目次
目次
目次
人物紹介
人間関係図
用語解説
毛利少輔四郎
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 1
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 2
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 3
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 4
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 5
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 6
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 7
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 8
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 9
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 10
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 11
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 12
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 13
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 14
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 15
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 16
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 17
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 18
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 19
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 20
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 地理説明 その一
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 21
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 22
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 23
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 24
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 地理説明 その二
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 大分川合戦
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 1
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 2
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 3
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 4
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 5
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 6
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 7
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 8
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 9
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 10
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 11
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 12
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 13
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 14
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 15
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 16
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 17
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 18
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 19
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 20
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 地理説明 その三
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 21
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 22
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 23
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 24
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 25
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 26
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 地理説明 その四
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 27
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 28
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 地理説明 その五
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 地理説明 その六
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 29
天下を望まなかった男
天下を望まなかった男 1
天下を望まなかった男 2
天下を望まなかった男 3
天下を望まなかった男 4
天下を望まなかった男 5
天下を望まなかった男 6
天下を望まなかった男 7
天下を望まなかった男 8
天下を望まなかった男 9
天下を望まなかった男 10
天下を望まなかった男 11
天下を望まなかった男 12
天下を望まなかった男 13
天下を望まなかった男 14
天下を望まなかった男 15
天下を望まなかった男 16
天下を望まなかった男 17
天下を望まなかった男 18
毛利の隠し矢
毛利の隠し矢 1
毛利の隠し矢 2
毛利の隠し矢 3
毛利の隠し矢 4
毛利の隠し矢 5
毛利の隠し矢 6
毛利の隠し矢 7
毛利の隠し矢 8
毛利の隠し矢 9
毛利の隠し矢 10
毛利の隠し矢 11
毛利の隠し矢 12
毛利の隠し矢 13
毛利の隠し矢 14
毛利の隠し矢 15
毛利の隠し矢 16
大友家すいーつクリスマス
大友家すいーつクリスマス 1
大友家すいーつクリスマス 2
大友家すいーつクリスマス 3
大友家すいーつクリスマス 4
大友家すいーつクリスマス 5
大友家すいーつクリスマス 6
大友家すいーつクリスマス 7
大友家すいーつクリスマス 8
大友家すいーつクリスマス 9
大友家すいーつクリスマス 10
大友家すいーつクリスマス 11
大友家すいーつクリスマス 12
大友家すいーつクリスマス 13
大友家すいーつクリスマス 14
大友家すいーつクリスマス 15
大友家すいーつクリスマス 16
大友家すいーつクリスマス 17
大友家すいーつクリスマス 18
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

24 / 121ページ

試し読みできます

老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 19

 それゆえ、大友館と大友家菩提寺として保護を受け、町の防御拠点になっていた万寿寺に篭り連携するしか選択肢がなかったのである。

「館を燃やすぞ」

 吉岡長増みたいに割り切る経験が足りない吉岡鑑興が一瞬我を忘れる。

「最後は派手に散らねばな。

鑑興。

お前は館に火をつけたら、そのままお屋形様をお守りするのだ」

 その言葉にただ静かに吉岡鑑興は首を横に振る事で答えた。

「……まったく。

誰に似て強情になったのやら」

「父上だと思いますが?」

 まぁ、これだけ死亡フラグを建てておきながら二人して生き残ってしまったのは、この後彼らの主君と奥方がやってきて、彼らの度肝を抜く提案をやりやがったからなのだが。

 

 

「落ちるぞ。

そなたは奈多に帰れ」

 大友館の奥に来た大友義鎮はその一言を奈多婦人に告げる。

 だが、侍女達にまで長刀を持たせて戦準備を整えていた奈多婦人は、それを即座に拒否した。

「私は大友義鎮の妻でございます。

ならば、生きるも死ぬも一緒でございましょうに」

 夫婦仲は良かったと思う。

 事実、結婚から既に娘を二人産んでおり、娘達は即座に侍女達をつけて実家である奈多に落ち延びさせている。

 奈多夫人には彼女達が無事に落ち延びる確信があった。

 なぜならば、謀反勢が他紋衆であるという事は、同じ他紋衆に位置づけられる奈多家を敵に回す事になり、謀反成功後の後継者選定において二人の娘のどちらかに婿をつけないと大友家を掌握する事はできないからである。

