目次
目次
目次
人物紹介
人間関係図
用語解説
毛利少輔四郎
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 1
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 2
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 3
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 4
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 5
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 6
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 7
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 8
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 9
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 10
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 11
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 12
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 13
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 14
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 15
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 16
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 17
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 18
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 19
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 20
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 地理説明 その一
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 21
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 22
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 23
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 24
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 地理説明 その二
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 大分川合戦
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 1
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 2
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 3
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 4
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 5
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 6
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 7
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 8
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 9
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 10
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 11
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 12
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 13
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 14
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 15
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 16
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 17
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 18
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 19
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 20
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 地理説明 その三
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 21
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 22
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 23
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 24
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 25
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 26
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 地理説明 その四
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 27
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 28
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 地理説明 その五
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 地理説明 その六
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 29
天下を望まなかった男
天下を望まなかった男 1
天下を望まなかった男 2
天下を望まなかった男 3
天下を望まなかった男 4
天下を望まなかった男 5
天下を望まなかった男 6
天下を望まなかった男 7
天下を望まなかった男 8
天下を望まなかった男 9
天下を望まなかった男 10
天下を望まなかった男 11
天下を望まなかった男 12
天下を望まなかった男 13
天下を望まなかった男 14
天下を望まなかった男 15
天下を望まなかった男 16
天下を望まなかった男 17
天下を望まなかった男 18
毛利の隠し矢
毛利の隠し矢 1
毛利の隠し矢 2
毛利の隠し矢 3
毛利の隠し矢 4
毛利の隠し矢 5
毛利の隠し矢 6
毛利の隠し矢 7
毛利の隠し矢 8
毛利の隠し矢 9
毛利の隠し矢 10
毛利の隠し矢 11
毛利の隠し矢 12
毛利の隠し矢 13
毛利の隠し矢 14
毛利の隠し矢 15
毛利の隠し矢 16
大友家すいーつクリスマス
大友家すいーつクリスマス 1
大友家すいーつクリスマス 2
大友家すいーつクリスマス 3
大友家すいーつクリスマス 4
大友家すいーつクリスマス 5
大友家すいーつクリスマス 6
大友家すいーつクリスマス 7
大友家すいーつクリスマス 8
大友家すいーつクリスマス 9
大友家すいーつクリスマス 10
大友家すいーつクリスマス 11
大友家すいーつクリスマス 12
大友家すいーつクリスマス 13
大友家すいーつクリスマス 14
大友家すいーつクリスマス 15
大友家すいーつクリスマス 16
大友家すいーつクリスマス 17
大友家すいーつクリスマス 18
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

