目次
はじめに
はじめに
パチンコライフの終焉 禁パチ&脱依存症!
パチンコライフの終焉
パチンコが止められない4つの理由
なぜパチンコを止めなければいけないのか
パチンコと多重債務について
パチンコと心の病気
なぜパチンコは勝てないのか
無知な客がパチンコ店を繁盛させる。
パチンコは必ず店側が儲かる商売
パチンコ店を運営するにはこれだけの費用がかかる
煌めく装飾品の値段
これだけ儲けている!大手パチンコ店の実態
数字で把握するパチンコ業界
パチンコで勝つための努力を考える
パチンカーが陥る間違った考え方
なぜパチンコを止められないのか
パチンコの真実は自分でさがさなければいけない
のめり込みへのプロセスとは
パチンコを止める様々な方法
経験から学んだ禁パチの秘訣とは
パチンコは我慢して止めるな
自分の状態を知る
依存症になる前に止めなければいけない理由
パチンカーが陥りやすい状態を知る
パチンコをしてはいけない性格
自分の現状を炙り出す ★カウンセリングスタートシート
生活を破綻させる依存症を知る
ギャンブル依存症(病的賭博)とは
パチンコ依存症という特徴
依存症はこうして進んでいく
依存症が引き起こす自殺について
依存症の原因となるアダルトチルドレン
依存脱却の3ステップ
パチンコを止めろ!精神編
自認の重要性。なぜ最初に自認をしなければいけないのか
ポジティブな性格を手に入れることが回復につながる
失ったお金はキッパリと諦めなければいけない
人と繋がることが回復に繋がる
禁パチの処方箋は日にち薬
ギャンブルを止めろ!金銭編
間違っていないか、パチンコ資金の優先順位
勝っても負けても借金が増える理由
知らないと危険な返済の恐ろしさ
1%10万円という金利の恐ろしさ
借金の整理はどうしたらいいのか
ギャンブルを止めろ!行動編
心が軽くなる家族への告白
生活リズムを正せばパチンコは止められる 
人生を変えるノート活用術
パチンコを止めるための環境改善
止めやすい状況をつくることを意識し、行動する
心が軽くなる内観療法
ギャンブル依存症には内観療法
内観療法の効能について
内観療法のやり方
日常内観シート
パチンコ狂いを止めさせるには
大切な家族のパチンコ狂いをやめさせるために知っておかなければいけないこと
家族が応援できること
家族がしてはならないことを把握しておく
家族が原因となる共依存とは
最後に
あとがき
おまけ
ギャンブル依存度チェック
パチンコをすれば運気が下がる? 
印象的なパチンコの止めさせ方
ツィッター パチンコやめましょ編
ツィッター パチンコ業界編
ツィッター ギャンブル依存症編
禁パチリンク集

閉じる


<<最初から読む

34 / 60ページ

試し読みできます

禁パチの処方箋は日にち薬

●禁パチの処方箋は日にち薬

当たり前のことですが、とても大事な事実をお知らせします。必ず覚えてください。それは『時間が経つにつれてパチンコに行きたい衝動は薄れていく』ということです。時間の経過と共に今感じている以上の衝動や禁断症状はこないのです。次の症状や衝動は薄れているのです。

私はこれを日にち薬の効能と呼んでいます。日にち薬の効能があるから、時間の経過と共に頭の中からパチンコが自然と消えていくのです。もちろんあくまでも正しい止め方ができていることが前提となります。

この日にち薬を医学的に考えると、時間と共に脳内に抑制系の伝導路が構築されるようになり、衝動や禁断症状に対して抵抗ができていくからです。そのため、パチンコに行きたいという禁断症状が徐々に落ち着いて、最終的に意識上から消えるのです。

逆に衝動を止められない人やパチンコにのめり込んでいる人は脳に報酬系の回路が強く出来上がってしまっています。抑制系の回路がまったく発達、機能していません。パチンコを通じてドーパミンやノルアドレナリン、エンドルフィンなどの脳内物質を利用して手軽に快楽を得ることができるという回路だけが強調されているのです。

禁パチを考える上で一番重要なこと、それは脳の抑制系を発達させることです。要は報酬系の回路を抑えることさえできればパチンコなどに見向きもしません。どうすれば抑制系を発達させることができるのでしょうか?それはとても簡単で誰にでもできることばかりです。

それが私が言っている自認であり、気づきであり、認知修正なのです。その他にもセロトニンという物質を利用した睡眠、食事や運動などの生活リズムの改善などがあります。これらを理解し、行動することにより抑制系が強化され自己のコントロールができるようになるのです。

