目次
目次
目次
人物紹介
人間関係図
用語解説
毛利少輔四郎
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 1
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 2
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 3
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 4
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 5
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 6
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 7
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 8
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 9
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 10
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 11
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 12
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 13
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 14
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 15
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 16
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 17
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 18
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 19
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 20
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 地理説明 その一
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 21
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 22
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 23
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 24
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 地理説明 その二
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 大分川合戦
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 1
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 2
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 3
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 4
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 5
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 6
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 7
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 8
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 9
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 10
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 11
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 12
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 13
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 14
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 15
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 16
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 17
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 18
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 19
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 20
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 地理説明 その三
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 21
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 22
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 23
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 24
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 25
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 26
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 地理説明 その四
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 27
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 28
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 地理説明 その五
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 地理説明 その六
老人達の思い出話 小原鑑元の乱 後編 29
天下を望まなかった男
天下を望まなかった男 1
天下を望まなかった男 2
天下を望まなかった男 3
天下を望まなかった男 4
天下を望まなかった男 5
天下を望まなかった男 6
天下を望まなかった男 7
天下を望まなかった男 8
天下を望まなかった男 9
天下を望まなかった男 10
天下を望まなかった男 11
天下を望まなかった男 12
天下を望まなかった男 13
天下を望まなかった男 14
天下を望まなかった男 15
天下を望まなかった男 16
天下を望まなかった男 17
天下を望まなかった男 18
毛利の隠し矢
毛利の隠し矢 1
毛利の隠し矢 2
毛利の隠し矢 3
毛利の隠し矢 4
毛利の隠し矢 5
毛利の隠し矢 6
毛利の隠し矢 7
毛利の隠し矢 8
毛利の隠し矢 9
毛利の隠し矢 10
毛利の隠し矢 11
毛利の隠し矢 12
毛利の隠し矢 13
毛利の隠し矢 14
毛利の隠し矢 15
毛利の隠し矢 16
大友家すいーつクリスマス
大友家すいーつクリスマス 1
大友家すいーつクリスマス 2
大友家すいーつクリスマス 3
大友家すいーつクリスマス 4
大友家すいーつクリスマス 5
大友家すいーつクリスマス 6
大友家すいーつクリスマス 7
大友家すいーつクリスマス 8
大友家すいーつクリスマス 9
大友家すいーつクリスマス 10
大友家すいーつクリスマス 11
大友家すいーつクリスマス 12
大友家すいーつクリスマス 13
大友家すいーつクリスマス 14
大友家すいーつクリスマス 15
大友家すいーつクリスマス 16
大友家すいーつクリスマス 17
大友家すいーつクリスマス 18
あとがき
あとがき 1
あとがき 2
あとがき 3
奥付
奥付

閉じる


<<最初から読む

13 / 121ページ

試し読みできます

老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 8

 土佐一条家と伊予河野家は、それぞれ大友家より妻をもらい大友側の家臣がおり、伊予西園寺家は、宇和海をめぐってたびたび衝突を繰り返して怨恨があったのだ。

「しかし、乱は失敗した」

「吉岡殿を始め、加判衆が賢明だった故。

毛利元就とて成功するとは思っておらぬだろうて。

ただ、大内を滅ぼす間、大友が混乱してくれればいいと」

 吉岡長増も佐田隆居も何も食べず、何も飲まずに記憶を探る。

 今、毛利元就の毒牙にかかろうとしているのが珠姫であり、あの時もっとよい手が無かったのかと考えるのは、現在の状況打破になりうる一手を考える事に繋がるだろうからだ。

 毛利元就にとって、ある意味で成功し、ある意味で失敗した小原鑑元の乱を考える事は。

 

 

弘治二年(1556)五月 府内

 

府内の町を見下ろす上原館より炎が上がり、町の外周部にて兵達が殺し合いを行い、府内は阿鼻狂乱の坩堝と化した。

「謀反じゃ!謀反じゃ!」

「中村長直が裏切ったぞ!」

賀来家も襲ってくるぞ!」

「町に火が放たれたぞ!」

「助けてくれぇ!」

 燃え盛る炎、逃げ惑う人々。

 発生する略奪に、響く剣戟の音。

 炎と血によって彩られる紅の地獄は、確実に府内の大友館を目指していた。

「本庄新左衛門尉(ほんしょう さえもんのじょう)、賀来紀伊守(かく きいのかみ)、中村長直の手勢がこちらに向かっております!

既に上原館には炎が!

お逃げを!

