閉じる


<<最初から読む

19 / 31ページ

楽して小説家になる方法

マルチメディアクリエイター 菅原 学

「楽をする為の努力は惜しまない」という言葉があるが、それは楽をするにも苦労があり、それなりの道のりがあるということだ。
小説を書こうとした事がある人ならわかると思うが、小説を書くということはかなり困難な作業である。
あなたはどうして小説家になりたいのだろうか。人それぞれの理由があるだろう。
大切なのは目標をもって行動し、できればその目標を達成することだ。その過程にこだわる必要はない。
ヘレンケラーも「頂上へは楽な道などない」と言ったあと「それなら自分なりにジグザグに登ればいい」と付け加えている。
小説家になる道のりというのも一つではなく、様々なメディア媒体が普及した今は頂上も一つではなくなった。
この記事では、楽をして小説家になる方法を紹介し、たくさんある中の一つの道筋と、いくつかの頂上を提示する。

一章では、まず目標である「小説家」というものが、どのようなものなのかを説明していく。
どのようなタイプがあり、どこを目指すべきなのか、光を当てていこう。
次の二章では、一章で示した定義を使い、あなたが小説家としてランクアップできる一つの方法を紹介する。
最後の章である三章では、あなたがこれから書く小説をどう人に読ませるかというテクニックを教えていく。
最後まで読めば、あなたは「これなら小説家になるかもしれない」という実感を掴むことだろう。

確かに小説には古くからの歴史があり、偉人がいて、名作がある為、小説家になるのは困難だ。
しかし、現代に生きる我々がその伝統に対してクソ真面目に付き合ってやる必要はない。
どうか肩の力を抜いて読み進めていってほしい。



読者登録

めさき出版さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について