閉じる


<<最初から読む

8 / 37ページ

第7話 カッコつけないロッカーのピコザさん

 

 ゲームサウンドを担当しているピコザさんは、むかしはロックバンドでギターをひいてたり、曲を作ってたりしてたそうです。

 

 プロのロックミュージシャンになろうと、小さなライブハウスでがんばってたそうですが、なかまが次々とやめてしまったために、しかたなくバンドを解散してしまったそうです。

 

 ある日、ぼくはピコザさんにこの会社に入った理由をきいてみました。なぜかというと、ぼくはロックをやる動物さんって、すごく『過激(かげき)』なことが好きなんだと思ってました。だから、どうして『過激(かげき)』さとは関係ない地味なゲーム会社にはいったのか、すごく興味があったのです。

 

 ピコザさんはこう答えてくれました。

 

 「ここしかなかったから……」

 

 そしてピコザさんは、その見た目からは想像できないやさしい声で、会社にはいった理由をくわしく教えてくれました。

 

 「オレ、そのころ結婚してたんだ。だから、よめさんや子どものためにちゃんと働かなきゃと思ってね。でも、オレ、音楽しか能がないから、なかなかいい仕事が見つかんなかったんだ。そしたら、ファルコン社長がゲーム音楽の作曲ができる動物をさがしてたんで、いれさせてもらったというわけさ」

 

 ぼくはピコザさんの、ぶっきらぼうだけど、かざらないしゃべり方が大好きになりました。ロッカーって、みんなカッコつける動物さんたちばかりだと思っていたけど、どうやらそれは間違いだったようです。ぼくはさらに質問を続けました。

 

 「ゲーム音楽は作っていて楽しいですか?」
 「もちろん。どんなジャンルだろうが、オレにとってはみな同じ音楽だからね」

 「でも、ゲームって3つの音しか出せないから、やりづらくないですか?」
 「問題ないよ。メインメロディー、コード、ベース、ドラムのパートをやりくりすれば、3つしか出せなくてもなんとかなるよ……。どうでもいいけど、ブブくんは質問が多いね」

 「す、すみません……」

 「ふふふ……。気にしなくていいよ。それより、どう? 今夜、オレの知り合いがライブやるんだけど、いっしょに行く?」
 「ほ、ほんとですか!?」
 「ああ、なかまにブブくんのことを紹介するよ」

 

 ぼくは、思わぬピコザさんのおさそいにとてもうれしくなって、ジャンプしながら「ブブブー!」と叫んでしまいました。

 

 ピコザさんは見た目がちょっとこわいですが、本当はとても思いやりのあるやさしい鳥さんだと思いました。あと、音楽を愛する動物さんって、みんなピコザさんみたいなやさしい動物さんが多いみたいですね。だって、その日の夜のライブでお会いしたピコザさんのお友だち全員が、見ず知らずのぼくを、まるで古くからの友だちのようにあたたかく歓迎してくれたんですから。

 

 ピコザさんはライブのうちあげで「ゲームでお金がもうかって、生活に余裕ができたら、またロックの世界にもどりたい」――と、お友だちに言ってました。

 

 ぼくも同じようなことを考えていたので、ピコザさんの気持ちはよくわかりました。でも、そのあと、なぜかさびしい気持ちになってしまいました。

 

 (へんだなぁ……。どうしてそんな気持ちになったんだろ? ピコザさんは、ただ、ロックにもどりたいと言っただけなのに……)

 

 アパートに帰って、ぼくはその理由を考えました。

 

 (もしかしたら、ぼくはピコザさんにあこがれてたのかもしれないなぁ……。だから、ロックにもどりたいって聞いたときに、ちょっとさびしく感じちゃったのかもしれないなぁ……)

 

 そんなことを考えながら、ぼくはベッドの中にもぐりこみました。頭の中で今夜のライブで聞いた曲が流れはじめました。ぼくはそれを聞きながら、いつしか眠りについてゆきました。


第8話 縁の下の力持ちのミーちゃん

 

