閉じる


<<最初から読む

6 / 26ページ

試し読みできます

孤独の一言ではじまった2012年

facebook上で私が今年はじめて発した言葉は「孤独」の一言だった。

まさに私の人生を象徴しているように思う。

そして、田崎光哉氏は、

人に評価されるために僕の人生はあるのではない、との名言を放った。

けだし。

しかしもし私のことを誰も「評価」してくれなかったとしたら、

私の自我は「孤独」と言うだろう。

しかし言うまでもないが、

人は孤独でしかあり得ないのである。

誰もがそのことを感じ、

そして目を瞑りごましながら生きている。

その集合が社会というものであるわけだ。

したがって私が発した「孤独」という言葉はあまりにも凡庸すぎて、

それこそ誰も「評価」しないだろう。

せいぜい私は、

それでいいのだと自己憐憫の感情に浸るばかりである。


試し読みできます

勝ちたい奴に用は無い

私は勝ちたい奴には用は無い。
 
 
ぜひとも負ける用意のある奴と友達になりたいものだ。
 
 
まあこう言うと、
 
 
それは単なる負け惜しみだと言う方も多いだろう。
 
 
そうかもしれない。
 
 
でもそれでも私はいいのだ。
 
負けるが勝ちというつもりもない。
 
 
私は元々勝ち負けということが好きじゃあない。
 
勝ち負け、成功失敗に拘泥する人には興味が無い。
 
 
勝つことしか頭にない人が好きになれない。
 
 
 
よく「生存競争はそんなに甘くない」と言う人がいる。
そしてずるく計算高く立ち回る人がいる。
詭弁で負け惜しみだと言われるかもしれないが、
 
 
しかしこう考えることができる
 
 
要するに成功失敗にこだわる人は生きるということをなめているのだ。
彼の言っていることは逆なのだ。
そういう人は「全体」に甘えて生きているのだ。
正直で誠実な人に甘えて生きているのである。
愛とは心を開くことである。
 
負けを認めることである。
 
失敗することである。
 
本当に純粋な人は喜んで負けることを知っている。
彼は喜んで損をすることを知っている。
そういう純粋な人に向かって「そんなきれいごとを言っていては生存競争に生き残れないぞ」
と言う人はその純粋な人に甘えているのだ。
正直者は馬鹿を見るのが正しいあり方だ。
喜んで馬鹿になろう。
 
純粋な人はそれを喜んで受け入れる。
 
 
負けることの何が悪い?
 
 
失敗することの何が悪い?
 
 
結局のところ誠実に生きている人ほど本当の生きる喜びを知るのである。
真実を知ることができるのは純粋な人のみである。
愛を知ることができるのは純粋な人のみである。
当然と言えば当然だが。。。
 
そしてそれは勝ち負けや成功失敗には関係ないことだ。
 
 
勝とうが負けようが、
 
 
成功しようが失敗しようが。。。。。
 
 
勝ちたい人は、
 
 
負ける用意の出来ていない人は、
 
 
ある意味では欲望におぼれている人だ。
 
 
慢心している人だ。
 
彼は得をしたいのだ。
 
そういう人は決して真実を知ることがないと思う。
 
 
真実を知るということは負けを認めることだからだ。
 
 
全体は大きくて強い。
 
「あなたは私より大きくて強い」素直にそう言える人のみが真実を知ることができるかもしれない。
 
 
               *
 

でも要するに真実を知りたいんだろう?

 

とういうことは勝ちたいんだろう?

 

 

 

もちろん今の私には欲望がある。

 

しかしおそらくもっと偉い人はそういう欲望もないのだろう。

 

つまり、そんなことはどうでもいいのだ。

 

真実だろうが何だろうが、

 

分っても分らなくてもどちらでもいい。

 

勝とうが負けようがそんなことは知ったこっちゃない。

 

分るときが来れば自ずと分るだろう。

 

それまで生きているかどうか知らないがどっちでもいい。

 

あるいは分るときは永遠に来ないかもしれない。

 

同じことだ。

 

風は吹くかもしれないし吹かないかもしれない。

 

あるいは真実などというものは

 

そもそもどこにもないかもしれない。

 

どっちでもいい。

 

ましてや勝とうが負けようが、

 

そんなことはどちらでもいいのだ。

 

 


