閉じる


<<最初から読む

20 / 31ページ

楽して小説家になる方法

マルチメディアクリエイター 菅原 学

「楽をする為の努力は惜しまない」という言葉があるが、それは楽をするにも苦労があり、それなりの道のりがあるということだ。
小説を書こうとした事がある人ならわかると思うが、小説を書くということはかなり困難な作業である。
あなたはどうして小説家になりたいのだろうか。人それぞれの理由があるだろう。
大切なのは目標をもって行動し、できればその目標を達成することだ。その過程にこだわる必要はない。
ヘレンケラーも「頂上へは楽な道などない」と言ったあと「それなら自分なりにジグザグに登ればいい」と付け加えている。
小説家になる道のりというのも一つではなく、様々なメディア媒体が普及した今は頂上も一つではなくなった。
この記事では、楽をして小説家になる方法を紹介し、たくさんある中の一つの道筋と、いくつかの頂上を提示する。

一章では、まず目標である「小説家」というものが、どのようなものなのかを説明していく。
どのようなタイプがあり、どこを目指すべきなのか、光を当てていこう。
次の二章では、一章で示した定義を使い、あなたが小説家としてランクアップできる一つの方法を紹介する。
最後の章である三章では、あなたがこれから書く小説をどう人に読ませるかというテクニックを教えていく。
最後まで読めば、あなたは「これなら小説家になるかもしれない」という実感を掴むことだろう。

確かに小説には古くからの歴史があり、偉人がいて、名作がある為、小説家になるのは困難だ。
しかし、現代に生きる我々がその伝統に対してクソ真面目に付き合ってやる必要はない。
どうか肩の力を抜いて読み進めていってほしい。


一章 小説家ってそもそもなんだろう

まどろこしいかもしれないがまずは本書における小説家の定義から話していきたい。何故なら小説家には資格や証明といったものがない。だから小説家という定義が曖昧なことが多い。
もちろん、辞書を引けば「小説を書くことを職業としている人」とある。
しかし、インターネットや同人誌などマーケットが他分野に広がった現代では様々なタイプの作家が存在しているし、「アマチュア小説家」や「プロの小説家」といった表現があるからには、小説家の「家」が「職業」から離れ、収集家や、愛妻家といったパーソナリティーに属した「家」に転じてきてるといえるだろう。
現在では様々が小説家が存在していて、そのいくつかは非常に簡単になることができるし、またはもう実際になってる人もいるだろう。ざっと分類を図にしてみた。
(慣れないソフトウェアで急ぎで作った為、線が乱れていて申し訳ない)

このように、まず大きな「小説家」というカテゴリーがあり、その下に「プロ」と「アマチュア」が存在していて、さらに職業形態として、「兼業」「同人」「ネット」と並んでいる。「受賞」は形態というより称号みたいなものなので厳密にいえば別のカテゴリーなのだけど、同じように機能する為ここに入れてある。
生物の分類でいえば、「小説目/アマチュア科/同人属/SF種」となるわけだ。

この小説家の下にある「プロ作家」と「アマチュア作家」の違いというものは、小説で飯が食えているかいないかという括りになる。そして、その下にある「科」以降はプロアマ関わらずにどちらにも適応される。



宮沢賢治は「小説目/アマチュア科/兼業属/童話種」

たとえば宮沢賢治を例にして当てはめてみよう。現在では全16巻に及ぶ宮沢賢治全集なるものが発売されているが、生前のうちに発表された本は詩集の『春の修羅』と、童話集の『注文の多い料理店』だけである。
その上、資料によれば彼が原稿料としてもらったお金は5円だけであったといわれていて、いくら現代とは物価が違うといえど、これだけで飯が食えていたとは思えない。つまりアマチュアに分類される。また宮沢賢治は農業校の教師を務めていたので兼業作家ということになる。
今では教科書に必ず乗るような超有名小説家ではあるが作家分類でいうと「小説目/アマチュア科/兼業属/童話種」になってしまうわけだ。
結局のところ、宮沢賢治は生きている間にクオリティーの高いの作品を作る小説家としては大成していたのかもしれないけど、小説家としての地位としてはまったく大成しなかった。
先にも書いたが、辞書によれば小説家の定義は「小説を書くことを職業としてること」であるから、宮沢賢治はここから逸脱していることになる。
というわけで長々と書いてきたが、この記事での小説家の定義は「小説を書いている人」ということになっている。

「小説家」=「小説を書いてる人」

夢のない話になるが、現在小説だけを生業として食べていける作家というのはごくごく一部だとされている
だからプロ作家というのはよく名前をみるような有名作家だけであり、あとの大半はアマチュア作家ということになる。
そのプロ作家でさえ兼業作家であったり、同人作家であったりする場合もあるし、またなんらかの文芸賞を受賞しても食っていけずにアマチュア作家の場合もある。
また当然のようにアマチュアがプロになることもあるし、プロがアマチュアに転落することもあるわけだ。
図では「プロ」と「アマチュア」に分けたものの、境目はほとんど曖昧であり、あとの分類は関係なく付随されることになっている。
かのように、プロ作家とアマチュア作家の境界線は曖昧なものとなっている。
おそらくプロとアマの中で一番違うものは、はじっこに赤い枠で囲ってある「小説家志望」と「小説家の卵」の要素だろう。この二つは、アマチュア作家でしかありえないものだ。
そして、この赤枠から脱することができれば、境界線の曖昧さを利用し、胸をはって「我は小説家なり」と宣言することが可能になる。


読者登録

めさき出版さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について