閉じる


<<最初から読む

6 / 30ページ

佐藤健太郎さんのカバンの中身
仕事道具はMacBook Pro、ノートと、デジタルとアナログがMIX。携帯電話はDocomo SH-01BとiPhoneを併用。発売日当日に3時間並んで手に入れたというiPadは常に持ち歩く。

キーホルダーはモスバーガーとスライム。革製のスライムキーホルダーはゲームキャラを大人っぽく取り入れることができて◎。
  

IL BISONTEの財布は今の会社に入社した当時に買った6年モノ。飽きもヨレもなく永く使えるのは、上質な革を使用したIL BISONTEだからこそ。
修理に出した電動ハブラシを長い間引き取りにいけず、控えをずっとカバンに入れたままになっているそう。
  
現在ダイエット中の彼。会食などで食事コントロールが難しいため、MICRO DIETのカロリーセーブSuperを常にカバンにIN。


こだわりのインテリアでまとめた部屋で、一人暮らし中のげこさん。最近のお気に入りのインテリアグッズは妹が初めてのお給料で買ってくれたクッションカバーだそう。


彼女愛用のカバン
with×アースミュージック&エコロジー 大きめトート ¥0
女性ファッション誌「with (ウィズ) 2010年 06月号」の付録のキャンバストート。流行している豪華付録付きの女性ファッション誌の中でも、彼女が「持って歩いてたら、街でかぶる可能性大で結構恥ずかしいんです」というほどの人気。

げこさんのカバンの中身
女の子らしいカラフルなアイテムが満載のげこさんのカバンの中身。コリラックマの顔がインパクト大のポーチは化粧品入れに。シックなラメ小物とガーリーアイテムで甘すぎずないカジュアルMIXが完成。
下北沢SHELTERの半券は、友人のハードロックバンド「未成年」のライブを見に行った時のもの。
  

大きなビジュー使いのバッグハンガーは最近購入。持ち歩く時はバッグチャームにもなるスグレモノ。
シックなラメの定期入れは、げこさんが「昨日行ってきたんです!」と話す最愛バンドGLAYのツアー「ROCK AROUND THE WORLD」グッズ。一見グッズに見えないさりげないデザインが嬉しい。
  



写真好きが高じて写真サービスのプロデューサーという仕事をしているとしやさん。カバンの中には常にカメラが入っていて、毎日持ち歩いては家族や同僚、風景を撮り続けている。


彼愛用のカバン
PORTER JAM リュック ¥14,700PORTERのリュックは、コーディネートしやすくデイリーユースに最適。強度のあるターポリン素材だから、カメラなどの重い荷物もOK。


としやさんのカバンの中身
カバンの中身を全て出してもらうと、やっぱりカメラの存在感は圧倒的。カメラ本体(Canon EOS 7D)・充電器・レンズ2本(Canon EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM/SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM)・レンズの空き箱など、カメラ関連のグッズが多数。普段からレンズ2本を持ち歩いている理由を聞くと「だって、単焦点とズームで2個必要じゃないですか。」と当然のように答える彼。カメラ以外の持ち物としては、毎朝奥さんが作ってくれているという愛妻風弁当がグリーンの可愛らしいアクセントに。

愛妻風弁当を入れているエコバッグは、デザイン&アートイベント“APMT”の参加者特典ノベルティ。弁当箱からにじみ出る愛情汁をうまく使ってシミをちりばめることで、ビンテージ風に大胆リメイク。




かさばりがちなケースをスマートに収納してくれるカードケース。会社では家電芸人と呼ばれるほどの存在の彼は、カメラ・家電の宝庫、家電量販店のポイントカードを常にカバンにIN。最愛店舗BIG3のビック・ヨドバシ・コジマのカードは当然トップに収納。





読者登録

西岡書店(kayop)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について