 『森のげえむ屋さん』のアイドルのネコのミーちゃんは、ぼくと同じようにゲームの絵をかくために会社にはいったそうですが、いつのまにか事務のお手伝いまでやらされるようになったそうです。

 

 「どうして事務の仕事まで手伝ってるんですか?」

 

 ぼくがミーちゃんにきくと、ミーちゃんはこう答えてくれました。

 

 「あたし、この会社にはいる前は事務のお仕事をしていたから」
 「でも、それじゃ、みんなの2倍働かされてるわけじゃないですか? なんか不公平ですね」

 

 ぼくは、なっとくできない顔でミーちゃんに言いました。

 

 「しかたないわ。だって、人手がたりなくて社長も困ってたんだし。だれかが手伝ってあげないとね」
 「じゃあ、せめてお給料をもっともらわないと割があいませんね」
 「ウフフフ……。もらえるんなら、もうとっくにもらってるわ」

 

 ぼくはミーちゃんの、そのサッパリとした答えにちょっとビックリしました。

 

 もし、ぼくがミーちゃんのように、あれもこれもやれと言われたら、たぶん『じゃぁ、給料を2倍ください!』とか、『ぼくは絵の仕事をするためにこの会社にはいったんです。そんな仕事をするためではありません!』とか、不満ばかり言ってたかもしれません。いや、きっと言ったでしょう。しかし、ミーちゃんは自分のことよりも社長がこまっているから手伝ってあげてると言いました。それもお給料はそのままで……。う~ん。ぼくとはえらい違いです。

 

 ミーちゃんはいつも明るくて元気です。そして、なかまの面倒をよくみます。まるで、みんなのお姉さんのように。

 

 これはファルコン社長から聞いた話ですが、ぼくが会社にはいる前に、あるゲームの締め切りが近づき、会社のみんなが疲れきってすごくイライラしていたことがあったそうです。それで、ミーちゃんはお菓子を買ってきたり、冗談を言ったりしながらみんなの気分をやわらげようとしたそうです。ところが、社員のひとりから(モグリンさんですが)仕事のジャマだからよけいなことをしないでくれ! と注意されたそうです。

 

 そんなつもりじゃなかったミーちゃんはとても落ちこんで体調をくずし、次の日に会社を休んでしまったそうです。そうしたら、その日はまるで『お葬式』のように会社の中が静まりかえり、みんなミーちゃんのことが気になって仕事に集中できなかったそうです。(特にモグリンさんが)

 

 そして、ミーちゃんの大切さがわかったみんなは、ミーちゃんにお見舞いの電話をあげたそうです。特にモグリンさんは自分の無神経さをヒドク反省して、電話の向こうのミーちゃんに向かってなんども頭を下げてあやまったそうです。

 

 次の日、ミーちゃんが元気な顔で会社に出て来ると、みんなはとてもよろこび、社内のフンイキもいつものように明るくなり仕事もとてもはかどったそうです。

 

 ぼくはファルコン社長からその話を聞いたあと、こう思いました。仕事って、その仕事に直接たずさわっているスタッフが重要だとばかり思ってたけど、実はその考え方ってとんでもないカン違いだったと。だって、ミーちゃんのように、その仕事がうまくゆくようにみんなが気づかないところで『縁の下の力持ち』をしてくれてるスタッフもいるんですから。そういう存在ってとても大切ですよね。

 

 ぼくもミーちゃんを見習ってがんばんなきゃ!


第9話 クリエイティブってなに?

