閉じる


<<最初から読む

16 / 30ページ

ななふしさんのカバンの中身
ペンケース、財布、名刺入れ、ヘアゴムにいたるまで、小物は全て黒で統一してハンサムガールを演出。マチの大きなバッグだから、書類もスマートに入れられる。
お気に入りのバッグとおそろいのキーホルダー。あえてキーホルダーだけをおそろいにする上級テクはお手本にしたい。
  

古着屋さんめぐりで見つけたローズ柄のがま口ポーチは、大容量で普段使いのコスメが全て入る便利サイズ。

ティッシュは必ず「鼻セレブ」を使うようにしているという彼女。「鼻以外にも鼻セレブを使うって決めてるんです」。
  




本誌のカバーガールをつとめてくれたmegsorinさん。実は結婚を9月に控え、「うらやま婚」予定。「毎週末、結婚式の準備で大変」という幸せオーラをまとった彼女のカバンをCHECK。


彼女愛用のカバン
IL BISONTE キャンバストート ¥14,700
みさみささんと同じIL BISONTEのトートを愛用中。同じデザインでも柄違いで雰囲気がガラリと変わります。キャンバス地で丈夫なので、毎日の通勤に最適。

megsorinさんのカバンの中身
化粧ポーチ、ビオレさらさらパウダーシート、リップグロス、ミラーなど、女性らしい愛されアイテムが揃ったカバンの中身。携帯電話はiPhoneと普通の携帯電話を併用。「iPhoneはボスの会食場所などを地図ですばやくチェックして伝えるのに便利」と秘書らしい活用方法。
女性らしい赤い長財布は、バッグ・名刺入れとともにIL BISONTEでトータルコーディネート。

  

最近は三次元マスクを常備。「咳に悩まされ続けてもう5週目になります・・・」という彼女だが、マスクの色はピンクと決めているそう。
2色そろえたグロスは、常にカバンに入れている。「1年ぐらい使ってないんですけど」というアイテムをあえて持ち歩いて乙女度UP!
  


渋谷で社長秘書として忙しく働いているみずえさん。「愛犬のロンくんと一緒に過ごす休日が最高の幸せ」という。ロンくんは生後1年7ヶ月で8.3kgに成長した迫力のBIG SIZEパピヨン。


彼女愛用のカバン
FRANCESCO BIASIA
最近買い替えたというこのバッグのコンセプトは、カッチリとしたスーツにも似合うデキる女風バッグ。かしこまった雰囲気の中にもやわらかな質感のレザーが醸し出す女性らしさは、彼女のフェミニンな印象にベストマッチ。

みずえさんのカバンの中身。
携帯電話、定期入れ、名刺入れ、手帳などのOLの必需品がそろうカバンの中身。ウェットティッシュも常備で女子力アップ。梅雨の季節には欠かせない折り畳み傘は、持ちやすく綺麗な色味のものを選んで。
社長秘書の仕事は、ちょっとした買出しが多いので、すぐにおつかいに出られるコインケースを常備。すでに廃盤の希少品ルイ・ヴィトン タイガ ポルトモネ・キュベット アルドワース。
  

MARC BY MARC JACOBSの財布は冒険してビビッドカラーをチョイス。きれい目で鮮やかなグリーンは、財布だけを持って外出するときもファッションのアクセントとして活躍。

ABISTEのブタチャームは、ファッション誌で「恋愛に効く」と話題のラッキーチャーム。TRES ESTILO渋谷マークシティ店のみで入手できる限定色。
  



読者登録

西岡書店(kayop)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について