禁パチで辛い時期は決まっています。初期の期間だけです。1週間、2週間、3週間、1ヶ月、3ヶ月、半年、1年と大きく区切って考えると、特に1週間、2週間、ヶ月頃までは厳しい時期です。しかし、自認、気付き、認知修正などを経て正しい止め方で3ヶ月以上禁パチが継続できれば、ほぼ9割以上成功したのと同じです。1年以上止められたのならば、後は意識上に上がることも殆どなくなります

最初の3ヶ月が鍵となってきます。パチンコを止めて苦しいのは一時期だけということを理解してください。これを知っていれば禁断症状がでたときでもストレスがかなり減少されます。禁断症状をコントロールすることができるようになるのです。

そのためにも、まずはじめは強制力を利用してください。我慢や努力をするのではなく、お金を持たない、時間を作らないなど強制力の力を借りるのです。それが正解なのです。あとは、時間の経過とともに抑制系が機能するようになります。そうなれば、強制力を徐々に解いていけばいけばいいのです。いつまでも禁断症状は続きません。衝動的な行きたい気持ちを乗り込えると、次はそれ以上の葛藤はこないのです。

これらのことに気づくと自分の置かれている状況が把握できます。

なぜ他人と比べて自分はパチンコにのめり込みやすいのか?
なぜ禁パチが継続してできないのか?
パチンコ依存症は完治しないと言われたが何故?

継続して禁パチできないことや、他人との違いは脳の回路が強化されていないからです。パチンコ依存は完治しない、簡単には治らないと呼ばれている原因もここにあります。厳密に言えば脳に報酬系の回路が出来上がってしまっているので、再度同じ刺激を受けるとパチンコをしていない人と比べ刺激に対して弱くなっているのです。一度築かれた回路には信号が走りやすくなっています

そこを理解して自分はパチンコに向いていない、熱くなりやすい性格ということを自覚していて欲しいのです。そして、状況の把握よりも一段階上の効能としてストレスの軽減も期待できます。

パチンコを一生意識し続けて逃げ回るのは嫌だ!
ずっとなんて禁断症状を我慢できない!
何十年もグループミーティングに通わなくていけないなんて無理だ!

こういった思考にとらわれてストレスが溜まりスリップする人がいます。しかし、正しい禁パチを継続することができるのならばパチンコを一生意識したり、我慢しなければいけないことはありません。それらを考えなくてもいい理由は分かっていただけると思います。時間がたつにつれて脳の抑制系が強化されいっているからです。

GA(ギャンブラーズアノニマス)にしても無期限に通い続けると思うとそれは精神的な負担になります。通うことがストレスになっては本末転倒です。時間の経過とともに日にち薬の効能でパチンコは意識からなくなるということを理解しておけばスリップの原因となるストレスはかなり軽減されるようになるのです。

このように正しい止め方さえ分かっていればパチンコが我慢せずに楽に止められるようになります。例えば近くにパチンコを止めた人がいればパチンコを我慢しているのか、まだ行きたいと思うのかといった質問をしてみてください。半年を超えた人ならば、パチンコに対してのストレスなどなく、なんの意識もしていないはずです。

間違いなくパチンコをしていない状態というのはとても幸せなのです。イライラする頻度も違いますし行かないことを辛いとも感じません。むしろ逆に幸せなはずです。

もっと身近な例ではタバコの禁煙があります。タバコはパチンコと同じ依存物質ですが、今では昔とくらべ1千万人以上の人が禁煙をしています。止めた人は全員いまでも吸いたいのを我慢しているのでしょうか?違います辛いのは最初だけです。時間の経過と共にまったく欲しいとも思っていないのです。逆に自分の健康を守ることと、無駄なタバコ銭を使わなくなって以前より良い生活を過ごしているのではないでしょうか。

これらも日にち薬の効能です。時間が経つにつれてタバコが自分にとっては必要なものではないと脳が認識を強化していきます。その結果吸いたいとも思わなくなり、逆に他人の煙が嫌になります。 パチンコも同じなのです最終的に嫌悪感に変わります。

こうしたように時間の経過と共に抑制系が働くようになります。今は不安かもしれませんが大丈夫です。パチンコは意識から消えてなくなります

もちろん、自認、気づき、認知修正や脳の抑制系を強化する行動などあくまでも正しい止め方をした場合に限ります。これからぜひ挑戦していきましょう。待っているのは様々なしがらみからの開放です。禁パチを達成した人が全て幸せになっているという事実がそれを物語っています。


34
最終更新日 : 2012-02-19 13:32:20

試し読みはここまでです。続きは購入後にお読みいただけます。

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格980円(税込)

読者登録

yamasita-minoruさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について