 

 「もっと自由に考えたいなぁ! モグモグ~ッ!」

 

 とつぜんモグリンさんが大きな声でひとりごとを言いました。

 

 「どうしたんですか?」

 

 ぼくがモグリンさんにきくと、モグリンさんは頭の後ろに手をまわしてイスにふんぞりかえりながら言いました。

 

 「次のゲームの企画なんだけどさぁ、前回のゲームの流用(りゅうよう)にしてくれって、社長が言うんだよ」

 「りゅうよう? りゅうようって、どういう意味ですか?」

 「つまりぃ~、前回作ったゲームのプログラムをほとんど変えないで、見た目や遊び方だけを変えるということだよ」

 

 そう答えるとモグリンさんは、前から考えていた自信作の企画書を不満そうにポンと机の上にほうり投げました。

 

 「どうしてムカついているんですか? ラクそうでいいじゃないですか?」

 

 ぼくがそう言うと、モグリンさんはあきれた顔をしてぼくに言いました。

 

 「わかってないなぁ、きみは。そういう問題じゃないんだよ。オイラみたいな、つねに新しいものに挑戦したい企画屋にとっては、ちっともクリエイティブじゃないから楽しくないんだよ」

 

 「楽しくないって……。仕事だからしかたないと思いますが」

 

 モグリンさんはちょっとワガママなのかなぁ? と、ぼくは思いました。でも、モグリンさんの言ってることもわからないわけではないです。だってぼくだって、いつも同じ絵ばかりかかされて、かきたい絵をぜんぜんかかせてもらえなかったら、仕事に不満をもってしまうだろうなと思ったからです。

 

 「気持ちはわかりますワン!」

 

 横で話を聞いていたプログラマーのゼロワンさんがぼくたちに話しかけてきました。

 

 「ボクもモグリンさんが言うように、いろんな新しいプログラムに挑戦したいですワン。でも、そういう仕事をするには、もっと大きな会社にはいらないとむずかしいと思いますワン。なぜなら、それってお金もかかるしスタッフもたくさん必要ですからワン」

 

 するとモグリンさんが言いかえしました。

 

 「そうかなぁ~? クリエイティブなことをするって、お金とかスタッフの数の問題じゃないと思うけどな。どんな状況だろうがやる気さえあればできると思うよ」

 

 ゼロワンさんは、モグリンさんのもっともらしい意見に黙ってしまいました。

 

 「だったら、流用でもクリエイティブなゲーム企画は考えられるはずだよね

 

 とつぜん仕事場に入ってきたファルコン社長がモグリンさんに言いました。どうやら社長はとなりの社長室で、ぼくらの話をコッソリと聞きいていたようです。

 

 「モ、モグッ!?」

 

 モグリンさんは、すごくあわてた顔をして社長の方を振り向きました。

 

 「どんな状況だろうが、やる気さえあればクリエイティブなものは考えられる……。すばらしい考え方じゃないか、モグリンくん! じゃあ、やる気をだしてがんばってくれたまえ。期待してるよ」

 

 社長はニコリと笑ってモグリンさんの肩をポンポンとたたき、社長室へもどって行きました。

 

 「は、はいっ! がんばりますっ!」

 

 モグリンさんは、さっきとはまるでちがった態度で元気よく社長に答えました。それを見ていたぼくとゼロワンさんは、なんかおかしくなって、思わずプッとふきだしてしまいました。

 

 「な、なにが、おかしいんだよぉ~!」

 

 モグリンさんは顔を真っ赤にして、机の上にほうり出していた自信作の企画書を引き出しの中にしまうと、ブツブツ言いながら流用ゲームの企画書を書き始めました。


第10話 ロケテストの試練

 

 『森のげえむ屋さん』で作っているゲームは『アーケードゲーム』といって、ゲームセンターで遊ぶためのものです。

 

 ぼくはテレビゲームって、ゲームセンターでしか遊ぶことができないものと思っていました。でも、モグリンさんが言うには自宅でもテレビゲームは遊べるそうです。ただ、それを遊ぶための機械の値段がとても高く、おまけにゲームセンターのようなおもしろいゲームソフトがまだまだ少ないそうです。

 

 「でも、いつかは、値段が安くてゲームセンターのゲームが遊べる家庭用ゲーム機が必ず発売されると思うよ。そうしたら、そのゲーム機はものすごく人気がでるだろうね。だって、ゲームセンターみたいにお金を気にせず、ゆっくりと遊べるから」

 

 そう言っていたモグリンさんの目は、いつになくかがやいていました。

 

 さて、さて――。

 

