目次
「はじめに」
『△NIMRODなんか糞ったれ!!』
『△ピラミッド・システム』
威風堂々[1]『2012年は△NIMRODが世界を大掃除するのか!?』
威風堂々[2]『△NIMRODの世界では市民を奴隷化し日本も消える!?』
『△の準備は整っている』
『見えない△の計画』
威風堂々[3]『△NIMRODは本気で全世界を征服するのか!?』
威風堂々[4]『日本で△NIMRODが口を開いた!?』
威風堂々[5]『私たち奴隷が△NIMRODに監視される社会となるのか!?』
『ホロコーストを作る国△アメリカ』
威風堂々[6]『△NIMRODに乗っ取られたアメリカ!?』
威風堂々[7]『あなたとあなたの子供を白血病や癌や不妊にするワクチンは△NIMRODのホロコースト!?』
『ワクチン=△ホロコースト』
『赤ちゃんが産めなくなる△子宮頸がんワクチン』
『子宮頸がんには効かない△子宮頸がんワクチン』
威風堂々[8]『地球を救う為、お嬢さんに△NIMRODのワクチンを射ちましょう!?』
『△ワクチンの乱用STOP!!』
威風堂々[9]『△NIMRODの仕掛けたワクチンに立ち向かう者たち!?』
威風堂々[10]『生涯続く病気をもたらす危険なワクチンは△NIMRODの策略だ!?』
『△ワクチン=水銀=自閉症』
威風堂々[11]『△NIMRODの呪い、日本でも自閉症の子供が増える可能性はあるのか!?』
威風堂々[12]『エイズなど恐ろしいウイルスは△NIMRODが人工的に造ったのか!?』
威風堂々[13]『△NIMRODの新型インフルエンザはスペイン風邪の再来か!?』
【速報】青い目のサムライが斬る!!
威風堂々[14]『△NIMRODの自己欲で固められた世界統一政府の計画!?』
『△の策略、どうする?』
【速報】横田めぐみさんはおかんです!
威風堂々[15]『△NIMRODのエンド・ゲームは、全人類奴隷化計画!?Ⅰ』
【映画】『△の理想郷はバベルの塔がそびえ立つメトロポリス』
威風堂々[16]『△NIMRODのエンド・ゲームは、全人類奴隷化計画!?Ⅱ』
『△白人は人間ではない』
威風堂々[17]『△NIMRODのエンド・ゲームは、全人類奴隷化計画!?Ⅲ』
『△白人の優越・正義・誇り』
威風堂々[18]『1776年5月1日は△NIMRODの記念日!?』
【資料】『~この500年、白人は世界で何をしてきたか~ 侵略の世界史①』
【資料】『~この500年、白人は世界で何をしてきたか~ 侵略の世界史②』
【映画】『△白人の残虐性と侵略性の象徴はソルジャー・ブルー』
【資料】『~この500年、白人は世界で何をしてきたか~ 侵略の世界史③』
威風堂々[19]『侵略の世界史の影に△NIMROD、本当の海賊は誰だ!?』
【資料】『~この500年、白人は世界で何をしてきたか~ 侵略の世界史④』
【資料】『~この500年、白人は世界で何をしてきたか~ 侵略の世界史⑤』
【資料】『~この500年、白人は世界で何をしてきたか~ 侵略の世界史⑥』
『△白人の侵略を唯一食い止めた、奇跡の国』
【資料】『~この500年、白人は世界で何をしてきたか~ 侵略の世界史⑦』
【速報】力づくで封じ込められるアメリカ市民と戦車の輸送
【速報】(ダボス会議)欧州危機は日本にチャンスか
威風堂々[20]『太平洋戦争で日本が抵抗しなかったら、△NIMRODの世界征服は完了していた!?』
『△白人による侵略の歴史を、日本が断ったあの日』
【資料】『太平洋戦争・日本の評価』
『先人たちが、△白人のアジア植民地支配の呪縛を解いた』
威風堂々[21]『△NIMRODの第二次世界大戦に日本は嵌められた!?』
『人類史上最悪の大量殺戮、広島・長崎の△原爆投下』
威風堂々[22]『広島・長崎の原爆という人体実験に、△NIMRODは喜んだか!?』
威風堂々[23]『原子爆弾と原子力発電で△NIMRODは大儲け!?』
【映画】『私たちを無知にする△統制社会は、まるで華氏451』
威風堂々[24]『第二次世界大戦は△NIMRODがシナリオを描き、大根役者がいた!?』
威風堂々[25]『あの首相もこの大統領も総統すらも△NIMRODの繋がり!?Ⅰ』
威風堂々[26]『あの首相もこの大統領も総統すらも△NIMRODの繋がり!?Ⅱ』
『世界は△に一杯食わされた!?』
威風堂々[27]『△NIMRODが創りたかった国はこうして誕生した!?』
【速報】寄生虫アメリカ「輸出大国日本の終わり」ブチ切れろ日本人!アメリカ人は全世界に謝罪をすべきだ
威風堂々[28]『△NIMRODは日本をどうしたいのか!?』
【資料】『命より大切だと思ってきたお金なんて、銀行家という詐欺師集団の作り出した紙切れでした①』
【資料】『命より大切だと思ってきたお金なんて、銀行家という詐欺師集団の作り出した紙切れでした②』
【資料】『命より大切だと思ってきたお金なんて、銀行家という詐欺師集団の作り出した紙切れでした③』
【資料】『命より大切だと思ってきたお金なんて、銀行家という詐欺師集団の作り出した紙切れでした④』
【資料】『命より大切だと思ってきたお金なんて、銀行家という詐欺師集団の作り出した紙切れでした⑤』
威風堂々[29]『あなたが貧乏なのは、△NIMRODの金融資本主義システムの破綻が原因!?』
【つべこべ言わずに黙ってこれを観ろ!!】『△世界支配の構造に切り込んだ、THRIVE(スライヴ)!!』
『99%よ!!子供たちの未来のためTHRIVEで目覚めよ!!△1%に支配されていることに気付け!!』