20 / 121ページ

試し読みできます

老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 15

幸い府内に近くて兵を集め終えた吉岡家の手勢が戦闘に参加していたが、蜂起勢が大兵という事から集まった他紋衆の将兵達は、勝ち馬に乗ろうと様子見を決め込む始末。

 状況はあまり良くなかった。

「上原館の一戦が落ち着いたので、謀反勢は兵をまとめなおしている様子。

 そう遠くない時間に、府内に押し寄せてきましょう。

本庄・賀来共に千の兵を繰り出せ、中村の水軍衆は人足を入れるとやはり数百はいるはず。

ならば謀反勢は三千を超えるでしょうな。

様子見の輩が二千ほどおりますが、他紋ゆえ謀反側に転ぶ可能性も頭に入れるべきかと」

 鎧姿の僧こと角隈石宗が淡々と現状を分析する。

 大友館にいる兵は数百しかなく、吉岡鑑興(よしおか あきおき)率いる吉岡勢五百が上原館落城後の謀反勢を横から殴りつけなければ、この館も落ちていたかもしれない。

 吉岡勢の大将である吉岡長増は息子に手勢を任せていた為にこの館に残っており、それゆえ当然のように臨時の大将として振舞っていた。

「明日になれば臼杵殿が駆けつけてこよう。

 とはいえ、臼杵勢を加えても三千には届かぬ。

田北殿や志賀殿の兵が来る三日後まで、日和見をしている他紋衆が動かぬとは考えられぬ……」

 角隈石宗の一言一言が突き刺さり、大友館の守将の顔は皆一様に暗い。

 そもそも『館』であるからそれほど防御が高くは無いし、敵は勝手知ったる身内である。

 状況が好転するのは三日後だが、その三日の時間を稼ぐのは不可能という現実を受け入れた吉岡長増が、鎧姿のまま一言も発しない大友義鎮に向けて口を開く。

「ここは落ち延びて再起を図るべきかと」

 この場にて初めて口を開いた大友義鎮の一言は罵倒だった。

「この状況で何処に落ち延びろというのだ!」

 一同固唾を呑んで見守る中、吉岡長増も一歩も引かない。

「府内以外ならば何処でも。

謀反勢の狙いは、お屋形様のお命。

お屋形様が落ち延びれば、その後謀反勢の勢いは水をかけられた火のようになりましょう」

「日和見を続けている他紋衆につく者がいるかも知れぬぞ」

「ですから、雄城治景殿に謀反鎮圧を命じるのです」

 ざわりと一同から声が漏れ、大友義鎮も怒りを忘れて吉岡長増を見つめる。

 領地が府内に近く、他紋衆系の加判衆かつ大神系の有力者である雄城治景は、この状況において兵を動かしておらず、それが日和見している他紋衆に正当性を与えていた。


試し読みできます

老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 16

 誰が見ても謀反勢につくだろうと思っていた彼に謀反鎮圧を命じるという吉岡長増の進言に、思わず表情を出して大友義鎮は尋ねてしまう。

「正気か?吉岡?」

「いかにも。

この時点で、雄城殿は謀反勢についていない。

ならば、迷いがあるという事」

 角隈石宗が吉岡長増の言葉を聞いて前に進み出る。

「ならば、その諜略はそれがしにお任せあれ」

「許す」

 大友義鎮の了承で僧とも思えぬ素早さで角隈石宗が駆け出てゆく。

 そんな角隈石宗を見向きもせず、吉岡長増は次の策の為に言葉を紡ぐ。

「ならばもう一人、同紋衆より鎮圧をお命じになるべきかと」

 一同の顔に疑問の色が浮かぶ。

 現状信頼できる同紋衆がいないからこそこの窮状というのに、吉岡長増は何を言っているのかという疑問が皆の顔に浮き出るのを待ってから、彼はその将の名前を告げた。

 

「鎧ケ岳城城主。戸次鑑連(べつき あきつら)殿」

 

 周囲の顔に再度驚愕の色が浮かぶが、大友義鎮も吉岡長増も身じろぎせずに、互いの顔を見つめ続けていた。

 戸次鑑連は誰もが認める大友家の勇将で、肥後菊池戦や二階崩れにおける入田親誠討伐などに功績があり、彼が討伐の矢面に立てば謀反勢など蹴散らしてくれるという信頼感はあった。

 にも関わらず、この場で彼の名前が皆出せなかった理由は、彼が功績をあげた入田親誠の娘が彼の嫁だったからに他ならない。

 戸次鑑連は二階崩れ時に入田親誠討伐令が出ると直ちに嫁と離縁し、入田討伐に赴いてその忠誠心を見せて二階崩れの連座を回避した経歴を持つ。

 それゆえ、皆が口に出せなかったのは、

(二階崩れの時にこれだけ非道な事をしておきながら、こちらの危機に駆けつけてくれるか?)

 という疑念があったからに他ならない。

 この時期の大名というのは国人衆の連合政権という色合いが強く、大名自身の絶対権力が完成している訳ではなかった。

 それゆえ、現在の大内家よろしく大名の基盤が揺らごうものならば、共倒れを防ぐ為に国人衆は独自行動を取ってしまうし、鎮圧に特定の国人衆を当てにしてしまうと、大名権力が弱体化してしまうという欠点を抱えていたのである。


試し読みできます

老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 17

 そんな理由から、同じく二階崩れでむごい仕打ちをしてしまった田原家や、嫁である奈多夫人の実家である奈多家に救援を求めるなんて事は除外されているのだ。

「何を出す?」

 ただより高いものは無い。

 功績多い勇将である戸次鑑連に謀反鎮圧を命じるにあたって、何を持って報いるかを大友義鎮は尋ね、吉岡長増は武将ではなく老人の顔をして微笑む。

「加判衆の座を。

それがしが府内館に残り、殿を勤めまする。

老人の白髪首の後は少々座り心地が悪いでしょうが、そこは我慢してもらおうかと」

 大友義鎮は声を出さない。

いや、出せない。

(死ぬな!爺!)