 モグリンさんが考えた流用ゲームの『どきどきドミー』は、あっという間に完成しました。だって、前に作ったゲームのルールとグラフィックを変えただけなんですから。でも『見ため』が違うとぜんぜん別のゲームに見えてしまうから不思議なもんです。

 

 「さあ、ロケテストだ。いくらいくかな?」

 

 完成したゲームを見ながらファルコン社長が言いました。

 

 「ロケテストって、なんですか?」

 

 ぼくは社長にききました。

 

 「ああ、そうか。ブブくんは初めてだったね。ロケテストというのはね、このゲームをゲームセンターにおいて、何人のお客さんが遊んでくれたかを調べるテストのことだよ」

 

 ゼロワンさんが続けて言いました。

 

 「インカムがいいと、ロケテストは成功となりますワン!」
 「えっ? イン…カム?」

 

 インカムの意味がわからないぼくに、横にいたミーちゃんが教えてくれました。

 

 「収入のことよ。お客さんがゲームを遊ぶために払ってくれたお金のこと」
 「なるほど~。で、どれくらいのインカムがあればテストは成功なんですか?」

 

 こんどは社長が答えてくれました。

 

 「そうだなぁ……。 1日で5000円以上だったらOKかな? もし、10000円以上だったら大成功だよ。そうなったら、たくさんのゲームセンターがそのゲームを買ってくれるから大もうけできるんだ」

 

「大もうけ! よいひびきですねぇ。『どきどきドミー』もインカムがよいといいですね!」

 

 ぼくはちょっとワクワクしてきました。

 

 

 そして、次の日――

 

 ぼくはモグリンさんといっしょに、ロケテストが行われている街のはずれの小さなゲームセンターへ行きました。

 

 その店は、ほかにもたくさんのロケテストがおこなわれているようで、『新作登場!』と書かれたポップという小さな紙の看板が、あちらこちらのゲームテーブルの上に置かれていました。もちろん、ぼくらのロケテスト用のゲーム『どきどきドミー』のゲームテーブルの上にも。

 

 ぼくとモグリンさんは客のふりをしてテストのようすを観察することにしました。ああ、なんかドキドキしてきました。

 

 30分たちました――

 

 まだ、だれもぼくらのゲームを遊んでくれません。

 

 1時間たちました――

 

 店に入ってきた1匹のカバのお客さんが、『どきどきドミー』の前で立ち止まり、じっくりと見たあと、イスにすわって100円玉を入れて遊び始めました。

 

 (やったあ!)と、ぼくは心の中でよろこびました。しかし、カバさんはすぐにゲームオーバーになったようです。するとカバさんはヌッと立ち上がって「クソゲー…」とボソリとつぶやくと、怒ったように別のゲームテーブルへ移動してしまいました。

 

 ぼくは、モグリンさんの方を横目で見ました。モグリンさんはとてもキズついた顔をしてうつむいていました。

 

 しばらくすると、4匹の猿の学生さんたちがキーキーとさわぎながら店の中に入ってきました。そして1匹の猿の学生さんが『どきどきドミー』を見つけると、「なんだこりゃ?」と言いながらゲームテーブルにつき遊び始めました。

 

 (こんどは、どうかな?)

 

 そう思いながら、ぼくは横目でチラチラと学生さんたちの方を観察しました。

 

 どうやら、その学生さんも前のカバさんと同じように、すぐにゲームオーバーになったみたいで、テーブルをバンとたたいて「ムキーッ! つまんねえ!」とわめきました。横で見ていたなかまの学生たちも「絵もヘタだしなぁ~」「クソゲー」とののしりました。そして、さんざんぼくらのゲームの悪口を言って外へ出てゆきました。

 

 ぼくは自分がかいた絵をけなされてショックをうけました。でも、モグリンさんは、ぼくよりもショックをうけたらしく、落ち込んで深~くうなだれていました。

 

 それから3時間後――

 

 ぼくとモグリンさんは、ずっとロケテストの様子を観察していましたが、結局、お客さんは5匹もついてくれませんでした……。

 