威風堂々[30]『お金を搾取する△NIMRODの国際的な企業は、金の成る木!?』
『99%よ! もう時間がない! △1%に抵抗するにはプライドを捨て勇気をもって声を上げて!!』
威風堂々[31]『△NIMRODと戦って破れた人々!?』
『△ホーム・ラン』
威風堂々[32]『謎の多いジャンボ機事件は△NIMRODの企みだったのか!?Ⅰ』
威風堂々[33]『謎の多いジャンボ機事件は△NIMRODの企みだったのか!?Ⅱ』
『心の瞳』
威風堂々[34]『謎の多いジャンボ機事件は△NIMRODの企みだったのか!?Ⅲ』
威風堂々[35]『日本は戦後最大の弱みを握られたから△NIMRODに屈したのか!?』
【速報】青い目のサムライの予言が当たった!!
威風堂々[36]『福島第一原発が△NIMRODテロの標的になった理由とは!?』
威風堂々[37]『日本の非核三原則を△NIMRODがあざ笑う!?』
威風堂々[38]『福島第一原発は核兵器製造工場だった!? 日本の核に△NIMRODを見た!?』
【アルバム】思い出の町『石巻市』~311前の風景~①
【アルバム】思い出の町『石巻市』~311前の風景~②
『ふるさと破壊した311同時多発テロ、△を一生恨みます!!』
威風堂々[39]『311東日本大震災は、△NIMRODによる同時多発テロだった!?』
威風堂々[40]『△NIMRODの311が核爆発による人工地震だったのは100%間違いない!?』
【速報】ビルゲイツ拘束!!
【速報】フェイスブック、危険な個人情報収集・大衆操作ツール!
【速報】ロスチャイルド、ロックフェラー、モルガン、ウォーバーグ、サッスーン‥3月中に一斉逮捕、イルミナティ完全壊滅へ!!!
威風堂々[41]『△NIMRODの311人工地震の真相が明かされる日は来るか!?』
『911や311を起こした△NIMRODとは、サタニスト(悪魔崇拝主義者)のこと!!』
威風堂々[42]『△NIMRODに企てられた311はハルマゲドンの始まりなのか!?』
【参考】『日本人は古代ユダヤ人(ヘブライ人)の末裔なのか①』
【参考】『日本人は古代ユダヤ人(ヘブライ人)の末裔なのか②』
威風堂々[43]『悪魔の△NIMRODと神の国ニッポンの運命とは!?』
『△プロジェクト・ブルービーム』
威風堂々[44]『毎年あなたはクリスマスで悪魔の△NIMRODを祝っている!?』
『この現代社会に、△悪魔なんていないよ!?』
威風堂々[45]『古代バビロニアの悪魔教を守る一族は△NIMRODの末裔なのか!?』
威風堂々[46]『春分の日は、悪魔の△NIMRODが牙を剥く危険日!?』
【速報】マライア・キャリーの命が危ない!? ホイットニー・ヒューストンは悪魔の生け贄だった!?
威風堂々[47]『△NIMRODの末裔、サタニスト(悪魔崇拝主義者)は本当に実在するか!?』
【速報】全世界で陰謀犯罪者、大量逮捕のテレビ報道近し 2012 間近に迫るテレビ報道:10000人の世界陰謀メンバーの大量検挙
【資料】『サタンに乗っ取られた米国』
【資料】『世界のリーダーたちは悪魔崇拝者だった!』
【資料】『欧州連合はバベルの塔である』
【資料】『世界を支配しようとしているニムロデの子孫たち』
【資料】『歴史を通じて続くニムロデとの戦い』
『これを聴いて魂が揺さぶられないヤツは日本人じゃないッ!!』
『フクシマの放射能を9.1分で無毒化する技術を△イルミナティは持っている!?』
威風堂々[48]『カトリック信者は△NIMRODのサタニスト(悪魔崇拝主義者)に欺かれている!?』
【速報】ビルゲイツ全財産没収確定か! ロスチャイルド逮捕寸前! 世界人類解放の記念日が近い
【資料】『アングロサクソン・ミッション①』
【資料】『アングロサクソン・ミッション②』
【資料】『アングロサクソン・ミッション③』
【資料】『アングロサクソン・ミッション④』
【資料】『アングロサクソン・ミッション⑤』
【速報】BRICS銀行設立、新金融システム始動へ-先進国(白人クラブ)の支配が終わり、日本が世界を平和に導くだろう
『ダイアナ妃が△サタニスト(悪魔崇拝主義者)に事故を装って暗殺された本当の理由は!?』
威風堂々[49]『地球を乗っ取ろうとするNIMRODの頂点、「サタン王」は誰だ!?』
【資料】『謎のシュメール文明』
『△NIMRODの祖先はシュメール人か? 宇宙人か?』
【資料】『大いなる秘密〈上〉「爬虫類人」(レプティリアン)』①
【資料】『大いなる秘密〈上〉「爬虫類人」(レプティリアン)』②
【速報】4月3日の爆弾低気圧は気象兵器HAARPによるフクシマ攻撃だったのか!?
【資料】『大いなる秘密〈下〉「世界超黒幕」(ワールド・スーパー・マスターマインド)』①
【資料】『大いなる秘密〈下〉「世界超黒幕」(ワールド・スーパー・マスターマインド)』②
【資料】『大いなる秘密〈下〉「世界超黒幕」(ワールド・スーパー・マスターマインド)』③
【資料】『大いなる秘密〈下〉「世界超黒幕」(ワールド・スーパー・マスターマインド)』④
【速報】嘘だらけの新聞くだらないTV視る暇があったら、青い目のサムライの話を聴け…!!
【資料】『大いなる秘密〈下〉「世界超黒幕」(ワールド・スーパー・マスターマインド)』⑤
『威風堂々』組曲
威風堂々[50]【完】『人類共通の敵、悪魔の△NIMROD「ロスチャイルド、イルミナティ、バチカン」退散しろ!!』

