閉じる


<<最初から読む

6 / 31ページ

 響が目覚めると、飛行機はいつしか目的地に着いていた。
「しまった!」
 慌ててベッドから飛び降りようとする響をジョンが後ろから抱いて止めた。
「大丈夫だよ。若葉君達に名波ちゃんは疲れて寝ているって伝えてあるから」
「……そうか」
 響は落ち着きを取り戻し、ことんっとジョンに寄りかかった。
 もう夢のような時間は終わったのだ。
 この暖かい温もりを感じ続けるわけにはいかない。
 伊藤家嫡男としての、伊藤苑社員・名波響としての時間が始まる。
 響は少しでもジョンと一緒にいられればいいのにと思った。だがこれはシンデレラのような一時の幻に過ぎない。それを誰よりも名波響は知っていた。
「あ……水着」
「新しいのを用意してあるから、そちらを穿いていくといい」
「ありがとう」
 そう言って響はジョンにキスをした。
 ぴくんっと体を震わせ、響はジョンから離れる。
「……おい、あのジェルの効果、まだ続いているぞ」
「48時間続くって言ったでショ?」
「まったく……今日は若葉も一緒に来ているっていうのに。こういう日は特別なジェルを使うなよ。まぁ、自制心を持っていれば、なんとかなりそうだ」
「そうそう、自制心を持っていれば大丈夫だヨ。普通の生活を送っていればネ」
 ジョンは意地悪そうににやりと笑った。
 響は窓の外を見た。仲良く歩く若葉と円青樹の姿が見える。そして浜辺でくつろぐ世界各国のセレブ達。
「……ん? R先輩とバッティングしてるのか。あの人、苦手なんだよな」
「響はRのお気に入りだからねぇ。まぁ気に入られていて損はないよ。適当にあしらっておくといい」
「適当にって……軽く言うけど、お断りするのは大変なんだぞ。ジョンがいないと大胆に迫ってくるし……誰も助けてくれないし……」
「ふふふっ、頑張れ、可愛い響ちゃん」
 響は水着を穿いた。
 恥ずかしくなる程、まだ体が興奮している。彼は頬を染め、俯いた。
「……なぁ、水着でいかないとダメか?」
「ビーチにスーツで行くわけには行かないだろう? 若葉君が待っているよ。早くお行き」
「え? ジョンは一緒に来てくれないのか?」
「ああ。私はしばらくビーチを歩く君を見物しているよ」
 ジョンはにやりと笑い、窓から外を見た。
「フェロモンを撒きながら彼らの中を歩く君の姿が見てみたくてね」
「この……変態サド男が」
「んふふふっ、さっきも言ったけど触られ過ぎると興奮の暴走が止まらなくなるから気を付けてネ。公衆の面前で恥ずかしい姿を晒すことになるヨ」
 ジョンは響の乳首をきゅっと摘んだ。
「あっ! あっああっ! 止め……!!」
「ずっと乳首を勃起させちゃって。私が行くまで我慢するんだよ、愛しい響」
 ジョンの手がすっと、響の水着へと滑り込む。
「もう……止めろって……ああっ! あんっ! それ以上されると……あっ! また!」
 どくんっと白い精液がジョンの掌へと放たれた。
 ジョンは精液をぬるぬるっと響の体に塗った。そのまま乳首をぬめぬめと刺激する。
「私のスペルマと響のスペルマが君の体の上でミックスされていい感じだ。興奮を呼び起こすような薫りがするネ」
 響はぼんやりと宙を見つめながら、体をびくん、びくん、と震わせた。
「綺麗だよ、響。私の男だ。私だけの男だよ。だからもう誰にも触れるな。誰にも触れられるな。私だけの男だって、覚えておくんだよ」
 ジョンは響の首筋にキスをした。
 響はこくんっと頷く。
「さぁ、お行き。みんなの所へ」
 ジョンがそっと背中を押す。
 シンデレラの鐘の音が鳴る。
 響はうっすらと涙を浮かべながら、再び頷き、立ち上がり、扉へと向かうのだった。