落ち延びて再起を図るのです!」

 府内中央に位置する大友館を守っていた兵の悲痛な叫び声を、能面のような表情で大友義鎮が眺め、その隣では同じような顔で吉岡長増が大友義鎮を見つめていた。

 

そもそもの原因は、厳島合戦にて陶晴賢が討ち取られ、動揺著しい大内家救援の為に兵を集めていた事にある。


試し読みできます

老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 9

毛利元就討伐に出た大内軍二万は壊滅的打撃を受けたが、西国有数の大家である大内家は揺らぎこそすれ、まだ余力は残っていた。

事実、周防長門にはまだ一万近い軍勢がおり、豊前や筑前の大内勢が後詰に動けば大内の優位は動かないはずだった。

だが、その揺らいだ優位を毛利元就は慎重に、かつ容赦なく切り崩す。

長門守護代の内藤家に内部分裂をしかけ、内藤隆春(ないとう たかはる)が離反。

彼の妹は毛利隆元(もうり たかもと)の妻であり、大内義隆(おおうち よしたか)の養女として嫁入りした事で、『大内の正統は毛利側にあり』という政治的アピールに、大内家中が揺れに揺れていた証拠である。

大内義長は大内の血を引いてはいるが元は大友の人間であり、陶晴賢の傀儡でしか無かった事から多くの家が毛利元就に靡いたのはある意味当然だった。

ならば、豊前・筑前から後詰をと大内義長は考えたが、豊前守護代だった杉重矩が陶晴賢に粛清された事によって、息子杉重輔(すぎ しげすけ)はこれを拒否。

筑前はというと、実質的な守護代として動いていた高橋鑑種が筑前に帰還したが、この状況で大内につく者は少なく、高橋鑑種を含めて多くの家が大友に靡く始末。

 かくして、大内義長は兄である大友義鎮に助けを請うしか手段は残っていなかったのである。

最初、大友義鎮は兄弟の情というよりも、大友家の利益を踏まえて出兵を意図していた。

もちろん、弟を助けたいという思いが無い訳ではない。

だが、窮乏の大内家に助ける事によって、豊前・筑前の国人衆を掌握できる利の方が大きかったのだ。

既に立花鑑載(たちばな としあき)などの大友同紋衆の家は大友義鎮に服従の証書を出し、大内家家老として高橋鑑種からの救援要請が府内に届けられ大義名分もあり、商都博多も大友側が完全に握っている状況になっていた。

ここで大内義長を見捨てるという選択肢もあったし、毛利元就から小寺元武が府内にやってきて『毛利は九州に野心は無し、豊前・筑前はお好きなように』という言質も得てはいた。

加判衆だけでなく多くの重臣を集めた評定の場で、これに異を唱えたのは吉岡長増である。

「豊前・筑前はお屋形様自らの力で奪い取ったのであり、毛利元就に与えられたものではございませぬ」

 その一言に、大友家の外交を取り仕切っていた臼杵鑑続が続く。

「毛利が大内の後継を謳っている以上、かの家が豊前・筑前に野心を出さぬという事の方が戯言でしょう。

それよりも弟義長様を助け、大内より上位に大友を据える方が肝要。

 国人衆は弟を見捨てなかった義を見て、己も助けてくれると考えるかと」


試し読みできます

老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 10

 大友義鎮は二回崩れという内乱で父義鑑と傅役である入田親誠を討ち取って大名になり、その後叔父である菊池義武と先ごろ寵臣だった一万田鑑相を粛清した事もあり、冷酷であるという意見は常について回っていた。

 為政者にとってその冷酷さは大事な資質ではあったが、あまりに度を越えている粛清に怯えが恐怖となって暴発する事に大友義鎮はまだ気づいていない。

 それゆえ、この大内義長救援を命じれば、

「お屋形様にも人の心があったのか」

という安堵に繋がり、家中が纏まる事を吉岡長増や臼杵鑑続は狙ったのである。

 だが、この意見に異を唱える者がいた。

「義長様をお助けするのは異存が無い。

だが、馬関海峡(関門海峡)を超える事ができるのか?」

 疑念を呈したのが、水軍衆の将であった佐伯惟教。

 厳島合戦において毛利側に味方し、瀬戸内海最大最強の水軍衆である村上家を主体とする沖家水軍は、そのまま毛利家と同盟関係を続けており、四百隻を超える船団を相手にするなど大友水軍ではできる訳が無かった。

「義長様をお助けする為に死ねと命じられるのならば、この命いくらでも差し出しましょう。

ですが、我らは犬死だけは御免蒙りたい。

吉岡殿。臼杵殿。

我らが沈められし後に、周防長門に上がれる策はあるのかお尋ねしてよろしいか?」

 その質問に二人が答えようとする前に、末席から聞き捨てならない野次が佐伯惟教に浴びせられる。

「大神の佐伯殿は身内で無いから、犬死はいやだと仰る」

 その一言に、佐伯惟教は怒気を露にして野次の主である門司親胤(もじ ちかたね)を睨みつけた。

 門司家は名前の通り、馬関海峡の九州側である門司を中心に企救半島に領地を持つ家なのだが、この家れっきとした大友同紋衆である。

 とはいえ、場所が場所ゆえに近年は大内家に仕えており、厳島合戦の後で大友側に帰参したという経歴を持つ。

 なお、後に起こる大友と毛利の門司合戦は、彼が毛利側に寝返って門司城を奪われた事から始まる。

「大内の旗を背負って我らに吠えていたのに、大内の旗が折れたら今度は大友の旗を背負い、あげくに同紋衆面をなさるとは、面の皮だけは厚いようで」

 怒気を押さえてこんで放った佐伯惟教の皮肉に、野次を放った門司親胤が激昂する。


試し読みできます

老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 11

「何だと!