 「会社にもどりましょうか?」

 

 ぼくがモグリンさんにそう言うと、モグリンさんは「先にもどっていいよ……」と、とても暗い顔をしながら言いました。

 

 「じゃあ、お先に……」

 

 ぼくは、そう言って店を出て会社へと向かいました。でも、ちょっとモグリンさんのことが気になったので、再びゲームセンターへもどって店の中をのぞいてみました。

 

 モグリンさんはテーブルの上にたくさんの100円玉を積み上げてゲームをやってました。でも、そのゲームはロケテストをしていた『どきどきドミー』でした。

 

 (あ、モグリンさん、それってインチキだよ……。でも、ないしょにしとくね……)

 

 ぼくはさびしい気持ちになって店からはなれました。

 

 結局、3日間やったロケテストは、さんざんな結果に終わりました。

 

 たしかに流用で作ったゲームだったけど、モグリンさんは少しでもおもしろくなるようにと、いろんなアイデアを出してがんばってました。でも、そんな努力もインカムが悪いとなんの意味もないようです。現実はきびしいです。

 

 (企画屋ってタイヘンだなぁ……)

 

 ぼくは、体調が悪くなったと言って会社を休んでしまったモグリンさんの机を見ながら、ゲーム作りのきびしさを実感しました。


第11話 社長のお願い

 

 「ブブくん。きみに話したいことがあるから、今夜食事につきあってくれないか?」

 

 仕事を終えて帰ろうとするぼくに、ファルコン社長が言いました。

 

 「え? あ、はい。わかりました」

 

 (話ってなんだろ? なんか仕事でヘマでもやらかしたっけ?)

 

 その夜――

 

 ぼくは都会の森で一番にぎやかな『かぶく町通り』にあるお寿司屋さんへ連れてってもらえることになりました。

 

 (やったあ! お寿司なんて何年ぶりだろう? ぼくの大好きな『生イチゴの軍艦巻き』が食べられるぞ。ブブー!)

 

 ぼくは社長の話のことよりも、お寿司のことで頭の中がいっぱいでした。

 

 夜の『かぶく町通り』はたくさんの動物たちで混雑し、とてもにぎやかでした。ただ、通りのあちらこちらに立っている黒いスーツを着た目つきの悪い狼さん達が、ちょっと怖かったです。

 

 「ブブくん。お寿司屋へ行く前に、ちょっと寄りたい店があるから付き合ってくれ」

 

 「もちろんです!」とぼくが答えると、社長は通りからちょっとはずれた場所にあるゲームセンターみたいな店に入りました。

 

 店の中にはゲームテーブルがずらりとならんでいましたが、なぜかそのすべてが『ポーカーゲーム』でした。

 

 「さてさて、どんな感じかな?」

 

 社長はそう言うと、受け付けカウンターに立っている狼のお兄さんからポーカーゲーム専用のコインを買い、ゲームテーブルについてゲームを始めました。そのゲーム機はゲームに勝つと中からコインがジャラジャラと出てくるタイプのものでした。ぼくは社長の向かいのイスにすわりゲームのようすを見守りました。

 

 ぼくは驚きました!

 

 社長は、まるでコンピュータ側のもち札をすべて知ってるかのように勝ち続け、あっという間にテーブルの上は勝ち取ったコインでいっぱいになりました。

 

 「う~む……。ちょっとヤバイかな……」

 

 社長はそうつぶやくと、勝ち取ったコインを持ってカウンターまで行き、それをさっきの狼のお兄さんにわたしました。するとお兄さんはそのコインと引き換えに社長に何かをわたそうとしましたが、なぜか社長はそれを拒んで受け取りませんでした。

 

 (なにしてんだろ?)

 

 けげんな顔をするぼくに社長は「いやぁ、今夜はついてたな!」と笑いながらぼくの肩をポンポンとたたきました。

 

 ぼくは、もしかしたら社長は本物のお金をかけるギャンブルゲームをやってたんじゃないかと思いました。でも、お金を受け取ったようすもなかったので、とりあえずこれは見なかったことにしようと思いました。そして、ぼくと社長は店を出てお寿司屋へと向かいました。

 

 (すごい! 回ってない!)

