツ(毛の生えている場所)があり茎は紫をおびません。アマチャヅル茶として利用されることがあります。生薬名:七葉胆(しちようたん) 花期は、8~9月 雌雄異株 Gynostemma pentaphyllum {ウリ科アマチャヅル属/つる性多年草}

アケビ【木通】 (北自然探勝路・4月)

植物によっては花が咲いても目立たないことがあるので葉っぱの形を覚えておくことが重要です。 Akebia quinata  {アケビ科アケビ属/つる性落葉低木}


試し読みできます

チゴユリ【稚児百合】 (北自然探勝路・4月)

小さな花が群れて咲いているようすを「稚児行列」にたとえました。球根はなく、地下茎で増える植物であるので沢山の個体に見えるのは1つの個体であるかもしれません(地下茎でつながっている)。 近縁種には高さは40~70cmになる「オオチゴユリ」があります(森林公園内では見かけません)。 Disporum smilacinum {イヌサフラン科(ユリ科)チゴユリ属/多年草}

チゴユリの花

この後黒い実ができます。

チゴユリの葉


試し読みできます

ヒメハギ【姫萩】
(北あずまや付近・4月)

とても小さな花なので気をつけていないと見過ごしてしまいます。ルーペで見るとユニークで複雑な形をしています。萩に似ているのでヒメハギにしたのだと推測されますが、花の形は萩と似ていません。花の色、シュートなどの雰囲気が似ているということだと思います。  Polygala japonica Houtt. {ヒメハギ科ヒメハギ属/多年草}

カキドオシ【垣通し】
(北自然探勝路・4月)

カキドオシ茶、あるいは生薬:連銭草として用いられます。古くから民間薬と使用された植物です。  Glechoma hederacea subsp. grandis {シソ科カキドオシ属/多年草}


試し読みできます

ハナミズキ【花水木】 (針葉樹見本園前・4月)

ハナミズキ【花水木】 (北口付近・4月)

花びらのように見えるのは総苞で本当の花序は花の中央にある「つぶつぶ」です。「アメリカヤマボウシ」の方が正式な和名だそうです。 {ミズキ科ミズキ属/落葉高木}


試し読みできます

ツバキ ‘Kサワダ’ (苗園・4月)

ツバキ ‘ハツカリ’ 【初雁】 (苗園・4月)


試し読みできます

ツバキ ‘ホブヒアス’ (苗園・4月)

ツバキ ‘ヒメジシ’ 【姫獅子】 (苗園・4月)


試し読みできます

ツバキ ‘ヒチリメン’ 【緋縮緬】 (苗園・4月)

ツバキ ‘タニカゼ’ 【谷風】 (苗園・4月)


試し読みできます

ツバキ ‘ユキミグルマ’ 【雪見車】 (苗園・4月)

ヤブツバキ ‘シラギク’ 【白菊】 (椿園・4月)


試し読みできます

ヤブツバキ ‘アマガシタ’ 【天ヶ下】 (椿園・4月)

ツバキは、鳥媒花なので多量の蜜を分泌します。しばしば密が滴っているのを見かけます。

ヤブツバキ ‘キクサラサ’ 【菊更紗】 (椿園・4月)


試し読みできます

ヤブツバキ ‘ジンダイツバキ’ 【神代椿】 (椿園・4月)

ツバキ ‘ボクハンニシキ’ 【ト伴錦】 (椿園・4月)


試し読みできます

ツバキ ‘デッビー’ (椿園・4月)

ツバキ ‘ハナフウキ’【花富貴】 (椿園・4月)


試し読みできます

ツバキ ‘コンロンコク’【崑崙黒】 (椿園・4月)

面白い形の花です。中央付近の花びらがドームを作り、おしべを隠してしまっています。 崑崙(こんろん)とは、中国古代の伝説上の山岳。道教の代表的な仙人(八仙)がいるとされています。


試し読みできます

奥付



森林公園に行こう~別館・春


http://p.booklog.jp/book/42881


著者 : なぎ

私が書いた書籍

逆引き電子回路図集 秀和システム/ISBN:978-4-7980-2605-3/A5 2色272ページ/2,625円(税込)
電子部品図鑑 誠文堂新光社/ISBN:978-4-416-10701-0/B5変形/256ページ/ 3,150 円(税込)



感想はこちらのコメントへ
http://p.booklog.jp/book/42881

ブクログのパブー本棚へ入れる
http://booklog.jp/puboo/book/42881



電子書籍プラットフォーム : ブクログのパブー(http://p.booklog.jp/
運営会社:株式会社paperboy&co.

関連書籍

森林公園に行こう~別館・夏

森林公園に行こう~別館・秋

森林公園に行こう~別館・冬

参考資料(外部リンク)

COP10(生物多様性)

IUCN(国際自然保護連合)ーレッドリスト

環境省-生物多様性


試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格100円(税込)

読者登録

なぎさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について