twitterアカウントでログイン

この本は有料です。閲覧するには購入する必要があります。
購入するにはしてください。
有料本の購入に関しては、こちらのマニュアルをご確認ください。
販売価格32円(税込)
カテゴリー 小説・ノンフィクション 文芸 , ヒューマンドラマ 作者 白水銀雪
価格 32円(税込)
タグ 泉鏡花いずみきょうか銭湯せんとう現代語訳
ダウンロード

ファイルをダウンロードする

PDF

ePub

MOBI

40 ダウンロード

Kindleに送信

Kindleに送る

状態 完成 ページ数 4ページ (Web閲覧)
7ページ (PDF)
評判 ブクログ

レビューをみる

ブログパーツ

この本をブログで紹介する

外部連携
【あらすじ】

銭湯松の湯の脱衣場に女が一人、亭主と子どもの入浴の様子を眺めながら座っている。

猛者のような面構えの亭主は、顔に似合わず子どもに甘く、傍若無人に湯船に水を入れてうめる。

そこに居合わせたこちらも親子二人連れ、親父はその湯へ浸かってあまりのぬるさに「わっ」と叫んで飛び出した。すぐさま番頭を呼んで湯を入れさせたが、さて今度は小僧にとっては熱すぎる。

これら登場人物それぞれの所作、やりとりが軽妙な筆致で描かれた、温かくユーモラスな泉鏡太郎時代の作品。

コメント一覧

この本へのコメントはまだありません。

facebook コメント一覧