そもそも、大友家の評定に大友家以外の者がいる事がおかしいではないか!」

 その一言に他紋衆が激昂し、末席に座っていた水軍衆の将だった中村長直が立ち上がって火に油を注ぐ。

「今までその同紋衆に家を任せた結果がこの有様!

大内の惨状も、晴英様を大内に送らなければ起きなかった事。

それを一万田が主導して、その一万田がおらぬと言うのに同紋衆はなお己の手で進めるか!」

 良港に恵まれた豊後国南部に領地を持つ大神系国人衆は元々水軍を率いる家が多く、また水軍は何よりも才能によって抜擢せざるを得ない専門職でもある事から、流れ者でも出世できる数少ない場所になっていた。

 中村長直もそんな一人であり、大神系国人衆ではない他紋衆として、自分達が同紋衆の盾となって犬死しろと言わんばかりの門司親胤の一言に激昂したのは理解できなくも無い。

 だが、中村長直の嘲笑に今度は同紋衆が激昂し、評定の場は怨恨深い同紋衆と他紋衆の対立の場に変わる。

 それが一触即発の事態にならなかったのは、目を閉じて大友義鎮の後ろに控えていた大友家軍師角隈石宗(つのくま せきそう)の一喝だった。

「やめい!

かりにも大友を支える者同士、尋常ならざる事態に陥り、お屋形様の前で罵り合うなど言語道断!

本来ならば、腹を切らねばならぬ失態なのが分からぬか!」

 目を見開き、同紋他紋双方を睨みつけての一喝で双方我に帰る。

「万が一にも、同紋他紋が互いに争うような事態になれば、それこそ毛利の思うつぼぞ」

 上座から小原鑑元が双方をたしなめる。

 彼自身は佐伯惟教と同じ懸念を持っていたが、この評定の前に内々で集まった加判衆の場で吉岡長増や臼杵鑑続の狙いを悟り、出兵やむなしと判断。

 大友義鎮の資質の改善という出兵理由など評定の場で言える訳も無く、かといって水軍衆を死地に送るつもりもなく、豊前出兵で留めて大内義長を九州に一時避難させる妥協案を内々の場で提示して加判衆の了解を得ていたのだ。

 それゆえ、大内救援の具体策に入る前に同紋衆と他紋衆の対立という想定外の事態を打開すべく、あえて彼は押さえに回る。

 だが、一万田鑑相粛清後に鼻息荒い他紋衆は、そんな彼の言葉を聞いて小原鑑元が加判衆内部で孤立していると勝手に解釈したのである。

 それを確信に変えたのが、評定を終わらせた志賀親守の一言だった。


試し読みできます

老人達の思い出話 小原鑑元の乱 前編 12

 彼に何か意図があったわけではなく、加判衆内部では意思疎通は図られていた。

 だからこそ、この無意味な評定を終わらせようと語気を強めてしまう。

「事の如何を問わず、この件は加判衆のみの評定で決めるとする」

 加判衆の構成は同紋四人に他紋二人。

 必然的に大内救援は確定せざるを得ない。

 中村長直をはじめ、数人の他紋衆が小原鑑元の元に詰め寄る。

「承服できぬ!

それでは同紋衆の数に押し切られ、大内救援が決まってしまうではないか!」

「この件は、評定にて話を続けるのが筋かと!」

「静まれ!

お主ら、静まらぬか!」

 小原鑑元や角隈石宗の叫び声を後に、評定の場で一言も発する事も感情を表に出す事もなく、大友義鎮は近習を連れて立ち去ったのだった。

 その後を追うように吉岡長増は静かについて行く。

 気配に立ち止まった大友義鎮が吉岡長増を見もせずに呟く。

「今になって、父上の末期の言葉が分った。

あの頃と何も変わらぬな」

 後姿しか吉岡長増には見えていないのだが、大友義鎮が自嘲しているのが分ってしまう。

「……覚えておけ、新九郎。

国主とは孤独なものよ、お前も必ずわしと同じ道を辿る。

大友の家を残す為に悩み、血を分けた我が子に葛藤する事になる」

 父大友義鑑が最後に息子義鎮に託した言葉は、呪いとなって彼を蝕んでいた。

 それを吉岡長増は知ってはいたが、彼には大友義鑑の心の闇を晴らす事はできない。

「小原殿は殿を支える柱石。

何卒、一万田の後を追わせませぬように」

 その一言で、同紋衆内部に起こっている小原鑑元排除の動きを大友義鎮に伝える。

大友義鎮はゆっくりと空を見上げる。

彼がそのような仕草をしている時、一人の聖者の事を考えているのを吉岡長増は知っていた。

「また、あのお方の事を考えておられでしたか」

「この世は地獄だったか。

彼が信じる神に縋れば、永遠に極楽に留まれるそうだ」

聖者フランシスコ・ザビエルが大友義鎮に出会えたのはほんの少しの間だったが、彼の言葉は荒れに荒れた大友義鎮の心を救っていたのである。



読者登録

北部九州在住さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について