閉じる


<<最初から読む

108 / 136ページ

【資料】『世界のリーダーたちは悪魔崇拝者だった!』

アメリカとヨーロッパのエリートが集まってサンフランシスコ市郊外のボヘミアン・グローヴというところでキャンプをするボヘミアン・クラブという社交クラブがある。


会員には、ブッシュ大統領、ブッシュ元大統領、故ニクソン大統領、カーター元大統領、故レーガン元大統領、コリン・パウエル、ヘンリー・キッシンジャーなどそうそうたる面子が含まれている。

一般には、単なる気晴らしに集まっていると考えられているが、実は内部でとんでもないことが行われているらしい。

2000年7月15日に、アレックス・ジョーンズが潜入に成功し、ビデオで「夏の祭典」の様子を撮影した。

そこには、巨大なフクロウの像のもとで、ク・クルックス・クランのような服装をした人々が、ダミーの生贄を像に捧げて、燃やすという儀式が行われていたのだ。

巨大なフクロウの像(20m)

ボヘミアン・クラブが単なる同好会のようなものでないことは、その象徴が政府の重要なものに用いられていることから分かる。

ボヘミアン・クラブの象徴

この象徴は、ドル紙幣に刷り込まれている。

米国記者クラブのシンボルにも採用されている。

アメリカ議会を上から見るとフクロウの形になっている。

ブッシュ大統領が泊まったヒルビリーズという場所のシンボルはサタンである。

参加者は、自然を「母なる地球」として崇拝し、「She」という代名詞を使う。

地球温暖化という新興宗教の出元はここにあるのではないか。


(2009/9/6『ミレニアム』より)

http://tak0719.web.infoseek.co.jp/qanda3/bohemianc..