 大名である彼は、そんなたった一言を口に出すことができない。

 彼自身が逃げる為には誰かがこの場で殿を勤めなければならず、その殿に資格も経験も理由も相応しい吉岡長増が志願してしまったのだ。

 それを否定するだけの力も、理由も、言葉も、大友義鎮は持ち合わせていなかった。

 彼は己の心が張り裂けそうになりながら、最後まで大名の仮面をかぶり続けた。

「任せる」

「はっ。

落ちるとなればお急ぎを」

 その言葉のやり取りで、諸将が動く。

 吉岡家の郎党は府内館の守備につく為に、大友義鎮と共に落ち延びる者は逃げる準備をする為に、ただ覚悟を決めた吉岡長増だけがこの場に座ったまま動こうとしなかった。

 そんな彼に、まだ幼さが残る侍女が近づく。

 煙の臭いが強くなってきた部屋の中で侍女を見つけた吉岡長増は、好々爺の笑みで侍女に語りかけた。

「この騒動でお屋形様に紹介するのを忘れておったわ。許しておくれ」

 そして戦国武将の顔に戻った吉岡長増は、その侍女に小声で命を与えた。

「麟。

最初で最後の命を伝える。

珠姫様のそばについて絶対に離れるな。

この謀反が長くなるにせよ、片付くにせよ、あの姫の存在が最後に必ず関わってくる。

佐田殿には良く言っているから、彼の下について姫様を絶対に宇佐から出すな」

 こくりと小さく麟が頷くのを見て、吉岡長増は続きを話す


試し読みできます

老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 18

 幼き頃から間者として育てられた麟だから、引く手はあまただろう。

 だからこそ、今からいう情報は麟への持参金に等しかった。

「佐田殿に伝えよ。

『謀反勢は本庄・賀来の手勢に中村の水軍衆合わせて三千。

まだ増える可能性あれど、お屋形様は府内より落ち延び、戸次鑑連と雄城治景に鎮圧を命じた故、謀反は必ず鎮圧する。

万一の事あれど、加判衆の合議により決めるゆえ、絶対に田原と奈多に姫様を渡すな』と。

よいな?」

 煙なのかこれが遺言と分かったからなのか麟が涙目で小さく頷くのを見て、吉岡長増はしわがれた手で優しく麟の頬をなでる。

 この娘と息子吉岡鑑興が、いつの間にか兄弟のように互いに仲良くなっていたのを吉岡長増は知っており、麟の珠姫侍女というのは麟の身分を表に出して吉岡鑑興の嫁にという親心がまじっていたのは吉岡長増だけの秘密である。

 そして、息子ともどもこの館で果てるだろうと確信したからこそ、秘密にしてよかったと心から思いつつ吉岡長増は最後の言葉を麟に投げかけた。

「行け。

そなたが逃げる程度の時間を稼げぬほど耄碌してはおらぬよ」

「……はっ。

どうか、ご無事で」

 麟が煙の中に消えたのを見て、吉岡長増はゆっくりと立ち上がる。

 老将はまるで全盛期のように大声で郎党を叱咤する。

「お屋形様が落ち延びるまでの時間を稼ぐぞ!

吉岡の武名を残すはこの時と思え!」

 外で防戦の準備をしていたはずの吉岡鑑興が吉岡長増の前に現れる。

 という事は、準備が終わりあとは散るのみという事。

 その散り際が遅らせる事ができるかとうかに、大友義鎮および麟が逃げられるかがかかっていた。

「上原館に面する南側の木戸は全て塞ぎ、兵を配置しました。

それがしは万寿寺に、父上はこの館にて指揮をとって頂きたく」

 府内の町の東は大分川に沿っており、北側は別府湾に面して港が作られていた。

 謀反勢は本庄・賀来の手勢が南の上原館を攻撃すると同時に、北の港に中村の水軍衆が船で陣取って逃がさないように睨みを利かせている。

 現状の兵力では府内の町全てを守れる訳も無く、逃げ惑う町民は北西側の別府に繋がる道から大挙して逃げ出していた。


試し読みできます

老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 19

 それゆえ、大友館と大友家菩提寺として保護を受け、町の防御拠点になっていた万寿寺に篭り連携するしか選択肢がなかったのである。

「館を燃やすぞ」

 吉岡長増みたいに割り切る経験が足りない吉岡鑑興が一瞬我を忘れる。

「最後は派手に散らねばな。

鑑興。

お前は館に火をつけたら、そのままお屋形様をお守りするのだ」

 その言葉にただ静かに吉岡鑑興は首を横に振る事で答えた。

「……まったく。

誰に似て強情になったのやら」

「父上だと思いますが?」

 まぁ、これだけ死亡フラグを建てておきながら二人して生き残ってしまったのは、この後彼らの主君と奥方がやってきて、彼らの度肝を抜く提案をやりやがったからなのだが。

 

 

「落ちるぞ。

そなたは奈多に帰れ」

 大友館の奥に来た大友義鎮はその一言を奈多婦人に告げる。

 だが、侍女達にまで長刀を持たせて戦準備を整えていた奈多婦人は、それを即座に拒否した。

「私は大友義鎮の妻でございます。

ならば、生きるも死ぬも一緒でございましょうに」

 夫婦仲は良かったと思う。

 事実、結婚から既に娘を二人産んでおり、娘達は即座に侍女達をつけて実家である奈多に落ち延びさせている。

 奈多夫人には彼女達が無事に落ち延びる確信があった。

 なぜならば、謀反勢が他紋衆であるという事は、同じ他紋衆に位置づけられる奈多家を敵に回す事になり、謀反成功後の後継者選定において二人の娘のどちらかに婿をつけないと大友家を掌握する事はできないからである。

 なお、この謀反を同紋衆が起こしたとしても同じで、奈多家は滅びる事は無くなったがある意味中立の位置に追い込まれてしまっていた。

 だからこそ、謀反を成功させかつ奈多家を敵に回しても大友家を掌握する起死回生の一手である宇佐八幡の珠姫を奈多家が害する、もしくは同じ国東半島を基盤として奈多家と軋轢がある田原家が拉致する可能性があり、吉岡長増が麟に『奈多と田原に姫様を渡すな』と厳命したのをこの二人は知らない。



読者登録

北部九州在住さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について