 

 ぼくは、そのお寿司屋が『回るお寿司屋』じゃなかったことにとても感動しました。お店のカウンターの席についた社長が、おてふきで手をふきながら言いました。

 

 「ブブくん。えんりょせずに、なんでも好きなものを食べていいぞ」

 

 (なんでも好きなもの?)

 

 ぼくは、その言葉が神さまの御言葉(みことば)に聞こえました。

 

 「す、すみません。生イチゴの軍艦巻き、おねがいします」

 

 ぼくは勇気をだして店の板前さんに注文しました。(ぼくは昔からお寿司屋の板前さんに注文するのが苦手なのです)

 

 「へいっ! イチゴ軍艦おまち!」

 

 板前さんがお寿司をぼくの目に前に出すと、ぼくは、すかさずそれを口にほおばりました。

 

 (おいひぃ~……)

 

 いったい何年ぶりでしょう。ひさしぶりに食べた『生イチゴの軍艦巻き』のおいしさに、ぼくの大きなホッペは今にも落っこちそうになりました。

 

 (ああ~…… し・あ・わ・せ!)

 

 その後も続けて『生イチゴの軍艦巻き』ばかり注文したので、社長や店の板前さんに笑われてしまいました。

 

 「ブブくんに、たのみたいことがあるんだが」

 

 ビールで顔をほんのり赤くした社長がぼくに話しかけました。

 

 「なんでしょう?」
 「ゲームの企画をやってくれないか? 以前から思ってたんだが、君のアイデアはなかなかおもしろいと思うんだ」
 「えっ、企画ですか? でも企画ならモグリンさんがいるじゃないですか」

 

 社長はビールをゴクリと飲んで言いました。

 

 「モグリンくんといっしょにやってほしいんだ。もちろんモグリンくんの企画が悪いと言っているわけじゃないんだよ。でも、ちょっと……」

 「ちょっと……なんですか?」

 「はっきり言うと、モグリンくんは『おたく』で、ちょっと自分の趣味にはしりすぎなんだ。私としては、もっとお客さんたちがやりたがってるゲームを企画してほしいんだが。でも、ブブくんは『おたく』じゃないアイデアマンだから、もしかしたら、ふたりが協力し合えば売れる企画が期待できるかなと思ってね」

 

 「なるほどぉ……。でも、ぼくが企画の仕事をしたら絵は誰がかくんです?」
 「たいへんかもしれないけど、絵もやってほしい」

 

 (え~っ!? ずいぶん働かせるなぁ)と、ぼくは思いました。でも、すぐにミーちゃんが言ってた『会社が困っているから助けてあげるの』という言葉を思い出し、ちょっと大人になって不満を言うのはやめ、ここは、こころよく引き受けておこうと思いました。

 

 「わかりました。ぼくでよければ、がんばります」
 「そうか! そいつはありがたい。さあ、お寿司をじゃんじゃん食べてくれ!」

 

 社長はとてもごきげんになり、ぼくが『もう食べられないよ~』と夢でうなされそうになるくらい、たくさんのお寿司をごちそうしてくれました。

 

 「じゃあ、明日からよろしくたのむ。会社を救ってくれ!」」

 

 お寿司屋から出た社長は別れぎわにそう言って、夜の『かぶく町通り』の雑踏の中へ消えてゆきました。

 

 「がんばりま~す! ブブーッ!」

 

 そう言って1匹になったぼくは、ふと、社長が別れぎわに言った「会社を救ってくれ」という言葉が、みょうに頭にひっかかりました。

 

 (『会社を救ってくれ』って、ずいぶん大げさだなぁ……)

 

 お寿司につられて企画の仕事を引き受けたぼくでしたが、その仕事がとんでもなく大変なものになるとは、その時のぼくには想像することができませんでした。



読者登録

平野文鳥さんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について