閉じる


国際問題/中国問題

中国問題・国際問題に関するツイート

・『アフリカンドリーム』泣きそうだ…それでも彼らはフツ族とツチ族の対立を乗り越え、共に祖国再建を目指そうとしているのか…久しぶりに良質のドキュメンタリー番組。「フツ族とツチ族は必ず一緒に生きて行ける。何故なら私たちは、おなじルワンダ人なのだから」。(NHKスペシャル『アフリカン・ドリーム』の放送内容に際し)2010年04月04日(日)

 

・イランと北朝鮮を悪の枢軸と呼んだ挙句、北だけテロ支援国家の指定を解除したアメリカが憎い。イランの生活水準は北よりも遥かに高く、紛いなりにも民主選挙がある。ラジオのチューニングが半田付けされてる北朝鮮と誇り高きペルシャの末裔を一緒にするな!2010年06月09日(水)

 

・僕は中国人と仲良くしたいんだよ。でも圧倒的に無茶苦茶なことを一方的に言ってくるからそれは無理だと、そういう話だ。日本側は東シナ海に双方から等距離の中間線を引こうというのに、中国はおもいっきり食い込んだ第一列島線とか言ってくる。相手の立場を一切考えないその精神性の異常さが怖いわけ。2010年09月22日(水)

 

中国の脅威は、その国土の大きさや人口の多さやGDPの多寡にあるのではない。中国脅威の本質は、自分と違う価値観、違う立場のものを徹底的に封殺すると言う、その精神性の異常さにある。今回の尖閣然り、チベット然り、ウイグル然りである。2010年09月27日(月)

 

・僕は中国と仲良くしたいのに、中国が一方的に滅茶苦茶な事を言って来るから無理。双方冷静に、というが、いつも日本は冷静でフェア。双方から50:50の中間線にしようと提案しているのに。日中関係破綻の責任は100%中国にある。我々はナチよりも凶暴なファシズム国家がすぐ横にあると自覚すべき。2010年09月28日(火)

 

・しかし、横山光輝の三国志とか、KOEIのゲームとかで、中国に微温的に良い感情を抱いていた日本の若者の心を中国は踏みにじってはいないか?中国人が祖国を思うのなら、一番祖国に利益をもたらす相手は日本だろうに。本当に彼らは愛国者なのだろうか?2010年09月30日(木)

 

・これからはJ(日本)T(台湾)V(ヴェトナム)I(インド)の、JTVI包囲網だ!2010年09月30日(木)

 

・朝鮮戦争で金日成がアチソン=ライン発言で南進を決意したように、アメリカが一言でも「尖閣はアメリカが持つ防衛ラインの外にある」的なことを言えば、中国は必ずや尖閣に武力侵攻してくるであろう。2010年09月30日(木)

 

・私は常日頃中国文化や中国料理は素晴らしいと思っている。同じアジアの同胞として仲良く共生できればこれ以上のパートナーは居ないであろう。しかし、隣人と仲良くしたいと言うその日本人のささやかな望みをいつもいつも無慈悲に打ち砕いてきたのは当の中国であり、中国共産党自身ではないか。2011年01月16日(日)

 

・必ずや中国は今後10年20年後に、北海道の購入地を「先祖の土地を取り返す運動」などと喧伝するであろう。これら書類上合法的な「浸潤侵略」はナチスがオーストリアやチェコのズデーデンにやったのと同じ手法である。この様な行為を放置していた代償は、第二次世界大戦という莫大なツケであった。(北海道の林野を中国資本が買収しているTV放送に鑑み)2011年01月16日(日)

 

・核兵器を廃絶するのは結構だと思うが、核廃絶を国連が主導するとか、そういう過度の国連幻想みたいなものは捨てたほうが良いと思う。国連が無力なのはイラク戦争で明らか。そういうポリティクスパワーを度外視したお花畑の妄想をやっているから核廃絶がいつまでも出来ないのではないか。2011年08月09日(火)

 

・歴史を忘却した国家は滅びる。かつてスターリンは自らの大虐殺を徹底的に隠蔽し全てドイツ軍の仕業に改竄した。ソ連の末路は語るまでも無い。死者の数を倍々ゲームで加算する中国、空想で歴史を教える韓国、神話しか存在しない北朝鮮。面白い事にソ連の教訓に学ばない愚かな国々が極東に三つ並んでいる。2011年11月18日(金)

 

・京都議定書とか、あれほど無意味な国際協定はないと思う。日本は世界で最も優れた省エネ大国で、人類の限りある資源を湯水の如く使い続けているのは中国と米国である。よって削減義務を課すならこの二国のみよい。にも関わらず、鳩山とかいうのが25%減とか言うんだからその愚かさは筆舌に尽くし難い。2011年12月12日(月)