閉じる


政治

政治に関するツイート

・戸別訪問はダメ、ネット運動はダメ。「得体の知れない技術で不正をする奴がいる」という発想。要するに国民を信用していない。根本からして見下している。放っておいたら大衆はいい加減なことをすると言う思い込み。日本で許認可が多すぎるのはその理由。2010年02月28日(日)

 

・選挙中にネット使っちゃダメと言うのは、電車の中で携帯使っちゃダメと言う科学的に無根拠な「自分の知らないモノへの恐怖」に突き動かされた老人の情動。2010年02月28日(日)

 

・民主党はここで外国人参政権反対を鮮明にすれば参院選で保守派を取り込めたろうに…なにの農協とか医師会とか自民党の旧い利権団体ばかりを取り込もうとしている。選挙戦術として全く間違っている。小沢氏が選挙の神様なんて真っ赤なウソである。2010年03月01日(月)

 

後世の人間は「何故あなた達ドイツ人はナチスを止められなかったのか?」と問う。それと同じく、100年後の子孫たちに「何故あなた達は自民党の腐敗と民主党の暴走を止められなかったのか?」と問われたときに我々はぐうの音も出ない。2010年05月10日(月)

 

・そうそう、戦前(戦争直前のやばい時期)の日本も1年ごとはおろか、ほんの数ヶ月毎に総理大臣が交代していた。林銑十郎(4ヶ月),米内光政(6ヶ月),阿部信行(5ヶ月),平沼騏一郎(8ヶ月)…そうして日本は戦争に突入して負けたわけだが。2010年06月02日(水)

 

・自民党がバブル後に使った公共投資500,000,000,000,000円、はやぶさ2号の予算17億円。はやぶさから貰った希望プライスレス。2010年06月16日(水)

 

・何で参議院なんて無意味な議会を作ったんだよ、貴族院じゃない時点で無意味だろ…良識の府って、あんた谷亮子にそんなもの期待できないよ。参議院の数合わせのために連立を組まなくてはならず、日本の成長が阻害されていると思う。2010年06月22日(火)

 

・小泉内閣が10年続いていれば、いまごろ安倍氏が体調を万全にしてアップを始めていたに違いない。てゆうか十分にその可能性があったのに、5年で手放してしまう変人・小泉元総理。日本の改革が5年で出来るわけは無いだろうに。2010年08月26日(木)

 

・廣田弘毅(11ヶ月)、林銑十郎(4ヶ月)、平沼騏一郎(8ヶ月)、阿部信行(5ヶ月)、小磯國昭(9ヶ月)、鈴木貫太郎(4ヶ月)⇒1945年日本敗戦。安倍晋三(12ヶ月)、福田康夫(12ヶ月)、麻生太郎(12ヶ月)、鳩山由紀夫(9ヶ月)⇒201X年?。2010年08月26日(木)

 

・ニクソンは「声無き声の普通のアメリカ人の為に政治をやる」といって無名候補から一躍大旋風を巻き起こして大統領になった。プロ市民でも活動家でもない、「普通」の声無き一般国民の為でなければ政治など嘘である。大丈夫ですか民主党。2010年08月27日(金)

 

・自由党時代の小沢一郎氏なら支持していたが、民主党では徹底的に田中派の土建政治に逆戻り(?)している。要するに、彼には確固とした政治信条は無く、日和見で政策を変え、その時の権力の台風の目に成る事のみを志向しているように思える、と思われても仕方ない。結局小沢が何なの未だに分からない。2010年09月01日(水)

 

・小沢が改革派だとか言う人は一寸どうかしてると思う。”小鳩内閣”時代に彼らがやったことを思い出せ。農業所得補償、郵政民営化の後退、土建票の復活、高速道路無料化凍結、子供手当て、高校無償化検討…、全く改革とは程遠い田中派の社会主義経済だ。2010年09月15日(水)

 

・日米戦をずーと反対し続けたのは、共和党のフーヴァー。日本初訪問は共和党のフォード。それなのに日本のマスゴミはマケインを無視してオバマ一色の愚かさ…。2010年11月23日(火)

 

・公明党の異常性は宗教政党だからなのではなく、表向きは平和を標榜する中道?政党でありながら、その実態は池田大作を頂点とするヒエラルキー、池田の支持によって一糸乱れぬ動きをする闘争集団であるところにある。初期のナチスに酷似している。2010年11月25日(木)

 

・小泉が支持されたのがワンフレーズ・ポリティクスとか演説がうまいとか、マスコミによる大衆蔑視である。小泉の構造改革路線が時代の要請として必要であると、具体的な政策に詳しくは無くとも、およそ殆どの国民が皮膚感覚で感じ取っていたからこそ小泉は支持を受けたのである。2010年11月27日(土)

 

・与謝野氏の「たちあがれ」参加の時点で、”打算的結婚”はミエミエであった。思想が違う平沼氏と与謝野氏が一蓮托生などありえない。損得だけの打算的結婚は必ず破綻する。そして現に破綻した。ドイツとソビエトの”打算的結婚”がその後どのようになったか。言うまでも無く今回も同じである。2011年01月13日(木)

