閉じる


15分でできる!「これを言えばプリキュア通に見えるコメント」ガイド!

サブカルチャー評論家 蜂殴打 プリキュアノ介

既に放送開始から8年が過ぎている『プリキュア』シリーズ。
アニオタ界隈では軽く「見ていて当然だよネー」「ネー」みたいな空気になっていますが、実際のところ全部で約400話+劇場版11本といく膨大なコンテンツとなっており(全部見ようとすると200時間を越える分量となります)とてもじゃありませんが、今から全てを押さえるのは中々無謀ではあります。

そこで今回は『プリキュア』シリーズを殆ど見ていなくても、プリキュアオタを「む、コイツわかってるな!」と騙せるような、そんな肝を掴んだコメントを各プリキュアごとにご紹介したいと思います。

これで君もネット上でいきなりプリキュアの話題をふられても大丈夫だ!!



『ふたりはプリキュア』

記念すべきプリキュア第一作。
幼女向けアニメでありながら徒手空拳で本気の殴り合いを繰り広げ、子供に大人気そして大きいお友達の度肝を抜いた開祖にして完成型。
「在庫」という不名誉なアダ名がつくまでにオモチャの売れなかった『明日のナージャ』から一転、大人気番組に。まさに救世主。

略称
「無印」 「初代」

登場プリキュア
キュアブラック/なぎさ
戦闘スタイルは直線的な打撃、口癖は「ありえない」

キュアホワイト/ほのか
戦闘スタイルは合気道な様な相手の力を利用した攻撃、声優は「ゆかな」

決め台詞
ブラック「とっととお家に帰りなさい!」
ホワイト「闇の力のしもべ達よ!」

【通ぶれるコメント】
「なんだかんだで無印が一番かな」
「戦闘シーンの過剰なまでの回転がいいよね」
「一番泣けたのはキリヤかダークドリームだな・・・」
「プリキュアで一番敵にまわしたくないのはホワイト」




『ふたりはプリキュアMax Heart(まっくすはーと)』

前作から新プリキュア(?)が一人増えての2年目。

略称
「MH」

登場プリキュア 
シャイニールミナス
正確にはプリキュアではない、なんか光の意志とかなんとか。戦闘能力皆無、バリアー張ったり敵の動きを一時停止させる技が使えるくらい。

【通ぶれるコメント】 
「何度考えてもDXにルミナスが出れて満薫(みちかお)が出れないことに納得いかない!」
「映画のブラックvsホワイトは凄かったなぁ・・・そら幼女泣くわなw」

『ふたりはプリキュアSplash Star(すぷらっしゅすたー)』

前作からキャラクターを一新・・・とは言ったもののパッと見た感じはそれほど変わっていないような気もする3作目。
無印+MHの肉弾戦は日曜の朝だと胃もたれ必死の為、「光」を多様した柔らかい表現に変わった・・・という触れ込みではあったが、その「光」の表現である大出力のバリアーとビームは全作品内でも最大級の破壊力を持つ。
あと商業的には一番コケた作品。

略称
「SS」

登場プリキュア

キュアブルーム/咲(さき)
黄色い。後半パワーアップしてキュアブライトになり、さらに黄色くなる。百合属性は見た目に反しネコ。

キュアイーグレット/舞(まい)
エロい。後半パワーアップしてキュアウィンディになり、さらにエロくなる。百合属性は見た目に反しタチ。ただしまとめて呼ぶ時は咲舞の順番で。

満(みちる)
正確にはプリキュアではない。敵から寝返って味方に。格好は地味。

薫(かおる)
正確にはプリキュアではない。敵から寝返って味方に。格好は地味。満と薫で満薫(みちかお)と呼ばれたり呼ばれなかったりする。

決め台詞
咲「聖なる泉を汚す者よ!」舞「アコギな真似はお止めなさい!」

【通ぶれるコメント】 
「お話はSSが間違いなく最高」
「満薫をDXに出せよ!」
「スペック的には最強プリキュア」


読者登録

めさき出版さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について