 飛行機を降りて赤い絨毯の上を歩く名波響。
 その艶っぽい姿はビーチにいるセレブ達を魅了した。頬を染めながら見つめる者。ヒソヒソと噂話をする者。にやにやと笑いながらビデオを回す者もいた。
 立って歩いてみると腰や体中が痛く、辛い。響は少しふらつき、顔を顰(しか)めた。
 そこへモデルや財界人、また富豪のご婦人達が歩いてきた。無視するわけにはいかない。かといってこのレッドカーペットから出たら拉致されかねない。響は絨毯の端に立ち、ご婦人達を迎えた。
「響、お久しぶりね」
「ハイ、響」
「どうしたの? また悩ましい姿をして」
「奥様ったら……知っていらっしゃる癖に。ジョンにまた意地悪されたのよねぇ。可哀想だわ」
「桜色の乳首をこんなに興奮させながら歩いているなんて。一体今までジョンに何をされていたのかしら」
 ほほほほほっと婦人達が笑う。
「今夜は私のベッドにいらっしゃいよ」
「あら、抜け駆けはいけないわ。響、私の別荘にいらっしゃい。夫も貴方と寝たがっているのよ」
「貴方のペニス、本当に素敵。味わってみたいわ」
「水着はいいわね。ラインがくっきりと見えてよ」
 婦人達は次々と響にキスをし、体中に触れてくる。しかし決して絨毯の内側には入ってこないのだった。
 響は醜態を晒す前に離れようと思い、すぐにお辞儀をし、若葉達の元へと向かった。
「響、久しぶりだな」
 遠くから声がする。Rの声だ。桁違いのセレブリティー。会いたくなかったが無視することは絶対に出来ない。
 声がした瞬間、響はRへと体の向きを変え、深々とお辞儀をするのだった。
「R先輩、ご無沙汰をしております」
「いいよ、そんなよそよそしくしないでくれ。私と響の仲じゃないか」
 どういう仲なのだ。そう響は思ったが笑顔を絶やさなかった。
「お会い出来て光栄で……むぐっ!」
 響はいきなりRに抱かれ、激しいキスをされた。彼は必死になって赤い絨毯から出ないように踏ん張った。しかし体格差がありすぎる。ひょいと持ち上げられたら簡単にはみ出してしまうだろう。
 だが絨毯の上から響や客人を拉致することをジョンが許さないのをRも知っていた。

 ライン上の攻防。

 口の中へと無理矢理入ってくるRの舌。太く長く、奥の奥まで犯されていく。響は多少抵抗するが、どの程度の抵抗までが許されるのか分らず、悩んだ。冷や汗が出る。少しでも不快な気持ちにしたら、明日にでも伊藤苑は無くなるだろう。ジョンではない男の舌を受け入れながら、響はそんな事を考えていた。
 緊張し、冷や汗が流れていた響の背中にRの手がつつつっと触れる。
 響は情けないことにぴくっと体を震わせ、反応してしまった。

 ――しまった!