【資料】『欧州連合はバベルの塔である』

欧州連合は、自らバベルの塔であることを宣言した。

聖書において、バベルの塔とは神に反逆した人類による世界統一の最初の試みの象徴である。

欧州連合が発行した次のポスターを見てほしい。

EUの旗とバベルの塔を組み合わせた図柄で、その下に「多くの言語、一つの声」というモットーが書いてある。
しかも、EUを構成する12カ国を象徴する星は、さかさまになっている。

この逆五芒星は、アメリカの国旗において述べたように、サタンの象徴である。

さらに、EU議会の建物を見てほしい。

明らかにバベルの塔をモデルにしている。

欧州連合の創設の中心人物はロックフェラーである。

これで、ロックフェラーが目指しているものが、サタンによるヨーロッパの統一であることがはっきりした。

しかも、その中心にローマ・カトリックがあることに注意してほしい。

これは、2004年10月29日にローマにおいて、EUの憲法の署名が、教皇イノケンチウス10世のブロンズ像の前で行われた写真である。

ローマ・カトリックは、イエズス会を通じてイルミナティに乗っ取られているから、ローマ教皇を中心とするということは、イルミナティを中心とすることを意味する。

イルミナティ・オカルト秘密結社によってヨーロッパは統一される。

そして、さらに、この計画は世界に及ぶだろう。
世界統一政府の樹立。

世界の各地域のブロック化は、この世界統一のための布石だ。

しかし、神はこのような世界統一を絶対にお許しにならない。

バベルの塔が完成寸前に崩壊したように、彼らの計画も完成寸前に挫折する。

神は彼らの言葉を乱して、ヨーロッパを散り散りにし、さらに、世界を散り散りにされる。

民族国家の再興が起こるだろう。

我々日本人は、東アジア共同体なるものに反対し、日本という民族国家を堅持するために働くべきだ。

日本人の誇りを取り戻し、このような地域統合のために働く政治家を選挙において落とし、日本民族のための日本を築き上げる意志を持つ政治家を当選させなければならない。


(2009/3/9『ミレニアム』より)

http://tak0719.web.infoseek.co.jp/qanda3/satanEU.h..


【資料】『世界を支配しようとしているニムロデの子孫たち』

EUのシンボルはバベルの塔である。

バベルの塔とは神に反逆した人類による世界統一の最初の試みの象徴である。

そのころ、人々は東のほうから移動して来て、シヌアルの地に平地を見つけ、そこに定住した。
彼らは互いに言った。
「さあ、れんがを作ってよく焼こう。」
彼らは石の代わりにれんがを用い、粘土の代わりに瀝青を用いた。
そのうちに彼らは言うようになった。
「さあ、われわれは町を建て、頂が天に届く塔を建て、名をあげよう。
われわれが全地に散らされるといけないから。」
そのとき主は人間の建てた町と塔をご覧になるために降りて来られた。
主は仰せになった。
「彼らがみな、一つの民、一つのことばで、このようなことをし始めたのなら、今や彼らがしようと思うことで、とどめられることはない。
さあ、降りて行って、そこでの彼らのことばを混乱させ、彼らが互いにことばが通じないようにしよう。」
こうして主は人々を、そこから地の全面に散らされたので、彼らはその町を建てるのをやめた。
それゆえ、その町の名はバベルと呼ばれた。
主が全地のことばをそこで混乱させたから、すなわち、主が人々をそこから地の全面に散らしたからである。(創世記11・2-9)

このバベルの塔の建設者は、バベルの王ニムロデであった。

ニムロデは地上で最初の権力者となった。
彼は主のおかげで、力ある猟師になったので、「主のおかげで、力ある猟師ニムロデのようだ。」と言われるようになった。
彼の王国の初めは、バベル・・・であって、みな、シヌアルの地にあった。
(創世記10・9-10)

ニムロデは、フリー・メイソンにおいて、ルシファー(サタン)と同一と考えられている。

W・ E・リデルは、著書 'The Pickingill Papers ― The Origins of the Gardnerian Craft' (W.E. Liddell and Michael Howard. Published in 1994 by Capall Bann Publishing, ISBN 1898307105.)の中で、次のように述べた。

