閉じる


外為オプションとは?

外為オプションとは、バイナリーオプションの一つです。

外為オプションを簡単に説明すると、

ある通貨の10分後の為替相場が、今より高くなるか、安くなるかを予想し、
投資するものです。

例えば「円」の場合は、円高か、円安かを予想することになります。
2択なので、シンプルです。

しかも結果は、たった10分で出ます。
予想が当たれば、投資金額の2倍になります。

逆に外れると、ゼロになります。
リスクは、投資した金額に限定されます。

外為オプションでは、1回に100円から投資でき、最大で5万円までです。

↓詳しくは、以下の記事をご覧ください。
外為オプションが凄く面白いです。

この記事を読むと、外為オプションのいろんなメリットがわかります。

今なら、無料で3,000円分のポイントがもらえます。

そのポイントを使って、実際に投資が始められます。

私も、もらった3,000円分のポイントから、外為オプションをスタートしました。

その全取引を、体験記として、ブログにまとめています。

↓これまでの全取引を書いていますので、よかったらご覧ください。
外為オプション実践体験記

0円から投資が始められたので、リスクはゼロです。

今のところ、良い成績が出ています。



7連勝を含むその内訳

私が外為オプション投資を始めてから、30回目までの結果です。

自己資金は、0円からスタートしました。
外為オプションの口座開設時にもらった、3,000円分相当のポイントがあるからです。

この3,000ポイントは、実際に投資して、ヒット(予想が当たる)して
はじめて現金にかわります。

使わないと無くなるので、もったいないです。

【通算】
22勝8敗 +1,400円
資金4,400円

【内訳】
7連勝 1回
6連勝 1回
5連勝 1回
4連勝 0回
3連勝 0回
2連勝 1回
単勝 2回

単負 3回
2連敗 1回
3連敗 1回

外為オプションが1回当たる確率は、45%~47%くらいです。
相場が動かない時は、「レンジ外」と言って、負けに含まれます。

したがって5、6、7連勝は、結構凄い確率です。

実はこの6連勝は、あとで2度目の7連勝になります。

また、30回目までの全体の勝率は、約73.3%です。
22÷30×100=約73.3%

確率1/2で、期待値が2.0倍の勝負では、
勝率が60%超えると破産はないと言われているので、良い数字だと思います。

30回目までの結果としては、0円で4,400円稼げました。

利回りにすると、
0円からなら無限大です。
3000円から考えると、146.7%となります。

今は2サイクル目に突入しています。

*30回を1サイクルとして

これまでの経過は、以下のブログにまとめています。
外為オプション実践体験記

よかったらご覧ください。



資金を分けることが大事

投資する資金は、分けて投資することが大事です。

外為オプション投資では、10回以上に分けることをおすすめします。

私の場合は、30回分に分けています。

例えば、資金が3,000円なら、
1回の投資金額は、100円になります。

すると最低でも、30回は外為オプション取引に参加できます。

全敗することは、全勝するのと同じくらい難しいので、
何回かは当たるはずです。

まずは少ない金額で、
当たる経験、外れる経験をして、
ちょっとしたことでは動じない精神力を養います。

30回なら、15勝がとりあえずの目標になります。
15勝以上なら、まずまずの成績です。

資金が増えてきたら、投資金額を増やします。
その場合も、1/10から1/30にしておきます。


連敗しないことが勝つ秘訣

投資というと、みなさん勝とう、勝とうとします。

当然ですよね。

しかし勝とうと気負うと、冷静な判断ができなくなります。

確率は1/2以下なので、負けはしょうがないです。
必ず負けはあります。

大事なのは、発想を変えて、連敗しないことです。

連敗しないということは、自然に勝ちが間に入ります。
連敗しないことは、勝つことと同じなのです。

また連敗しなければ、勝率は必ず50%を超えます。

そして連勝も出てきます。

私もそうやって、5連勝、6連勝、7連勝を達成しています。



時には相場に参加しない判断も大事

外為オプションでは、頻繁に投資の受付をしています。

1つの通貨ペアだけでも、1日に230回以上の投資チャンスがあります。

しかし時には、あえて相場に参加しないという判断も大事です。

・相場が動かないことがあるから
・急激に変動することがあるから

相場が動かない場合は、レンジ外といって、負けに含まれます。

外為オプションは、高くなるか、安くなるか予想するものですから、
相場が動かないのはリスクになります。

これが当たる確立を1/2にする理由です。

また、為替相場が急激に変化することがあります。
例えば、経済指標の発表後などです。

予想を上回る数値が出たり、逆に下回った場合には、
為替相場が急変し、予想と逆に動くことがあります。

しかしこの急激な変化は、チャンスとも表裏一体です。

避けるのを選ぶ人もいるし、積極的に投資する人もいます。




読者登録

pfmagさんの更新情報・新作情報をメールで受取りますか?(読者登録について