 なお、この謀反を同紋衆が起こしたとしても同じで、奈多家は滅びる事は無くなったがある意味中立の位置に追い込まれてしまっていた。

 だからこそ、謀反を成功させかつ奈多家を敵に回しても大友家を掌握する起死回生の一手である宇佐八幡の珠姫を奈多家が害する、もしくは同じ国東半島を基盤として奈多家と軋轢がある田原家が拉致する可能性があり、吉岡長増が麟に『奈多と田原に姫様を渡すな』と厳命したのをこの二人は知らない。


試し読みできます

老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 20

「死ぬぞ」

「二度も主人に先立たれて、まだ生きる意味がありましょうか?」

 こんな笑い方ができる女だったのかと、大友義鎮が思うぐらい凛とした笑みを奈多夫人は浮べる。

 元々奈多夫人はこれが初婚ではなく再婚だったりする。

 前の夫に先立たれて実家に戻った折の二度目の結婚だから、以外に図太いし、おまけに姐さん女房でもある。

 だから、こんな時でも己を見失わない。

「勝手にしろ」

「はい。

勝手にいたします。

落ち延びるのは何処へ?」

 言い放った奈多夫人の鼻を明かすがこどく、少し楽しそうに大友義鎮はその落ち延び先を告げた。

「いや、臼杵に行く。

手配せい」

「臼杵……ですか?」

 海路臼杵に行くには中村の水軍衆が船を浮べているので不可能に近く、陸路を逃げる為には西へ、大分川だけでなく大野川まで越えなければならない。

 事実、町衆が逃げだしているのは北西の別府に繋がる道のみ。

「だからこそよ。

別府への道は謀反勢とて網を張っていよう。

高崎山に篭るには町衆が邪魔よ」

 この時代の戦国大名の町は、普段は館に住み、何かあった場合山の城に篭るという具合に城と館を使い分けていた。

 府内における篭るための城は別府との間にそびえる高崎山にあり、この高崎山城の防御も備蓄も十分なのだが、篭る為には逃げ惑う府内の町衆が邪魔になるし、南側から攻められた場合の逃げ道が北西しか無い為に、敵側にとっても捕捉しやすいという欠点を抱えていた。

 だからこそ、大友義鎮はあえて虎穴に入るつもりなのだ。

「対岸にある吉岡長増の屋敷に身を隠し、そのまま吉岡長増の居城である鶴崎城に逃げる。

その頃には臼杵の手勢と合流できていようから、臼杵に逃れるのは容易い」

 事実その成算はかなり高いと奈多夫人も思った。

 ただ、一つの疑念を除けば。

「大神は、佐伯はどう動くのでしょうか?」


試し読みできます

老人達の思い出話 小原鑑元の乱 地理説明 その一


試し読みできます

老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 21

 臼杵は三方を山に囲まれた天然の要塞である。

 それゆえ攻めるには水軍が必要なのだが、その山一つ超えた場所が佐伯なのだ。

 今回の他紋集の蜂起に強大な水軍衆を抱える佐伯が参加、もしくは関与していた場合自ら死地に飛び込むことになる。

「神にでも祈るさ」

 大友義鎮の呟きに、奈多夫人は複雑な顔をした。

 彼女は神官の娘でもある。

 この時の神が八百万の神だけでなく、南蛮人が信仰していた神も含まれていた事を機敏に感じたからに他ならない。

 二人はそのまま吉岡長増と吉岡鑑興の元に行き臼杵行きを告げ、吉岡鑑興に呆れられるが吉岡長増は笑いながら了承。

 逃亡経路に吉岡領を使う為に二人とも死ぬわけにはいかず、とはいえ時間を稼がねばならぬから大友館を焼くことを吉岡長増は提案し、大友義鎮は即座に了承した。

 