中世の魔女やイギリスのフリー・メイソンは、ルシファーを「ニムロデ」と呼んだ。
ニムロデは、天に昇ろうとした「内在神」の奮闘を表す一般的な用語である。
・・・ルシファーは、ニムロデと同一と考えられる。
ほとんどのフリー・メイソンたちは、ニムロデとバベルの塔が[もともと]、(メイソン)クラフト神話における基本の一つであると知って驚くだろう。
・・・我々の創始者であり、最高のグランド・マスターは、あの有名な[悪名高い]塔の建設者、ニムロデ王本人であると断言されている。
当時の活動的メイソンたちに最初の「命令」を与えたと言われるのは、ソロモン王ではなく、ニムロデなのである。

ニムロデは、バアルという名で知られるようになり、バビロンの人々に太陽神として崇拝されるようになった。

バアルは、聖書において、イスラエル人の偶像礼拝の象徴であり、モロクの別名である。

つまり、ニムロデ=バアル=モロクである。

モロクは、火による犠牲を要求する神であり、その象徴の一つはフクロウである。

バビロニアの月の女神イシュタルが、2羽のフクロウに挟まれて立っている。

ボヘミアン・グローブで、世界の指導者は、フクロウの像の前でモロク礼拝をしている。

ギリシアが発行したユーロ・コインにフクロウの図柄がある

ピラミッドの中に目がある図柄は、ホルスの目と呼ばれる。
この象徴は、バビロンの宗教で用いられている。

エジプトの神話では、オシリスがセトに殺害され、セトはホルスに殺害された。
ホルスはその過程で片目を失った。
33階級のフリー・メイソンで、黒い貴族であったフランクリン・デラノ・ルーズベルトは、1933年、このシンボルを1ドル札に加えた。

このシンボルは、合衆国が採用する前に、ヨーロッパにおいて秘密結社のシンボルとして長い歴史を持っていた。

ロ スチャイルドはニムロデの子孫と言われており、ロスチャイルド系の企業にはRothschild Nemrod Diversified Holdings 、Rothschild Nemrod Leveraged Signature Fundなどニムロデの名が入っているものがある。

今世界を支配しようとしているものは、古代のサタン崇拝者ニムロデの子孫たちである。


(2009/4/3『ミレニアム』より)

http://tak0719.web.infoseek.co.jp/qanda3/nimrod.ht..


【資料】『歴史を通じて続くニムロデとの戦い』

さて、シヌアルの王・・・は、・・・アブラムのおいのロトとその財産をも奪い去った。

・・・アブラムは自分の親類の者がとりこになったことを聞き、彼の家で生まれたしもべども三百十八人を召集して、ダンまで追跡し・・・彼らを打ち破り、ダマスコの北にあるホバまで彼らを追跡した。
そして、彼はすべての財産を取り戻し、また親類の者ロトとその財産、それにまた、女たちや人々をも取り戻した。
(創世記14章)


以前掲示したように、EUの象徴は、バベルの塔である。

バベルの王はニムロデであり、後にニムロデは神格化され、バアル、モロクとなった。

イスラエル人が誘惑されてバアルを礼拝し、神の裁きにあった。

イギリスのフリー・メイソンはニムロデを始祖と呼び、サタンと同一視している。

現在世界をコントロールしている人々は、モロクを崇拝するサタン教信者である。

このような図式が成立する。

バベルの塔=世界統一王国=ニムロデ=バアル=モロク=メイソン=イルミナティ=世界統一政府

最初に引用した創世記の聖句にあるように、神の契約の祖アブラハムは、シヌアルの王と戦った。

ニムロデは、シヌアルの王であった。

彼の王国の初めは、バベル・・・であって、・・・シヌアルの地にあった。
(創世記10・10)

つまり、アブラハムはニムロデの子孫と戦ったのだ。

これは、歴史を通じて続いている神とサタンの戦いの雛形である。

現在、我々アブラハムの霊的子孫たちは、ニムロデの霊的子孫と戦っている。

アブラハムはニムロデの子孫に勝利した。

同じように我々も勝利するだろう。


(2009/4/10『ミレニアム』より)

http://tak0719.web.infoseek.co.jp/qanda3/97ypNjcYc..

『これを聴いて魂が揺さぶられないヤツは日本人じゃないッ!!』

それでもあなたは、見て観ぬフリを続け…、

以前と変わらぬ生活を繰り返し…、

何も行動を起こそうとしないのですか…?







『これを聴いて魂が揺さぶられないヤツは日本人じゃないッ!!』

FRYING DUTCHMAN "humanERROR"

http://www.youtube.com/watch?v=Q5p283KZGa8&fea..

読者登録

Miyabiさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について