 後悔しても遅かった。
 にやりと笑ったRは響の背中を撫でる。それから力強い左手の指でがっしりと体を押さえた。右手の太い指先が硬くなった乳首に触れる。感じやすい響の、さらに特別なジェルによって敏感になったピンク色の乳首を嬲る。
「……R先輩、あの……」
「なに? 響」
 乳首に触れないでください。この一言が出なかった。響は唾と一緒に言葉を飲み込んだ。
 体がますます反応していく。響は興奮する体を止めることが出来なかった。肌がさぁっと桜色へと染まっていく。ビーチからは感嘆の声が上がった。
「綺麗だね。本当に美しいよ、響。
 水着姿の君が一人で歩くなんて初めてのことじゃないか? いつもジョンが君を側に置いて護っているのにさ。彼を怒らせでもしたのかね? 辛いことがあったらいつでも私の元へおいで。大切にしてあげるよ。
 君の肌は興奮すると桜色に染まってとても美しいと聞いていたが、本当なんだね。興奮しやすくて感じやすくて……とても淫乱な子なんだって? 私のテクニックでどこまで乱れてくれるのか、楽しみだよ」
 背中に回ったRの左手が響の尻に触れ、撫で回す。繊細な谷間を上下し、水着越しにアナルをマッサージしてくる。
「あっ! 先輩……! その……」
 体中に走る快感と響は闘っていた。ここで少しでも身を捩ったら、Rが何をするか分らなかった。下手をすればジョンとの全面戦争覚悟で響を連れ去るかもしれない。響は唇をぎゅっと噛み締めながら、体中に湧き上がる快感を我慢した。
「なんだい? 素直になって言ってごらん」
 Rは響の水着をそっと下ろそうとした。ずり落ちた水着が膨らんだペニスに引っかかる。響は真っ赤になりながら水着を押さえた。
 男の逞しい右手が響の肌を優しく嬲りながら、水着の膨らみに触れる。
「君のペニスに水着上から触れる日が来るとはな。夢みたいだよ」
 Rは響の膨らんだペニスを指先でなぞり、形を際立たせた。
「日本人にしては大きいね。感度はどうかな?」
「先輩! そこは……!」
 水着の中にRの大きな右手が滑り込んできた。同時に左手がやはり水着の中へと滑り込んできて、アナルを直に撫で回す。長く太い男の中指が、ジョンの精子とジェルが零れ、濡れているアナルの中へとぬぬっと滑り込んでくる。
「あっ……ん……」
 響はたまらなくなり、艶っぽい声をあげ、体をふるふるっと震わせた。

 ――人前でここまでするだなんて……R先輩、酷い……。ジョン……助けて……。

 響はうっすらと涙を浮かべた。
 助けは来ない。
「素晴らしいね。君の喘ぎ声はなんて美しいのだろう。東洋の神秘ってやつなのかな」
 セレブ達の視線が集まる。綺麗な顔と冷たく笑った表情。どこまでRが手を出すか賭けに興じる者もいた。
「せ、先輩……」
「たまらないね……その瞳」
 Rはごくりと唾を飲み込んだ。
「響はその姿を自分で見たことがあるのかい? 男を誘惑している濡れた瞳。唇。声色。体……そして匂い。
 ふん、ジョンにスペルマを塗られまくったな。シャワーも浴びせさせずにこの姿のまま人前へ出すなんてね。あいつもよくやるよ」
 響はそっとRの体を押した。だがそんな力ではびくともしなかった。
「可愛いねぇ。私に抱かれて嫌がる仕草をしたのは君が初めてだよ。そうか、成程。これが抵抗ってやつか。これはいい。確かにいいな。ジョンもこれでは君に夢中な筈だ。ふふふっ、私達のような男に抱かれて抵抗する者などいないからな」
 Rは響に体を密着させ、耳元で囁いた。
「君を連れて帰りたいよ、響。もう一歩、こちらへおいで。その赤い絨毯の外へ」
 水着の中のペニスが優しく揉まれた。響の体がびくびくっと震える。
 Rは優しく微笑みながら、興奮し濡れた響のペニスを水着から出そうとした。

 ――助けて……ジョン。

 響の頬をダイヤモンドのような涙が輝きを放ちながら流れた。


 ブログ『伊藤君と円先輩』119本目に続く http://drink110.blog29.fc2.com/blog-entry-134.html

コカアディクション あとがき

こんにちは。藤間紫苑(ふじま しおん)です。

『伊藤君と円先輩』サイドストーリー、いかがでしたでしょうか。

ブログには書かれていない名波×サンガ、コカ×名波を電子書籍化してみました。
ブログには書かれていないシーンが沢山あります。
サンガが一体何故名波を恐れているのか、とか。
コカと名波の出会いとか。これは一応、現在『伊藤君と円先輩』電子書籍化書き下ろし小説として執筆中です。
刊行案内は『伊藤君と円先輩』公式ブログ http://drink110.blog29.fc2.com/ もしくは藤間紫苑ツイッター https://twitter.com/#!/fujima77 にUPしますので、チェックをよろしくお願いします。
学生時代。ある事件に巻き込まれた名波。それを偶然助けたコカ。
そこから二人の付き合いは始まります。