 

・復興増税とか、復興目的消費税とか、キチガイの類。いまこそ減税・産業育成国債発行だろうが。お前ら散々子供手当とか農業戸別補償に何十兆も費やしたのに、なんで未曽有の復興だけ増税で賄おうとするのか。異常か。金は出して防衛・科学・復興はないがしろ。流石自民党経世会=民主党やな。2011年04月21日(木)

 

・敢えて僕流に。右翼「急峻な道を行くのは日本人だけ。朝鮮人は付いてくるな」保守「体力のない同胞を見捨てるわけにはいかぬ」左翼「選ばれた者たちだけで登ろう」サヨク「山登りより9条ダンスを踊りましょう!」S価「池田先生が登れと言えば」2011年04月22日(金)

 

・福島みずほよ、真に日本国を憂いて脱原発を言うのならば、いちいち社民党の宣伝と絡めるな!浅ましいその態度そのものが社民党凋落の原因だとわからないのか。(福嶋みずほの朝まで生テレビ出演に際して) 2011年05月28日(土)

 

・俺は石原発言に激怒したゲイ団体のブログで、かの有名な「硫黄島の星条旗」をレインボー旗に取り替えて硫黄島に突き刺しているコラをみた。発言一つでここまで英霊を侮辱するのはどうか。どっちも狂ってる。(石原慎太郎都知事の「同性愛者はちょっと足りない」発言での反応に際し)2011年06月23日(木)

 

・民主党は社会党の残党と自民党のサヨクが合流した革新政党であり、政権交代とは単なる55年体制でなし得なかった社会党の悲願を民主党が代弁してるにすぎない。つまり政権交代とは、単に保革逆転した60年前の政治状況が繰り返されているだけ。騙されるな。いま我々は社会党に統治されているのだ。2011年08月10日(水)

 

・名前が同じという理由で千葉県野田市にテレビ局が来る→最初の支持率をご祝儀相場と揶揄する→組閣で反小沢との抗争の図式にもっていく→些細なスキャンダルが発覚→単語の使い方の間違いや読み違いを殊更に強調→ポスト野田の合唱→野田で選挙は無理→辞任→1に戻る。(野田首相の誕生に際して) 2011年08月29日(月)

 

・日本は政治献金についての規制が厳しすぎる他、選挙行為、土地建物、営業起業、航空、物流、保健衛生等あらゆる物が規制大国である。これは「民衆は放っておいたら何をするか分からない」という官の大衆蔑視だ。大衆は悪事をするに決まっている、という思想がこの国の許認可制度の根底にある気がする。2011年09月08日(木)

 

・私なりにTPPを勉強した結果、デフレという凍傷により体力を温存しなければならぬのに「捜索隊をこちらから捜しに行こう」と、わざわざ吹雪の山小屋を飛び出すのと同じ行為と例えている。この場合じっと小屋の中で体力の回復と吹雪が止むのを待つが正解。天候が好転してから積極攻勢をしても遅くない。2011年11月01日(火)

 

・デモの時いつも疑問に思うことであるが、『民主党解体!』で本当にいいのだろうか。解体して分裂した残党が何食わぬ顔で連立政権に参画したら元の木阿弥ではないか。それをやってきたのが、民主党の前身である新進党と旧社会党である。民主党解体!ではなく『民主党絶滅!』が筋ではないか。2011年11月07日(月)

 

・ブータン国王陛下の晩餐会を欠席し、パーティに顔を出していた一川防衛大臣。ブータンへの非礼極まりない態度はもとより、ブータン国土の北部を侵略している中国に対し、日本の国防担当者がまるでそれを黙認しているような、北京へのメッセージとの解釈を世界に与えているのではないか。重大問題である。2011年11月20日(日)

 

・鳩山由紀夫というのは本当に「戦後」の塊。日本は日本人だけのものでない、という地球市民思想を筆頭に、産業を絶滅させるとでも言いたいのか「鳩山版モーゲンソープラン」のCo2・25%減、軍事知識が皆無なのに普天間に口を出し全てを台無しに。こんな屑が首相だったのだ。後世に残る暗黒の1年だ。2011年12月12日(月)

 

・「地球環境」というとすべての免罪符になるらしい。私が小学生の頃からその傾向は顕著だった。漢字も碌に書けない子供にこの星の気候変動などという大スケールを教えてどうする。軍事も政治も地理も歴史も抜け落ちて、環境と国連と人権だけが突出。そうして生まれるのは鳩山のような屑である。2011年12月12日(月)

 

・軍事知識ゼロの幸運な素人が首相になり普天間に口を出して沖縄を滅茶苦茶にして首相をほうり投げた鳩山由紀夫は田園調布に土地200坪建物110坪の大邸宅を有し、自動車関連株350万株を保有。その口で「Co2 25%減」等と産業根絶を国際公約。菅で忘れがちだが鳩山の屑も絶対に忘れるな。2011年12月12日(月)