閉じる


東京・男・29歳 表は地味でも裏は派手。


東京で会社社長として日々忙しく駆け回る佐藤健太郎さん。カバンにはノートパソコンをはじめとした、ビジネスに欠かせないツールを入れて持ち歩いているそう。


彼愛用のカバン
nano・universe Clothingレザーブリーフ ¥31,500
バッグや服は、オフィスシーンでも違和感のないデザインを選んで購入するという佐藤さんのこだわりポイントは、「表は地味でも裏地が派手だったり、見えないところに遊び心のあるもの」。この日のnano・universeのバッグも裏地は鮮やかなオレンジ。

佐藤健太郎さんのカバンの中身
仕事道具はMacBook Pro、ノートと、デジタルとアナログがMIX。携帯電話はDocomo SH-01BとiPhoneを併用。発売日当日に3時間並んで手に入れたというiPadは常に持ち歩く。

キーホルダーはモスバーガーとスライム。革製のスライムキーホルダーはゲームキャラを大人っぽく取り入れることができて◎。
  

IL BISONTEの財布は今の会社に入社した当時に買った6年モノ。飽きもヨレもなく永く使えるのは、上質な革を使用したIL BISONTEだからこそ。
修理に出した電動ハブラシを長い間引き取りにいけず、控えをずっとカバンに入れたままになっているそう。
  
現在ダイエット中の彼。会食などで食事コントロールが難しいため、MICRO DIETのカロリーセーブSuperを常にカバンにIN。