試し読みできます

日本語にうるさい暇人~あるラジオ番組への投稿より

あけましておめでとうございます。
 
私はテレビはまったく観ないので知りませんが、元日に某ラジオを聴いていたら、
さすがにアナウンサーは間違えませんでしたが、
そのほか他の出演者が、
元日のことをもう夕方の生放送なのに「元旦元旦」と皆連呼するように間違えていて気分が悪くなり、
聴くのをやめました。
すみません。
別に試すわけではないのですが、OアナやMアナは当然ご存じですよね?元日と元旦の違い。
もちろん最近では元日のことを元旦と言うことも許されるというか一般的にさえなっていることは知っていますが、
本来は元日ももう昼過ぎになったら元旦ではありませんよね。
それとついでに正月と言えばいつまでを指すか?
現代の社会慣習はともかく、正確な日本語の意味としてはもちろん1月31日までですよね。
これなんかは知っている日本人はどれくらい居るのか?
そんなことは私の頃はどちらとも学校でちゃんと習ったのですが、
それこそ元日のfacebookである学校の教師である私よりずっと年配の男性が、
元日と元旦の違いを知らなかったようで、
「いまウィキペディアではじめて知った」と発言していたのには驚きました。
自分より年配の学校の教師が知らないのでは無理もないと思いました。
私の両親もたとえば元日のことを「元旦元旦」と言います。
 
私が特に日本語にうるさいのは自覚していますが、ここまでものを知らない人だらけだと困ったものです。
 
ではまた。

試し読みできます

生きづらいんですけど何か。

精神病歴33年なんですけど何か。

 

52歳なんですけど何か。 

 

処方薬依存なんですけど何か。

 

ギャンブル依存なんですけど何か。

 

買い物依存なんですけど何か。

 

全財産4万円なんですけど何か。

 

もう何年も誰ともしゃべっていなんですけど何か。

 

インターネット依存なんですけど何か。

 

孤独で死にそうなんですけど何か。

 

加齢臭ぷんぷんなんですけど何か。

 

完全ひきこもりなんですけど何か。

 

100mのコンビニにも行けないんですけど何か。

 

もう何年も身体洗っていなんですけど何か。

 

主治医とも面会拒否しているんですけど何か。

 

文章なんてろくに書けないんですけど何か。

 

コンピュータと会話するだけの毎日なんですけど何か。

 

独り者なんですけど何か。

 

もう何十年もきれいな女性を見たことないんでけど何か。

 

友達がひとりも居ないんですけど何か。

 

夕食は毎日冷たい弁当なんですけど何か。

 

親ももう死にそうなんですけど何か。

 

入院歴何回か忘れたんですけど何か。

 

今日の夕食何だったか覚えていないんですけど何か。

 

今日が何曜日か分らないんですけど何か。

 

インターネット用語も知らないんですけど何か。

 

今日のニュース知らないんですけど何か。

 

新聞も雑誌もまったく読まないんですけど何か。

 

テレビなんて観たことないんですけど何か。

 

歯が痛くても歯医者まで行けないんですけど何か。

 

ときどき心臓が痛むんですけど何か。

 

歩けないんですけど何か。

 

夢や希望なんて何十年も前にあきらめたんですけど何か。

 

生まれてこの方働いたことが一度もないんですけど何か。

 

この文章もパクリなんですけど何か。

 

何か知らないけど怖くて震えているんですけど何か。

 

こわれ者なんですけど何か。

 

 

これでも人間なんですけど、何か~!!

 


試し読みできます

親を捨てる

去年のいつ頃だったか忘れたが、

 

私は父と母を「捨てた」。

 

もっと具体的に言えば、

 

彼らと会話することを諦めた。

 

父と母はほぼ同じように私の話すことをいちいち間違って受け取り、

 

そして彼らはほぼ同じように字もろくに書けなかった。

 

要するに彼らとのコミュニケーションは成立しなかったし、

 

心身ともに常に疲労困憊の私には、

 

それ以上の努力をする力はない。

 

つまり私は私で、

 

毎日の自身の命を保つことだけで一杯一杯だったのである。

 

私にはもはや何も出来ないとあきらめてもらうしかしかたないと思う。

 

文字通り私は息をし寝るだけの状態だ。

 

誰が先に死ぬにせよ、

 

私には何もできない。

 

電話の一本すらかけられない。

 

 

 

座して死を待つのみである。

 

介護や葬儀など論外だ。

 

 

 

そして私は孤独である。

 

 

 



読者登録

篠田 将巳 (shinodamasami)さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について