ブログの『伊藤君と円先輩』はほのエロシーンのみとなっておりますが、電子書籍、また書籍のイトマドにはエロシーンが含まれます。
大人のイトマドとして楽しんでいただければ幸いです。

表紙立絵イラストは書籍同様・石原理先生の作品となります。
いつもお世話になっております。
 ★ 石原理公式サイト http://www.denpajack.net/

この作品はPDFやePUB拡張子でもダウンロード出来ます。
スマホを持っている方、PCに保存したい方はぜひダウンロードをしてみてください。

ではこれからも応援をよろしくお願いします。

藤間紫苑 2011/01/20

藤間紫苑公式サイト http://www.fujimashion.com/

コカアディクション 2 ~ベルガモットに魅せられて~ 序章

『コカアディクション 2 ~ベルガモットに魅せられて~』

この小説は 愛と潤いのドリンク劇場『伊藤君と円先輩』▼147本目『西瓜ソーダ 4』(N:藤間しおん I:石原理) http://drink110.blog29.fc2.com/blog-entry-164.html の続きとなります。


 古河・C・ジョン(愛称 コカ)の別荘へと遊びに来ている伊藤苑三人組。
 海水浴を満喫した後、ドリンク業界のライバル会社エージェント達と共に大浴場へと向かうのだった。

1-1

 伊藤苑創業者一族の御曹子である伊藤若葉が脱衣場の扉を開くと、そこにもやはり赤い絨毯が敷き詰められていた。
「……脱衣場も赤い絨毯付きなんですか」
「もちろんだとも! 私は絨毯の上しか歩いたことがないからネ☆」
 ジョンが踊りながら脱衣場に入る。
「皆で風呂に……入るのか……」
 伊藤苑研究員助手(年度契約アルバイター)である名波響がぼそりと呟いた。
 響と若葉は実の兄弟であった。響は伊藤苑次期社長としての期待を背負って子供の頃から教育されていたが、伊藤苑社内では最重要極秘事項になっており、それを伊藤苑研究室室長である円青樹すら知らなかった。
 伊藤若葉も社内では一社員に過ぎない。実力主義の伊藤家は創業者一族である事実を公表することはせず、一社員として実力をつけ、管理職へ登り詰めるよう教育していた。だが円は若葉が伊藤家の御曹子である事実を知っていたのだった。
「名波さん、ちょっと恥ずかしがり屋ですものね。円先輩を見習ってバッといきましょうよ」
「伊藤君、変な所が円さんに似てきたなぁ」
 頬を染めながら響が若葉を見る。
「恋人ですから」
 若葉はちょっと自慢そうに微笑んだ。
「そうだぞ、名波。恥ずかしがるより、堂々としたほうが開放感があって楽しいぜ」
 円青樹が響に笑いかけた。
「開放感……ですか」
 響はゆっくりと脱衣場を見渡した。
 瑞々しく弾けるように美しい男達が談笑しながら水着を脱ぐ。すらっとした脚。引き締まった尻。そしてペニスが響の視界に飛び込んできた。

 どくん。

(あ……また体が……)
 響は慌てて俯いた。
 飛行機の中でジョンに使われた媚薬のような特製ローション。それはジョンの精子と混ざることによって、一層高い効果をもたらすよう開発されていた。何度も繰り返しジョンに種付けされた響は、元々感じやすい体をさらに興奮するよう改良されていた。
 そんな響にとって大浴場に集う美しい男達の体は目の毒でしかなかった。鼓動が早くなる。うっすらと極めて細かい真珠のような汗が浮かぶ。熱くなっていく下半身。響は興奮する自分自身を恥ずかしく思い、唇を噛んだ。


読者登録

藤間紫苑 FujimaShionさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について