閉じる


愛国心

愛国心に関するツイート

・戦争起こった時に国ために戦うか、日本が15%で世界最低。しかし、「分からない」と答えた割合が6割弱も居てこちらも世界最高水準。要するに揺れているんだな、日本人のナショナリティがここに来て。2010年03月07日(日)

 

・その言い方だと愛国心があったから無謀な戦争をした、というふうに聞こえる。それならば、米英中仏ソも当時愛国心を過激に叫んだ。しかし反省をしていない。要するに戦後我が国の愛国心警戒は敗戦と教育のせいである。 RT @XXXXXXX 今の日本はその反省から「愛国心」を警戒してる。2010年03月23日(火)

 

・右も左も、かけがえない日本人同胞だ。「勝ち組」「負け組」などと日本人同胞を分断するなかれ。無論、根底には愛国心あっての左右だが、日本の左は「反国家」。彼らこそリベラルを装って同胞を分断している元凶だ。2010年03月23日(火)

 

・「国を憂う」という態度は民主主義国家の国民にあっては本来デフォルト(中道)の政治姿勢であって、それを「右翼」と呼ぶこの国の異常性。2010年06月25日(金)

 

・10年前までは、日の丸ペインティングだけで「右傾化か?」と『AERA』が騒いでいた。それに比べれば大変な進歩であるなぁ。2010年06月25日(金)

 

・僕はこの国を愛している。愛しているからこそ、この国の理不尽な制度やシステムは破壊するべきだと思う。そういう意味では僕は左翼なのかもしれない。でも、これこそが正しい左翼の姿勢だとは思わないだろうか。2010年09月22日(水)

 

・アメリカの左右の差は、中絶・同性愛・医療保険・銃規制等の問題で、左右どちらも愛国心がベースにある訳だが、日本の左右はまず愛国心の有無だというんだからお笑いだ。ガラパゴスを通り越して、異次元国家日本。2010年10月05日(火)

 

・「何も知らないけど私はこう思います」は意見ではなくただの偏見である。偏見と差別は無知から醸成される。我々は今こそ正しい事実を学び、自らの意見を「主張」に格上げしなければ成らない。いつまでも意見という名の偏見を垂れ流すサヨクと対峙するための武器は知識だ。2011年01月02日(日)

 

・愛国者には「変人」が多い。無報酬のデモに自腹で参加し、サヨクに「右翼」とレッテルを貼られても活動を続け、何の見返りも無いのに偏向メディアの危険性を伝える。損得のみで動いてきた戦後サヨクには愛国者が「変人」に映るのだろう。この国では「変人」に成らなければ普通のことが出来ない。2011年01月02日(日)

 

・僕は共同体主義者である。自らの属する、愛すべきパトリは僕の場合、千葉県や松戸市という事になるが、同じ民族が列島に均一に居住しているを鑑みると、愛すべきパトリの対象は必然的に「日本」となる。サヨクもこう考えてはどうか。2011年01月28日(金)

 

・僕たちは保守じゃない、中道だと思う。国を愛するのは国際的には当たり前のこと。それが日本では保守の条件というのが異常。左右の違いは愛国心を前提とした政策的違いのはず。だから僕は愛国左翼。国際基準ではリベラルなのに、わざわざ愛国左翼と名乗らなければならない不思議。2011年05月03日(火)

 

・戦後日本の体制が愛国心なきサヨクだったわけだから、彼らこそが体制で保守派。それに対するアンチは実のところ本当の意味での反体制・左翼であり、愛国左翼のはずだ。2011年05月24日(火)

 

・在日認定というのはナチがやった粗悪な優性論と同じです。血統によって人格が形成されるなら、後天的に「愛国に目覚めた!」というお話は矛盾。日本人なら生まれつきの愛国者に成らねばおかしい。環境変化を信じないならば、自らの「目覚め」とやらも眉唾です。2011年08月05日(金)

 

・「一般人だから知らなくても良い」「一般人だから無根拠な事を書いても良い」は間違いではないか。ギリシア・ローマ方式で言うならばそういうのを「一般人」とは呼ばない。単なる愚民である。一般人だからこそ日本国民である気概と教養を持たねば成らぬ。2011年08月05日(金)

 

・我が国には正しい左翼が存在しない。国の為に既成の枠組みを破壊し利権と一体化した権力を糾弾する。これはリベラルの仕事だが日本では弱者が体制となりサヨクが欲のみの権力者になる。左翼には本来愛国が内包されてるので愛国を付けるのは滑稽だがこんな世の中だから僕は敢えて愛国左翼を自称している。2011年09月25日(日)

 

・貴方が母譲りの美人なら母に感謝するであろう。父譲りの美男子なら父に感謝するだろう。家が富豪なら両親に感謝するだろう。それと同じく、貴方を含む我々が豊かならその親なる祖国日本に感謝する筈だ。その親が危機に瀕すれば助けるだろう、あれこれと行く末を思案するだろう。それが自然なる愛国心だ。2011年10月10日(月)

 

愛国心とは後天的に涵養すべきものであり、覚醒するものではない。愛国心とは生まれながら備わっているものではない。よって愛国心に「覚醒」する事をして良とする人々の言が時に軽薄なのは、愛国心を生来のものとして覚醒・発見する事のみが終着点で、努力による知識や教養の醸成が伴わないからである。2011年11月16日(水)

 

・「世界から尊敬される日本」とか「日本は世界の希望たり得る」とか、自分的にはごく平凡な文章が、やれ国粋主義だ軍靴の足音だと言われるようであれば、日本人の中に自国を貶める戦後体制に洗脳された愚民が数多く存在するか、若しくは日本人がよほど謙遜が好きなのかのどちらかだと思う。2011年11月18日(金)

 

・その人物の所属や背景で耳を閉ざす者は、最早何らの知的進歩はなく知的死に体の状態。自民党支持者は赤旗を、共産党支持者は産経新聞を求めなければならない。「あいつは在日だから」「あいつは右翼だから」は同じ穴の狢だ。こうして知性が後退していった結果、最終的に行き着く先はレイシストである。2011年12月08日(木)

 

・今日凄い話を聞いた。オーストリア人でウィーン大をでた秀才(20代)が、日本の心に触れたいと上野天満宮の神職になっているという。日本と神道に魅いられた彼の文章はどうみても日本の若者。まるで平成版小泉八雲ではないか!日本人とは血統ではない。日本人なのに日本を忘れた現在。君は日本人か?2011年12月27日(火)