閉じる


<<最初から読む

6 / 166ページ

試し読みできます

ヒュウガミズキ【日向水木】 (日本庭園・4月)

トサミズキの花序は、7~8個の花からなりますが、ヒュウガミズキはの花序は、2~3個の花からできています。  {マンサク科トサミズキ属/落葉低木}

アカメガシワ【赤芽柏】 (林間広場・5月)

これが名前の由来です。出たばかりの葉は赤くなります。 {トウダイグサ科アカメガシワ属/落葉高木}


試し読みできます

セントウソウ【仙洞草】
(日本庭園付近・4月)

セリ科の花の中でも、春一番に咲きます。別名:「黄連だまし」と呼ばれます。 似た植物に、ヤブニンジン、ヤブジラミがありまが、これら花期が少し遅いです。  {セリ科セントウソウ属/多年草}

セントウソウの花

小さすぎて肉眼では良く見えませんが、ルーペで見ると花びらが5枚、おしべが5本であることが分かります。

セントウソウの葉

葉の形は1~3回3出羽状複葉で、細かく切れ込みます。

試し読みできます

サンシュユ【山茱萸】 (梅林・4月)

実は滋養・強壮の効果がある果実酒になります。中国と朝鮮半島が原産で江戸時代に渡来しました。  {ミズキ科ミズキ属/落葉小高木}

サンシュユの幹

サンシュユの葉(11月)


試し読みできます

ニワトコの冬芽

ニワトコの冬芽が成長してゆく様子は面白いです。みなさんも観察してみてください。

①冬芽が開いて、葉が見えました

②葉痕(葉が付いていた痕)です

③ブロッコリーみたいな花序が見えました。 寒い時期、葉は紫色をおび、温かくなると緑色になります。

④1つの冬芽からは、1つの花序と4~6枚の複葉が出てくるようです。 新しい茎の節には、4本の触角みたいなのがあります。これは茎が古くなると脱落します。


試し読みできます

ヒメカンスゲ【姫寒菅】
(西田沼周辺・3月)

茎の先端についている大きなふさふさが「雄小穂」、茎の途中についている小さなふさふさが「雌小穂」です。茎の途中でまだらに紫~茶色になっている所が見分けのポイントです。  {カヤツリグサ科スゲ属/多年草}

姫寒菅の雌小穂

姫寒菅の葉


試し読みできます

センボンヤリ【千本槍】 (南自然探勝路・4月)

春には普通の花を付け、秋には「閉鎖花」と言って開かない花を付けます。  {キク科センボンヤリ属/多年草}

センボンヤリの花

センボンヤリの葉



読者登録

なぎさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について