「お急ぎを」

「船を出すぞ。

謀反勢に悟られるな!」

赤々と燃える府内の町。

 その中央で燃えるのは大友館である。

 炎と煙に人々は逃げ惑い、謀反勢もなすすべなくその奔流に巻き込まれるばかり。

 吉岡勢はその騒動を煽り、『高崎山城に一行が逃げた』と言う虚報をばら撒きつつ、大友義鎮一行を逃がそうとしていたのである。

 大分川に浮かぶ一艘の小船に乗るのは船頭の他に、大友義鎮と奈多夫人に吉岡長増と吉岡鑑興の四人のみ。

 吉岡勢は散らばりながらも、混乱と夜陰に隠れて吉岡長増の屋敷に戻る手はずになっていた。

「府内館が……燃える……」

 呟いた船頭の言葉を大友義鎮は聞き流す。

 国を治める大名ですらこうだ。

 父である大友義鑑は家臣に殺され、彼自身はその騒動で祭り上げられた果てに、この光景を見させられている。

 なんという皮肉だろう。

(人は、神の前には皆同じなのです)

 あの聖者の言葉が胸に響き、大友義鎮は奈多夫人の手を強く握る。

 それを奈多夫人は府内炎上の怒りと捉えて、優しく握り返すのみだった


試し読みできます

老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 22

 この臼杵逃亡は図に当たる。

謀反勢は、落ち延びる先を高崎山城もしくは別府であると判断しており、高崎山と別府湾に網を張って待ち構えていた。

 だが、大友館から火が出て府内の町に燃え広がると混乱は更に激しくなり、大友義鎮一行を見失ってしまう。

 翌日、府内館炎上を見て更に参加者が増えた謀反勢は、焼け野原になった府内と高崎山城を占拠するも大友義鎮一行は見つからず、彼らが臼杵に落ち延びる為に鶴崎城に入場したとの報告に謀反勢に動揺が広がる。

 鶴崎城には落ち延びた吉岡勢と府内館守備兵に臼杵勢まで合流しており、兵の数ではまだ謀反勢が勝っていたが田北・志賀勢が合流すれば敗北は免れず、動揺が広がりだしていたのである。

 彼らが慌てて鶴崎城を攻撃しようと兵を向けた矢先、大分川に沿って謀反勢に向かってくる旗印が二つ。

 兵は千五百ほどだが、彼らの旗印に謀反勢は首を傾げる。

「あれは……雄城に、同紋の旗は何処だ?」

「戸次?

こちらに加わるのか?」

 謀反勢の猜疑心いっぱいの視線を一身に浴びながら、戸次鑑連がただ手を謀反勢に向けて振り下ろした。

「放てぃ!」

 戸次、雄城勢から一斉に放たれる矢に謀反勢は大混乱に陥るが、その時には既に戸次勢を先頭に謀反勢に突っ込んで行ったのである。

 勝負はそれでついた。

 謀反勢は三倍近い兵を抱えていながら、この攻撃を支える事ができなかった。

 昨日のうちに大友義鎮一行を討ち取っていれば話も違っただろう。

 だが、大友義鎮一行を取り逃がした事で謀反勢は動揺が広がり、将兵が増えたことで統制がとりにくくなっていた。

 それを見逃す戸次鑑連ではない。

 戸次勢は五百ばかりで躊躇う事無く謀反勢に突っ込み、それを雄城勢がサポートする。

「矢を常に射掛けろ!

謀反勢は脅えて突っ込んでは来ぬ!」

使者として出向いた角隈石宗が、臨時の将として叱咤激励すれば、

「由布惟信(ゆふ これのぶ)ここにあり!

我こそはと思うものは前に出て来い!」



読者登録

北部九州在住さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について